遠きをはかり、日々精進

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日より
    私の中で

    2019年

    上半期最大のイベント

     

     

    新将命さん

    眦通世気鵑旅岷蕕らの

     

     

    知る人ぞ知る

     

    長野県伊那市にある

     

    伊那食品工業様への

    ビジネス合宿セミナー

     

     

    実際に

    伊那食品工業様を見学させていただき

     

    社是に掲げておられる

     

    「いい会社」

     

    を目の当たりにした

     

     

    そこからの・・・

     

    塚越寛顧問のお話

     

     

    伊那食品工業様の社是

     

     

     

    いい会社をつくりましょう

     

    ― たくましく そして やさしく ―

     

     

     

     

    ここで言う

     

    「いい会社」とは

     

    世間で言う

     

    「良い会社」

     

    とは明確に違う

     

     

    「良い会社」とは

     

    いわゆる外見、数字での評価

     

     

    逆に

     

    「いい会社」とは

     

     

    会社をとりまくすべての人たちが

     

    日常会話の中で

     

    「いい会社だね」

     

    と言ってくれる会社だ

     

     

     

    当社のミッション

     

    「日本中の中小企業を元気にする」

     

     

    今年に入り

     

    様々なご縁の中で

     

    ミッションと毎日向き合った結果

     

     

    「元気にする」

     

     

    とは何なのかについて

    深く考えている

     

     

    伊那食品工業様を

    実際に訪問して

     

    少しずつ見えてきたこと

     

     

    元気にする

     

    とは

     

    「いい会社」

     

    をつくるサポートをすることだ

     

     

    もちろん

     

    まずは我が社が

     

    「いい会社」になるために

     

     

    how to do

     

    ではなく

     

     

    「how to be」

     

    どうあるべきか

     

     

    と向き合う3日間

     

     

    昨日の

    塚越顧問の言葉で

     

    一番印象に残った言葉は

     

     

    とある経営者からの

     

    伊那食品工業のようないい会社になる

    ビジョンが見えない

     

    どうすればいいか??

     

    という質問に対しての

     

     

    徹底的に

    社員を大事にしたらいかがですか??

     

     

    という一言

     

     

    人を大切にする

     

     

    これは

     

    いい会社になりたい

     

    という目的を達成するために

     

    人を大切にする

     

    というものではない

     

     

    人を大切にすることこそが

     

     

    目的である

     

     

    利益もいい会社も

     

     

    人を大切にした結果に過ぎない

     

     

    伊那の朝に誓う

     

    遠きをはかる経営

     

     

    私自身としても

     

    遠きをはかる人生

     

     

     

    眦通世気鵑

     

     

    「夢持ち続け、日々精進」

     

    と重ねると

     

     

    「遠きをはかり、日々精進」

     

     

    日々精進するため

     

    新将命さんの

     

    「人生、今日が初日」

     

    が心に響く

     

    ・・・

     

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

     

    一日一感謝

     

    ・吉澤様

     最高の相乗り旅をアテンドしていただき

     また、長時間の運転と最高の時間

     ありがとうございます。

    ・中村様、綿引様、松岡様、下家様

     大切なご縁をいただき

     ありがとうございます。

    ・木下様

     素晴らしい場を創っていただき

     ありがとうございます。

    ・大久保様

     大切なことをわかりやすく

     私たちのためにサポートいただき

     ありがとうございます。

    ・塚越様

     貴重なお時間、貴重なお話

     一期一会の時間を共有していただき

     ありがとうございます。 

    ・竹原様、中村様、岩崎様

     ランチをご一緒いただき

     素晴らしいご縁を

     ありがとうございます。

    ・永井様

     お名刺交換をしていただき

     ありがとうございます。

    ・海野様、牧山様

     ディナーでの貴重なご縁

     濃い時間をありがとうございます。 

     

     

    娘日記

     

    LINEでビデオ電話をすると

     

    最初の30秒はしゃぐ

     

     

    すぐに関心が別に移る

     

     

    うーん・・・

     

    出張の時は

     

    ビデオ電話はせずに

    会えない寂しさを味合わせたほうがいいかな・・・笑

     

    親心と男心の葛藤(笑)


    ランチェスター戦略で市場をどこまで落とし込めるか・・・

    0

      お元気さまです。

       

       

      本日は始発新幹線より・・・

       

       

      今年は

       

      昨年以上に

      出張が多い

       

      出張といっても

       

      お客様が県外にいる!!

