1,000回の憧れより、1回のチャレンジ!!

0

    お元気さまです。

     

    愛家族未来会計コンサルタント

    愛家族経営計画コンサルタント


    の鈴木陽介です(^^♪

     

     

    我が家の掃除

     

    それは

    妻が休みの

     

    毎週水曜日と日曜日

     

    私は

    娘が散らかしたおもちゃなどは

    片づけますが

    それ以外は妻が・・・

     

     

    ありがとうございます(/ω\)

    いつも感謝しています<(_ _)>

     

     

    手伝っている⁇娘

     

    会計事務所 年末年始休暇

     

    年末には

    しっかりと大掃除をします。

     

     

    さて

     

    朝から(昨日から)

    悩んでいました。

     

    悩んだ結果

     

     

    結論

     

    まずはブログでアウトプットしちゃえ

     

    そうすればやらなきゃいけない!!(笑)

     

    そんな感じです('ω')

     

     

     

    当社の

    年末年始休暇

     

     

    何の気なしに

    事務所の年間スケジュールを見てみると

     

     

    12/29(金)〜1/3(水)までの6日間

     

     

    どう決めたかは覚えていません。

     

     

    恐らく

    官公庁や一般企業の

    おおよその年末年始休暇を見て決めたのでしょう。

     

     

    ここにもありました。

     

     

    常識の壁

     

     

    お客様に

    年末年始の

    営業日を聞かれ

    答えると

     

     

    「9日からだと思っていました」

     

     

    と言われ

     

     

    そう言われてみると・・・

     

     

    賛否両論あるかもしれませんが

     

    お客様から

    そういう印象を(休みが多い)

    持っていただいている!!

     

     

    この印象は

    1年間「愛家族」と言い続けていた

    アウトプットの

    おかげだと感じます☆

     

     

    繰り返しの力って

    すごいですね(笑)

     

     

    というわけで

     

    またまた

    ここにきて

    年末年始休暇の前日に

     

    新たなチャレンジです。

     

     

    発表します。

     

     

    当社の

    年末年始休暇(冬期休暇)は

     

    12/29(金)〜1/8(月)までの

    11日間とします。

     

     

    ただし

     

    その分の仕事を

    お客様に迷惑をかけずに

    やりきるために

     

    私も社員も

     

    最大限

    知恵を絞ります。

     

     

    そこには

    プレッシャーをかけ続けます。

     

     

    休みが増えて

    その分残業になりました・・・

     

    やれる仕事の量が減りました・・・

     

    お客様に迷惑をかけました。

     

    それでは

    全く意味がありません。

     

     

     

    現時点の

    目標として

    経営計画書にも掲げている

     

     

    週休3日

    残業しても17時

     

     

    結局

    行動しないと何も変わりません。

     

     

    いつまでも行動できない

    大きな一歩より

     

    小さくても

    すぐにできる一歩から!!

     

     

    これも

    テストとして

    来年から

    少しずつ導入してみます。

     

     

    そして

     

    最大限知恵を絞る。

     

     

    ちなみに

     

    ここに満足しないために

     

    上には上がいるということで

     

    かの有名な

    未来工業蠅療澣┻找砲蓮ΑΑ

     

     

    衝撃の

     

    12/23(土)〜1/8(月)

     

     

    当社は

     

    まずは

     

     

    花巻No.1の

     

    ホワイト企業を目指します!!

     

     

     

    ここからは少しだけ

    本音です。

     

     

    休みが多い理由

     

    家族との時間を増やす

    ライフを充実させる

    ・・・

     

    色々とありますが

     

     

    必ず

    有効活用して

    どんな形であれ

    仕事上プラスにつなげて欲しい

     

     

    そのために

    まずは

    年末年始休暇の

    課題図書

     

     

    当社の経営計画書

     

     

    年始の出勤日には

    穴埋めの

    確認テストをしますので。。。(笑)

     

     

    社員の皆さん

     

    本当に

     

    実施します。

     

    評価にも影響させます(-ω-)/

     

     

     

    最後まで読んでいただき

    心より感謝いたします。


    ありがとうございます。


    ※この文章は全て私独自の『見解』です。

    あくまで参考程度でとらえ

    自分ならどうするか・・・

    と考え行動しましょう。

     

    何かしらの行動の

    きっかけになってくれたら嬉しいです。

     

     

    昨日の


    一日一愛家族

    ・一緒に寝る


    一日一新

    ・新たな出会い

    ・読書×2冊


    一日一捨

    ・大量のフセン 本の整理×2冊


    一日一感謝

    ・お客様

     新たな発想、ありがとうございます。

     

     

    岩手県花巻市から

    経営計画書・月次決算書・未来会計で

    日本中の中小企業を元気にする


    税理士事務所ランニングパートナーズ

     

    元フットサルFリーグ選手

    未来会計コンサルタント

    経営計画コンサルタント

    愛家族税理士の会会長

    スポーツ選手のセカンドキャリアを支援する

    鈴木陽介


    自分の時給まで考えていますか??

