3年間寝ないで働くよりも効果的な「経営計画書」

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日

     

    妻と娘は

     

     

    家族と温泉へ・・・

     

     

    私は・・・

     

     

    さて

     

    連休3日目

     

     

    1日目と2日目は

     

    絵に描いたような

     

    グータラな2日間・・・

     

     

    有難いことに

     

    開業してから

     

     

    夜も寝ないで働く

     

    休みの日もずっと仕事・・・

     

     

    という展開には

    陥らずに済んでいる

     

     

    最初は

     

    軌道に乗るまでは

    必死に働く

     

    開業から3年は

    寝ないで働く

     

     

    といった言葉に惑わされ

     

     

    これから

     

    大変になるぞ

     

    という想いも強かったことも確かだが

     

     

    私の

    開業時の選択として

     

    一番正しかったのが

     

    3年間寝ないで働くより

     

    最初の3ヵ月

     

    寝ないで経営計画書をつくり

     

     

    原理原則に則った

    正しい経営をやり続けた

     

    ということ

     

     

    もし

     

    また

     

    同じ独立という道を歩むとしても

     

     

    必ず経営計画書をつくり

     

    原理原則に沿って経営をする

     

     

    今となっては

     

    経営計画書のない経営は考えられない

     

     

    経営計画書なくして

     

    よく経営をやっているな

     

    と感じることもしばしばある

     

     

    もちろん

     

    経営計画書をつくるだけでは

     

    経営が良くなることはないのだが

     

     

    スタート地点に立つための

     

    経営計画書

     

     

    この連休中に

     

    今一度

     

    見直す!

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

     

    一日一感謝

    ・家族

     ゆったりとした時間

     ありがとうございます。


    ストラクチャーな状態に戻すために必要な「経営計画書」

    0

      お元気さまです。

       

       

      昨日も

       

      真夏日

       

      そんな暑さの中

       

      鈴木家は

      花巻市民の憩いの場

       

      マルカンビル大食堂へ・・・

       

      日曜日&夏休み

       

      ということもあり

      混んでいる!!

       

       

       

      さて

       

      先週土曜日に

       

      釜石で行われた

       

      ラグビー

      パシフィック・ネーションズカップ

       

      日本 vs フィジー

       

       

      この暑さと

      娘連れということもあり

       

      見にいくことはできなかったが

       

       

      いい試合だったようで・・・

       

       

      私は

       

      娘とお出かけ中だったため

       

      車のテレビで

      音だけで観戦していたが

       

       

      試合終了後のインタビューで

       

      田村選手が

      こんなようなことを話していた

      (車の中で聞いていたのでうろ覚え)

       

       

      フィジーは

       

      アンストラクチャーが

      得意なチームなので

       

      そういった状況のときに

       

      日本が得意な

      ストラクチャーな状態に

      いかに引き戻せるか

       

      がポイントで

      それがうまくできた

       

       

      ラグビーでは

       

       

      陣形が整った状態を

       

      ストラクチャー

       

       

      逆に

       

      陣形が整っていない

      混とんとした状態を

       

      アンストラクチャー

       

       

      という

       

       

      ニュージーランドや

      オーストラリア

       

      今回対戦した

       

      フィジーなど

       

      選手それぞれに

      状況に応じた優れた判断力と

      スピードがあるチームは

       

      アンストラクチャーをチャンスにしやすい

       

       

      と言われている

       

       

      実は・・・

       

      このストラクチャー

       

      元々は(今も??)

       

      ビジネスで使われる用語だ

       

       

      ストラクチャーを整える

       

      つまり

       

      型を整える


       

      多くの中小企業を見ていて感じる

       

      型が整っていない状態

       

       

      変化の激しい時代にあって

       

      経営資源が限られている

      中小企業にあって

       

      アンストラクチャーな状態で

      闘い続けることは不可能に近い

       

       

      だからこそ

       

      アンストラクチャーな状態を

       

      いかに早く

       

      ストラクチャーな状態に

      戻すことができるかは

       

      大きなカギである

       

       

      私自身

       

      経営者であるので

       

      アンストラクチャーな状態は

      多々経験しているわけで

       

       

      その時に役立つのが

       

      ストラクチャーな状態

       

      つまり

       

      型がある状態に戻すための

       

      経営計画書

       

       

      アンストラクチャーな状態が生じたとき

       

      もちろん

       

      ラグビーのように

       

      アンストラクチャーな状態を

       

      チャンスに結びつけるのも大事だが

       

       

      私は必ず

       

      経営計画書に

       