       

      というわけではなく

       

      そのほとんどが

      研修出張である

       

       

      今年

       

      特に意識しているのが

       

       

      ランチェスター戦略

       

       

      ランチェスター戦略とは

       

       

      よく

       

      弱者の戦略、強者の戦略

       

      という風にいわれ

      ビジネスでもよく耳にするが

       

       

      これは

       

      第一次世界大戦時に

       

      ランチェスターさんという

      イギリスの航空工学の研究者が導き出した

       

      戦闘の法則が原点になっている

       

       

      簡単にまとめると

       

       

      どんな戦力で

      どういった場面で

      何が決め手になって

      勝ち負けが決まるか

       

       

      ということ

       

       

      これが

       

      小が大に勝つための戦略として

       

      ビジネスに役立てられているケースが

      非常に多い

       

       

      いわゆる

       

      単純なことで

      (単純だがなかなかできていない)

       

       

      敵に勝る資源を集中して闘う

       

      裏を返せば

       

      資源を集中して闘える場を見つけ

       

      または

      創造し

       

      効果的に闘う

       

      ということ

       

       

      経営に置き換えると

       

      ライバルに勝る市場で

      経営資源を集中して闘う

       

       

      特定の地域

      特定の取引先

      特定の商品

      ・・・

       

      市場は

      自社がNo.1を取れるまで細分化し

       

      そして

       

      No.1を引っ提げて

      次の市場へ向かう

       

       

      市場にも原理原則がある

       

      特定の地域の中でNo.1

       

      特定のお客様の中でNo.1

       

      特定の商品でNo.1

       

       

      さらに細分化すれば

       

       

      この組み合わせのどれかで

      No.1取る

       

       

      例えば

       

      地域No.1といっても

       

      岩手県No.1

       

      ではなく

       

      花巻市No.1

       

      花巻のこの地域でNo.1

       

      ・・・

       

       

      地域は

      どこまでも落とし込むことができるし

       

       

      さらにいえば

       

      花巻のこの地域で

      この商品ではNo.1

       

      という細分化も可能だ

       

       

      ライバルよりも

      当社の経営資源の方が強くなるまで

       

      細分化し

       

      そこに経営資源を集中する

       

       

      地域集中

       

      商品集中

       

      業種集中

       

      ・・・

       

      様々な分類があるが

       

      どうバランスを取っていくか

       

       

      開業当初に

       

      心の弱さに負け

       

      少々誤った戦略

       

      今年はしっかりと

       

      方向修正をしながら

      戦略を忠実に実行していく

       

       

      目的は

       

      「勝つ」

       

      ことではなく

       

       

      私も含めた

       

      社員とその家族が

      より幸せになること

       

       

      そして

       

      当社が

       

      原理原則に則った

      正しい経営をすることにより

       

       

      その先にいるお客様

       

      取引先様

       

      地域が

       

      少しでも

      より幸せになれるように

       

       

      正しい方向へ

      正しく歩みを進める決意を胸に・・・

       

       

       

      「人生、今日が初日」

       

       

      本日も

      佳き一日をお過ごしくださいませ。

       

      鈴木陽介 拝

       

       

      人間成長を目指す経営者やリーダーとの

      切磋琢磨の場

      志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

      志陽塾サイト

       

       

      社長の最も重要な仕事は

      経営計画書を創り

      使い続けること

       

       

      社員を大切にしたい経営者様

      こちらよりお問い合わせください。

       

       

      昨日の

       

      一日一感謝

       

      ・妻

       洗濯、娘の入浴等

       ありがとうございます。

      ・菅原様

       当社へお越しいただき

       ありがとうございます。

      ・浅沼様

       当社へお越しいただき

       ありがとうございます。

       

      娘日記

       

      テレビで見た

      マジックにハマる娘

       

      私のカードマジックにもハマる

       

      面白いように

      楽しんでくれるので

       

      私もマジシャン気分に浸っています・・・(笑)


      素振りから生まれる理想のフォーム

      0

        お元気さまです。

         

         

        先日

         

         

        元プロ野球選手

         

        張本勲さんの

         

        こんなエピソードを聞いた

         

         

        ある若手選手が

        張本さんに相談に来た

         

         

        理想のバッティングフォームについて

        教えていただきたいのですが

         

         

        その若手選手に対し

         

        張本さんは

        こう答えた

         

         

        君がもしそれを知りたいなら

        一晩中素振りをしなさい

         

        一晩中素振りをし続けて

        疲れ果てた時に出てくるフォーム

         

        それが君にとって

        一番無理のない理想のフォームだよ

         

         

         

        私自身

         

        サッカー・フットサル選手時代に

         

        多くの

        クレイジーな練習をしたが(笑)

         

         

        例えば

         

        サッカーを始めた当時は

        Jリーグ開幕当初だったので

         

        テレビで見た

         

        カズ

         

        こと

        三浦知良選手の代名詞

         

        シザーズと呼ばれる

        ボールをまたぐフェイントを

         