    0

      お元気さまです。

       

      愛家族未来会計コンサルタント

      愛家族経営計画コンサルタント


      の鈴木です(^^♪

       

       

      娘がまた熱を出しました。

       

       

      見た目は元気ですが

      機嫌がよくない・・・

       

      社長の時間

       

      妻が歯磨きをさせるのも一苦労

      泣き疲れて

      妻の腕の中で

      (人-ω-。)Zzz・・・

       

       

      それでも昨日は

      しっかりと

      一緒に寝ることができました。

       

       

      さて

       

      以前

      こんな記事を書かせていただきました。

       

      企業の中で一番希少な資産は

      「社長の時間」

       

       

      日帰り東京出張から

      一夜明け

      昨日のスケジュールです。

       

      8:35〜   始業 社員と経営計画書の読み合わせ

      9:00〜   秋田のお客様とビデオチャットでコンサル

      11:00〜 盛岡へ移動(高速道路)

      12:15〜 お客様とカフェしながら軽い打合せ

      13:00〜 とある経営者が集まる会へ参加

      16:50〜 途中退席し花巻へ移動

      17:40    家に到着 終業

       

       

      私の事務所の就業時間は

      規則上は

      8:30〜17:30(休憩1時間の8時間)

      うち8:35〜9:00までは

      掃除、朝礼(経営計画書の読み合わせ)

       

      基本

      17時終業

      今のところ残業ゼロ

      ということを前提に

       

      昨日参加した

       

      経営者が集まる、とある会を

      あくまで

      私の視点で書きます。

      ※ちなみに私は

       運営には一切関わっていません。

       

      参加者110〜120名程度

      うち経営者 50名程度

      金融機関等 約10名

      その他は経営者以外の社員等

       

      懇親会まで参加 約60名

       

      昨日の

      タイムスケジュール

       

      13:00〜 開会

      講演、休憩、討論等を繰り返し

      終了予定 18:40

       

      移動し懇親会

      19:00〜

      20:30(終了予定)←時間通り終了するわけがない

       

       

      昨日の内容の一部

       

      人を活かす経営

      ワークライフバランス

      人を大事にする

      人が輝く

      労使(労働者と使用者)

       

       

      経営者が

      残業をしながら

      それについて討論しあうなんて・・・

      ナンセンスです(笑)

       

       

      自分が満たされていないのに

      従業員のことを真剣に

      考えられる人が

      どれだけいるのか・・・

       

       

      聴く姿勢についても

      長丁場になればなるほど

      当然

      脳も疲れている・・・

       

      後半ぐらいからは

      ちらほら眠っている人も・・・

       

      退屈そうに聞いている人も・・・

       

      うなずきながら聴いている人なんて

      いやしない・・・(数人はいました)

       

       

      もう一度言います。

       

      あくまで

       

      私の視点です。

       

      この考えを人に

      押し付ける気もありません。

       

       

      ちなみに

      当事務所の経営計画書で定めている

      セミナー参加関連の方針の一部

       

      中期事業計画

      要員計画

       

      経営計画を計画通りに実現できるかどうかは、

      管理職(部長・リーダー)の

      育成にかかっている。

       

      管理職に勉強と挑戦の機会を与える。

      管理職は

      自己啓発のために

      自分の判断でセミナーに参加したり、

      自分でセミナーを開いてよい。

       

      費用は全額会社が負担する。

      まず何でもやってみよう。

       

       

      環境整備に関する方針

      人の話の聴き方

       

      人の話は顔をあげて

      耳だけでなく

      目、口、顔、体全体で聴く。

       

       

      教育・訓練に関する方針

      規律

       

      仕事中・会議中・セミナー中の居眠りは厳禁。

      見つけたら注意する。

      どうしても眠い場合は席を外す。

      15分以内の仮眠を許可する。

       

       

       

      私が同じような

      社員参加型の

      長丁場の勉強会を開催するとしたら

       