      立ち戻る

       

       

      中小企業に限らず

       

      会社には「型」が必要である

       

       

      会社に

       

      道しるべとなる「経営計画書」は

      あるだろうか

       

      「経営計画書」

       

      を活用しているだろうか

       

       

      変化の激しい時代に

       

      いい会社か悪い会社を見分けるもの

       

       

      生きている

       

      つまり

       

      活用されている

       

      正しい

      経営計画書があるかどうか

       

       

      ちなみに

       

      当社では

       

      こんな取り組みもしております

       

      経営計画書作成合宿

      https://www.running-partners.com/plan15h/

       

      現在日程調整中で

      次回は10月、11月あたりに開催予定・・・

       

       

       

      社長の最も重要な仕事は

      経営計画書を創り

      使い続けること

       

       

      経営計画書について

      詳しく知りたい経営者様

      こちらよりお問い合わせください。

       

       

      「人生、今日が初日」

       

       

      本日も

      佳き一日をお過ごしくださいませ。

       

      鈴木陽介 拝

       

       

      人間成長を目指す経営者やリーダーとの

      切磋琢磨の場

      志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

      志陽塾サイト

       

       

      社員を大切にしたい経営者様

      こちらよりお問い合わせください。

       

       

      昨日の

       

      一日一感謝

      ・家族

       楽しい休日

       ありがとうございます。


      競争相手に関する方針〜悪口は自分を崩す〜

      0

        お元気さまです。

         

         

        プリキュアになりきり

         

        悪(私)と

         

        真正面から闘う娘

         

         

         

        しかし・・・

         

        悪(私)は強い(笑)

         

        見事なやられっぷり・・・

         

         

         

         

         

         

         

        ちなみに

         

        このあと

        「プリキュアがんばれ〜」

         

        と応援すると復活する(笑)

         

         

        さて

         

         

        「悪」つながりで・・・

         

         

        先日

         

        お客様との会話の中で

         

         

        ライバルの悪口

         

         

        という話題が出たので・・・

         

         

        当社の経営計画書

         

        競争相手に関する方針の中で

         

         

        競争相手の悪口は決して言わない

         

         

        という記載がある

         

         

        私自身

         

        運よく

         

        開業前に

        この考え方を知ることができたので

         

        意識の範囲内では

         

        誰かの悪口を言わないように

        気をつけている

         

         

        それでも

         

        あとで振り返ってみると

         

        あの言葉

        言わなかった方が良かったな・・・

         

        と反省することも

        しばしば・・・

         

         

        振り返ってみると

         

         

        私自身

         

        スポーツの世界にいたこともあり

         

        完全なる

        競争社会にいたわけで・・・

         

         

        想像を絶する

        ドロドロとした世界

         

         

        陰口や悪口は

        私が知る限りでも相当あった

         

         

        経験上

         

        陰で悪口を言うと必ず伝わり

         

         

        それも

         

        伝聞で増殖を繰り返し

         

        大きくなる

         

         

        そうなると

         

        悪気がなく言った言葉でも

         

        伝わり方次第で

         

        悪口や批判のように伝わったり

         

         

        その結果

         

        人間不信になり

        チームもバラバラ・・・

         

         

        ということもよくあった

         

         

        ここだけの話

         

        陰で

        フロントなどの悪口を言った選手は

         

        どんなにプレーが優れていても

         

        ほぼ全員

        一年でクビになった

         

         

        あるとき

         

        人間的に尊敬する

         

        先輩のSさんが

         

         

        そういうこと

        陰で言うのはやめましょう

         

        言うなら本人に直接話しましょう

         

         

        と代表者に向かって

        諭すように語った言葉が印象的で

         

        それ以来

         

        私の中にずっと残っている

         

         

        「悪口は相手以上に

         

         自分の品格を落とす」

         

         

        スポーツの世界でも

         

        優秀な指導者は

         

        一生懸命プレーしている

        相手をおとしめるような

        ヤジや応援は

         

        絶対にさせないという

         

         

        自分がやっていないことをやっている

         

        自分ができないことができている

         

        それだけでも

         

        尊敬に値する

         

         

        それに敬意を表し

         

        尊敬できる相手に出会えたことに感謝し

         

        全力のプレーで応えることが

         

        本来の姿である

         

         

         

        脳科学的にも

         

        脳は主語を持たないため

         

        人の悪口を言うと

         

        自分が悪口を言われたときと

        同じ状態になってしまう

         

         

        「ヤジは自分を崩す」

         

        ならぬ

         