        練習したことがある

         

         

        初心者の私が

         

        なかなか

        うまくいかないフェイント

         

        疲れ果て

         

        あと一回やって

        できなかったら今日はやめよう

         

         

        と思った

         

        最後の一回にうまくできる

         

         

        または

         

        シュート練習をしていて

         

        なかなか理想のゴールが決まらない

         

        何百本もシュートを打った後に

         

        遊びのつもりで打ったシュートが

        理想の弾道を描く

         

        ・・・

         

        そんなことは

        体験としてよくあること

         

         

         

        経営計画書に記している

         

        原理原則

         

        例えば

         

        会社としての方針

         

         

        掃除

         

        あいさつ

         

         

        これは

         

        テクニックとしての

        掃除を身につける

         

        マニュアル通りの

        あいさつを身につける

         

        といった単純なものではない

         

         

        基準として縛るものではなく

         

         

        理想のフォームを見つけるための

         

        素振りであり

        訓練である

         

         

        この素振りを

         

        愚直に

         

        もういいでしょ

         

        と感じるまで

        やり続けた結果として

         

         

        理想のフォームを

        手に入れることができる

         

         

        近々

         

        ビジネス合宿セミナーとして

         

        長野県にある

         

        伊那食品工業を

        一泊二日で訪問させていただくが

         

         

        なんと

        ここにきて

         

        特別メニューとして

        二日目の朝に

         

        掃除

        ラジオ体操

        朝礼

         

        の見学をさせていただけるという

         

         

        聞いた話によると

         

        ラジオ体操は

         

        NHKのラジオ体操の講師を

        定期的に招いて

        学び続けているとのこと

         

        素振りを

        徹底的にやり続けているからこそ

         

         

        いい社風になり

         

        いい会社になる

         

         

        素振りは

         

        正しいフォームをつかむため

         

         

        そして

         

        同時に

         

        こころの姿勢を鍛える

         

        重要なもの

         

         

        素振りこそ真剣に本気で!

         

         

        昨日

         

        朝の掃除をしながら

        ふと得た気づき・・・

         

         

         

        「人生、今日が初日」

         

         

        本日も

        佳き一日をお過ごしくださいませ。

         

        鈴木陽介 拝

         

         

        人間成長を目指す経営者やリーダーとの

        切磋琢磨の場

        志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

        志陽塾サイト

         

         

        社長の最も重要な仕事は

        経営計画書を創り

        使い続けること

         

         

        社員を大切にしたい経営者様

        こちらよりお問い合わせください。

         

         

        昨日の

         

        一日一感謝

         

        ・妻

         娘のお迎え

         ありがとうございます。

        ・妻の実家

         娘を預かっていただき

         ありがとうございます。

        ・瀬川様

         当社へお越しいただき

         ありがとうございます。

        ・似内様

         貴重なお時間を頂戴いし

         ありがとうございます。

         

        娘日記

         

        寒いから・・・

         

        という理由で

        長袖の上にTシャツ

        長ズボンの上に短パンをはく娘

         

        オシャレなのやらオシャレじゃないのやら

         

        本人が

        相当気に入っている様子なので

        そのままにしよう・・・(笑)


        一緒に仕事をしたいか、一緒に働きたいか

        0

          お元気さまです。

           

           

          先日

           

          東京での講義を聴きながら

           

           

          やらないことを決める

           

           

          ということについて

          深く考えた

           

           

          当社は

          開業以来

           

           

          決して

          上から目線ではなく

           

          多くのお客様を

           

          「お断り」している

           

           

          また

           

          現在

           

          採用活動を行っているが

           

          多くの方が

           

          不採用になっている

           

           

          過去を振り返ってみると

           

           

          お問い合わせいただいた

          お客様は

           

          「とりあえず」

           

          全てお会いする

           

          そして

           

          何かしらで力になれないか

          提案する

           

           

          採用活動を行っていなくても

           

          会いたいと言われたら

          全て会い話を聞く

           

          (時にはその流れで採用も)

           

           

          ということをしていた

           

           

          やらないことを決め

           

          「絞る」のはなぜか

           

           

          戦略を考えたときの

           

          「選択と集中」

           

          という視点で考えることが多いが

           

           

          さらに上位に位置する

           

           

          「使命感であり理念」

           

           

          という視点から考えることが重要だ

           

           

           

          当社の使命感

           

           

          「日本中の中小企業を元気にする」

           

           

          当社の経営理念の中に込めている

           

           

          家族

          社員とその家族

          お客様

           

          ・・・

           

           

          「より幸せにする」

           

           

           

          日本中の中小企業が元気になる

           

          ために何ができるだろうか

           

           