      9:00〜   第1部開始

      12:00〜 ランチ懇親会 

      13:30〜16:30 第2部

       

      以上

       

      これで

      就業時間中に終了でき

      社員も最後まで参加できます。

       

       

      ここで

      昨日の勉強会の学びを

      回収するためにはどれだけ

      頑張らないといけないかを

      私目線で

       

       

      参加費3,000円

      (懇親会に参加した場合+5,000円)

       

      高速代金(花巻南〜盛岡南、往復)

      970円×2=1,940円

       

      当然

      これだけではない

       

      考えるべきは

      私の人件費

       

      私が目指す

      時給50,000円をベース

      (年収1,000万円の方は10分の1で考えてください)

       

      拘束時間

      移動時間を含めると

      12時〜17時半

      5時間半

      (移動に使った昼休み分は残業計算)

       

      5万円×4時間半=225,000円

      5万円×1.25×1時間=62,500円

       

      合計

      292,440円

       

       

      ちなみに

      懇親会まで参加した場合

       

      拘束時間

      12時〜22時

      10時間

      うち残業扱い 5.5時間

      (22時まで帰れば深夜残業はなし)

       

      50,000円×4.5時間=225,000円

      50,000円×1.25×5.5時間=343,750円

       

      合計

      578,690円

       

       

      今回の

      勉強会で

      これだけの付加価値を生まなければ

      行った意味がないということ

       

      懇親会まで

      参加するのであれば

       

      プラス

       

      失った

      家族との時間

      プライスレス(笑)

       

      ↑家族との時間にも時給をつけてみると

       面白いかも・・・

       なんて思ったり

       

       

      役員報酬には残業代の概念がない

       

      これはあくまで

      税法上の損金になるかどうかの

      話ですからね!!

       

      経営者にも残業の概念を!!!

       

      社員に生産性を求めるのに

      経営者は生産性を意識しない。。。

       

      まずは

       

      常識を非常識と考える

       

      ことからスタートです。

       

       

      そもそも

       

      経営の勉強のために

      1ヵ月の中で

      たった1日、2日さえ確保できないぐらい

      忙しいのであれば

       

      是非

       

      マイケル・E・ガーバー著

       

      はじめの一歩を踏み出そう

       

      読みやすい漫画版はこちら

       

      はじめの一歩を踏み出そう

       

      を読んでください。

       

       

      ちなみに

      少し前にこの本をご紹介し

      さっそく読んでいただいた

       

      とある

      私のお客様

      お忙しい経営者様のご感想

       

      鈴木さんから紹介してもらった

      「はじめの一歩を踏み出そう」

      のコミック版を読んだのですが、

      ドンピシャで笑ってしまいました。


      スモールビジネスでは

      あるあるなんですねー
      今度、

      書籍版を購入してゆっくり読んでみます。

       

       

      この話題について

      書き始めたら

      キリがなく

      終わらなそうなので

       

      今日は中途半端ですが

      この辺で・・・

       

       

      最後まで読んでいただき

      心より感謝いたします。


      ありがとうございます。


      ※この文章は全て私独自の『見解』です。

      あくまで参考程度でとらえ

      自分ならどうするか・・・

      と考え行動しましょう。

       

      何かしらの行動の

      きっかけになってくれたら嬉しいです。

       

      昨日の


      一日一愛家族

      ・ゴミ捨て

      ・娘の寝かしつけ


      一日一新
      ・出会い×たくさん

      ・読書×1冊

      ・スタバ 盛岡駅


      一日一捨

      ・勉強会の後半


      一日一感謝

      ・妻

       娘の寝かしつけに協力いただき

       ありがとうございます。

      ・妻の実家

       体調の悪い娘を見ていただき

       ありがとうございます。


      岩手県花巻市から

      経営計画書・月次決算書・未来会計で

      日本中の中小企業を元気にする


      税理士事務所ランニングパートナーズ

       

      元フットサルFリーグ選手

      未来会計コンサルタント

      経営計画コンサルタント

      愛家族税理士の会会長

      スポーツ選手のセカンドキャリアを支援する

      鈴木陽介

       


      踏み出す一歩目は「素直な心」

      0

        お元気さまです。

         

        愛家族未来会計コンサルタント

        愛家族経営計画コンサルタント

         

        の鈴木です(^^♪

         

         

        娘の成長著しい今日この頃

         

        どこで見たのか習ったのか

         

        いつの間にか

         

        知らない言動

        知らない行動が

        増えています(^-^;

         

        バイキンマン

        ※バイキンマンはちょっと悪者だと

         理解し始めた娘(笑)