        「悪口は自分を崩す」

         

         

         

        誰しもが

         

        自分よりも優れた部分を

        必ず持っている

         

         

        会社も然り

         

        競争相手は

         

        自社よりも優れた部分を

        必ず持っている

         

         

        それを見つけられないのは

         

        自分がまだまだ未熟な証拠である

         

         

         

        悪口が心に浮かんだ瞬間

         

         

        違和感を感じられるか

         

         

        日々

        心の修行は続く・・・

         

         

        「人生、今日が初日」

         

         

        本日も

        佳き一日をお過ごしくださいませ。

         

         

        鈴木陽介 拝

         

         

        人間成長を目指す経営者やリーダーとの

        切磋琢磨の場

        志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

        志陽塾サイト

         

         

        社長の最も重要な仕事は

        経営計画書を創り

        使い続けること

         

         

        社員を大切にしたい経営者様

        こちらよりお問い合わせください。

         

         

        昨日の
         

        一日一感謝

        ・妻

         いつも家族のことを気にかけていただき

         ありがとうございます。

        ・田村様&田村様

         おひつ休みの貴重なお時間

         預けていただき

         ありがとうございます。

        ・瀬川様&瀬川様

         当社にお越しいただき

         貴重なお時間をお預けいただき

         ありがとうございます。

         いつもコーヒーの差入れをいただき

         ありがとうございます。

        ・伊従様

         当社にお越しいただき

         夕方の貴重なお時間をお預けいただき

         ありがとうございます。

         大切な友人をご紹介いただき

         ありがとうございます。


        有構無構、経営の「型」と「構え」

        0

          お元気さまです。

           

           

          娘ファッションショー

          2019

           

          リボンの試着

           

           

          ここ最近

           

          新しいものはどんどん受け入れ

           

          型にはまらない娘・・・

           

           

          さて

           

           

          昨日

           

          娘のDVDを

          借りるついでに

           

          大人借りして

          読んでいた漫画

           

           

          その漫画の中で

           

          登場人物の高校球児が

           

          帽子の裏に書いていた言葉

           

           

          「有構無構」

           

           

          これは

           

          宮本武蔵の

           

          五輪の書に出てくる言葉で

           

           

           

          有構無構といふは

           

          太刀をかまゆるといふ事

           

          あるべき事にあらず

           

          ・・・

           

          の一部

           

           

          構えが有って

           

          構えが無い

           

           

          もちろん

           

           

          スポーツにおいて

           

           

          「型」にこだわる

           

           

          ということは必要かもしれないが

           

           

          「型」の意味をはき違えて

           

           

          「型」にこだわり”すぎる”

           

           

          ということは

          マイナスの結果を招くことも少なくない

           

           

          「型」

           

           

          というものは

           

          どちらかといえば

           

          基本・基礎・原理原則

           

           

          「型」があったうえで

           

           

          「構え」

           

           

          を意識する必要がある

           

           

          あの

           

          イチロー選手(引退しましたが・・・)がいい例で

           

           

          日々のルーティンなどの

           

          「型」は変えずに

           

           

          バッティングフォーム

           

          つまり

           

          「構え」は

           

          毎年のように変化し続けた

           

           

          それこそ

           

          登録名を

           

          鈴木一郎から

           

          イチローへ変えたというのも

           

          大きな「構え」の変化かもしれないが・・・

           

           

           

          経営において言えば

           

           

          経営環境がこれだけ変化している中で

           

           

          「型」

           

           

          つまり

           

          原理原則の土台は変えずに

           

           

          それ以外の

           

          「構え」は

           

          日々変えていく

           

           

          「構え」を「型」と勘違いして

           

           

          それにこだわりすぎて

           

          プライドを捨てきれない

           

          変化に対応しきれない

           

           

          ということは

           

          往々にしてあるもの

           

          (自分への戒めも込めて)

           

           

          こだわっているものは

           

           

          大事にしなければならない

           

          「型」

           

          なのか

           

           

          変え続けなければいけない

           

          「構え」

           

          なのか

           

           

           

          漫画に話を戻すと

           

          その高校球児は

           

          「大事なのは勝つこと」

           

          と心の中で唱え

           

          自分の構え(打撃フォーム)を捨て

           

          ボールに喰らいつきヒットを打った

           

           

          「構え」は

           

          一番大事にすべき「目的」ではない

           

           

          漫画に出てくる

           

          高校球児(脇役)から

           

          また一つ

           

          学びをいただいた

           

           

           

          「人生、今日が初日」

           

           

          本日も

          佳き一日をお過ごしくださいませ。

           