          多くの人がより幸せになる

           

          ために何ができるだろうか

           

           

          こう考えたときに

           

          おのずと

           

          「やらないこと」

           

          という選択肢が出てくる

           

           

          当社にしかできないこと

           

          当社がお役に立てるお客様

           

          当社でより幸せになれる社員

           

           

          採用面接を

          行っていても(今日も)

           

           

          基準は

           

           

          うちの会社に入って

           

          この人は

           

          より幸せになれるだろうか

           

           

          ということ

           

           

          以前の私にはなかった想いだ

           

           

          先日

           

          採用について

          ご相談させていただいたメンターも

           

          採用面接時に考えることはただ一つ

           

           

          「この人と一緒に働きたいか」

           

           

          ということだという

           

           

          この一言の中に

          感じた深い重み

           

           

           

          せっかく与えていただいた

          この機会に

           

           

          今一度

           

          原点に立ち戻り

           

           

          「軸」

           

           

          を強靭なものにする

           

           

          ブレてはいけない

           

           

          「人生、今日が初日」

           

           

          本日も

          佳き一日をお過ごしくださいませ。

           

          鈴木陽介 拝

           

           

          人間成長を目指す経営者やリーダーとの

          切磋琢磨の場

          志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

          志陽塾サイト

           

           

          社長の最も重要な仕事は

          経営計画書を創り

          使い続けること

           

           

          社員を大切にしたい経営者様

          こちらよりお問い合わせください。

           

           

          昨日の一日一感謝

          ・妻

           洗濯など

           ありがとうございます。

          ・妻の実家

           娘に楽しい時間を

           ありがとうございます。


          会社の成長は、働いている社員の人間的成長の総和である

          0

            お元気さまです。

             

             

            オシャレ??をして

             

            どこかへ・・・

             

             

             

             

            帽子のサイズが合っていない〜

             

             

            もう少しで4歳

             

            順調に成長中です。

             

             

            さて

             

             

            成長

             

             

            ということを考えたときに

             

             

            戦略的な目線で見ると

             

             

            会社は

             

            もちろん

             

            商品力・サービス力で成長する

             

             

            商品力・サービス力の中でも

             

             

            私が尊敬する

             

            多くの

            素晴らしい経営者が

             

            口をそろえて

            一番に掲げているのは

             

             

            働いている社員の姿が

             

            最高の商品である

             

             

            ということ

             

             

            であるならば

             

             

            会社の成長は

             

             

            働いている社員の

            人間的な成長の総和である

             

             

            「人間的な成長」

             

             

            とは

             

            スキルもマインドも含めた

             

            バランスの良い成長

             

             

            長期的な経営を考えたときに

             

             

            売上1年、利益3年、人10年

             

             

            というが

             

            私自身

             

            開業時に

            ゼロからスタートできたのは

            本当に幸運で

             

             

            順調そうに見えて

             

            売上1年

             

            利益3年

             

            ということを身をもって

            体感している

             

             

            次は

             

            人10年

             

             

            社員の人間力で差別化できれば

             

            他社が

            すぐに真似できない

             

             

            すぐに真似できない

             

             

            という目線で考えると

             

            相対的に見て

             

            スキルよりも

            マインド(人間力)の方が

            重要である

             

            (もちろんスキルは重要)

             

             

            会社の目的は

             

            働いている人と共に成長し

             

            より幸せにすることである

             

             

            経営者が

             

            「社員」と言うと

             

             

            自分を忘れがちだが

             

             

            もちろん

             

            社員には

             

            経営者も含まれている

             

             

            経営者こそが

             

             

            社員の誰よりも

             

            自分の弱さと闘いながら

             

            謙虚に

             

            人間的成長を目指す

             

             

            「社員」

             

             

            という言葉を使うときは

             

             

            そこに自分が含まれていることを

             

            忘れずに・・・

             

             

             

            「人生、今日が初日」

             

             

            本日も

            佳き一日をお過ごしくださいませ。

             

            鈴木陽介 拝

             

             

            人間成長を目指す経営者やリーダーとの

            切磋琢磨の場

            志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

            志陽塾サイト

             

             

            社長の最も重要な仕事は

            経営計画書を創り

            使い続けること

             

             

            社員を大切にしたい経営者様

            こちらよりお問い合わせください。

             

             

            昨日の
             

            一日一感謝

            ・妻

             娘の寝かしつけなど

             ありがとうございます。

            ・保田様、阿部様

             貴重なお時間を取っていただき

             ありがとうございます。

             ランチをご一緒していただき

             ありがとうございます。

            ・佐々木様、石川様

             貴重なお時間を取っていただき

             ありがとうございます。


            | 1/34PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            recent comment

            search this site.