           

          鈴木陽介 拝

           

           

          人間成長を目指す経営者やリーダーとの

          切磋琢磨の場

          志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

          志陽塾サイト

           

           

          社長の最も重要な仕事は

          経営計画書を創り

          使い続けること

           

           

          社員を大切にしたい経営者様

          こちらよりお問い合わせください。

           

           

          昨日の
           

          一日一感謝

          ・家族

           休みの楽しいひと時

           ありがとうございます。

          ・妻の実家

           広島のお土産

           ありがとうございます。


          計画と実績のチェックがなければ、努力の方向がバラバラになる

          0

            お元気さまです。

             

             

            朝から

             

            自主的に

            ひらがなのお勉強

             

             

            やりはじめると止まらない・・・

             

             

            鈴木家の朝は

             

             

            基本的に妻が

            会社へ行く途中に

            娘を子ども園へ送るので

             

            始業の8時半からの逆算

             

             

            家を出発するのは

            8時だ

             

             

            そうすると

             

            遅くとも

            7時半には食事を終わらせ

             

            片付け

            着替え

            歯磨き

            ゴミ捨て

            ・・・

             

            などをする必要がある

             

             

            7時半に食事を

            終わらせるために

             

            私は7時には

            家族のもとへいく

             

            そのために

             

            5時半には

            ブログをスタートしないと

            間に合わない場合もある

             

             

            このように

             

            8時出発

             

            という目標が定まっていると

             

            そこからの行動は全て逆算になる

             

             

            さて

             

             

            この

             

            毎日直面する

            分かりきった考え方

             

             

            経営においては

             

            驚くほどおこわれていない

             

             

            目標を決めずに

            行き当たりばったりで経営をして

             

             

            結果を見るのは

            決算のとき

             

             

            という会社さえある

             

             

            「鈴木さん

             

             今期の売上はこのぐらいで

             

             利益の着地は今のところ

             

             このぐらいですよ」

             

            「今、6ヵ月経過で

             

             目標をこのぐらい下回っている

             

             今月からはさらにやる気を入れ

             

             何としても目標を達成しますよ」

             

             

             

            月次利益計画を作り

             

            実績との差を

            しっかりと理解している経営者とは

             

            毎月

             

            このような会話が成立する

             

             

            問題とは

             

             

            あるべき姿

             

            マイナス

             

            現状

             

             

            である

             

             

            つまり

             

            手に入れなければいけない利益

             

            マイナス

             

            現状の利益

             

             

            できる限り

             

            この差を数値化し

             

            見える化することで

             

             

            問題を

             

            漠然とではなく

            定量的にとらえることができる

             

             

            もちろん

            経営者にとっては大事

             

             

            そして

             

            社員にとっても

             

             

            ただ

             

            もっと頑張れ

             

            もっと売ってこい

             

            と言われるのでは

            受け手次第で努力がバラバラになる

             

             

            新入社員

            ベテラン

             

            やる気のある社員

            やる気のない社員

             

            ・・・

             

             

            私が以前働いていた会社でも

             

            定量的な目標がなかったため

             

            社員の努力はみな

            別々の方向を向いていた

             

             

            この商品を

            あと10個売れば目標達成だ

             

            1日当たりのお客様を

            2人増やすことができれば

            目標達成だ

             

            あと5ヵ月で

            新規のお客様を3社増やそう

             

             

            計画と実績のチェックがあるから

             

            正しい努力の

            方向性を明示することができる

             

             

             

            経営者やリーダーの

            最も重要な役割は

             

            方向性を示すこと

             

             

            方向性に

             

            使命やビジョンが含まれることは

            言うまでもないが

             

             

            そこに

             

            数字を加えよう

             

             

            我が社は

            こうならなければならない

            (なり「たい」ではない)

             

            そして

             

            今どこだ

             

            差はこのぐらいだ

             

            この差を埋めるために

            こうしよう

             

             

            この経営のPDCを

            しっかりと回すことができているだろうか?

             

             

             

             

            鈴木陽介 拝

             

             

            人間成長を目指す経営者やリーダーとの

            切磋琢磨の場

            志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

            志陽塾サイト

             

             

            社長の最も重要な仕事は

            経営計画書を創り

            使い続けること

             

             

            社員を大切にしたい経営者様

            こちらよりお問い合わせください。

             

             

            昨日の
             

            一日一感謝

            ・妻

             娘と一緒に勉強

             ありがとうございます。


            | 1/16PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << August 2019 >>

            recent comment

            search this site.