         

         

        そのたびに

        人にしてはいけないことは

         

        しっかりと注意し

        繰り返し繰り返し

        教えます。

         

        それは、痛いんだよ

        やられると悲しいな〜

         

        できる限り理由を伝え

        それでもわかってもらえないときに

        初めて

        「ダメ!、やらないで」

         

        という言葉を使うようにしています。

         

         

        ちなみに

         

        私が娘にとって

        して欲しくない行動をとると

         

        「しないで( `ー´)ノ」

        「せっかくやってたのに〜(・ε・)」

         

        と叱られます( ゚Д゚)

         

         

        さすが

        子は親を映す鏡・・・

         

         

        さて

         

        人に何かを伝えるときに

         

        自分ができているか!!

         

        ということは

        大きな意味を持ちます。

         

         

        幕末の有名な教育者

        吉田松陰さん

        の言葉に

         

         

        人を諌(いさむ)る者

        安(いずく)んぞ

        自ら戒(いさ)めざるべけんや

         

         

        というものがあります。

         

         

        人に注意をする立場の人が

        自分を正し、律しなくてもいいのか?

         

        まずは

        自分を正し

        律するべきです。

         

         

        という意味です。

         

         

        子育てをしていると

         

        結構

        この壁にぶつかります。

         

        子育てだけではなく

        社員教育をしているときも同じです。

         

        お客様と接しているときも同じ・・・

         

         

        話をしながら

        「自分はできていないけど・・・」

        と思うこともあります。

         

        当然

        一番近くで私を見ている

        妻にもよく言われます。

         

         

        口だけじゃなくて

        自分がやればいいのに・・・( 一一)

         

         

        と・・・

         

         

         

        素直な心は

         

        学ぶための第一歩

         

         

        とおっしゃっているのは

         

        京セラ(現KDDI)創業者

        JALを再生させた

         

        稲盛和夫さん

         

         

         

        人が成功するために

        一つだけ資質が必要だとすれば

         

        それは素直さです。

         

        とおっしゃるのは

         

        パナソニックを一代で築き上げた

        経営の神様

        松下幸之助さん


         

        間違いないです。

         

        素直になりましょう。

         

         

        まずは

        自分から行動し

        変わるために・・・

         

         

        聖賢(せいけん)の

        貴(たっと)ぶ所は

        議論に在(あ)らずして、

        事業に在り。

         

        多言を費すことなく

        積誠(せきせい)之れを蓄へよ。

         

         

        こちらも

        吉田松陰さんの言葉です。

         

         

        立派な人、本物の人が

        大事にするのは

        議論ばかりすることではなく

         

        行動すること。

         

        口先だけではなく

        誠の行いを積み重ねなさい。

         

         

         

        これが

         

        「伝える」

         

         

        「伝わる」

         

        の違いだと感じる今日この頃・・・

         

         

         

        最後に

         

        叱るときに有効な

        ワンポイント講座です(笑)

         

         

        「かりてきたネコの法則」

         

         

        「か」感情的にならない

         

        「り」理由を話す

         

        「て」手短に

         

        「き」キャラクターに触れない

         

        「た」他人と比較しない

         

        「ネ」根に持たない

         

        「コ」個別に叱る

         

         

        時と場合によりますが

         

        結構役立ちます(^^♪

         

        合言葉は

         

        イラっとしたら

        「かりてきたネコ」

         

        です!(^^)!

         

         

        最後まで読んでいただき
        心より感謝いたします。

         

        ありがとうございます。

         


        昨日の

         

        一日一愛家族
        ・ゴミ捨て
        ・娘を保育園へ送る

        ・妻と買い物


        一日一新
        ・毎日朝勉強(社員と)

        ・北上スタバでワーク

        ・読書×2冊


        一日一捨
        ・とあるセミナー(申込をしたが参加せず)
         


        岩手県花巻市から

        経営計画書・月次決算書・未来会計で

        日本中の中小企業を元気にする


        税理士事務所ランニングパートナーズ

         

        元フットサルFリーグ選手

        未来会計コンサルタント

        経営計画コンサルタント

        愛家族税理士の会会長

        スポーツ選手のセカンドキャリアを支援する

        鈴木陽介


        成長のコツ。記憶ではなく記録に残す。

        0

          お元気さまです。

           

          愛家族税理士の鈴木です(^^♪

           

          最近

          娘の写真をよく撮ります(#^.^#)

           

          それは

          ブログに載せるため。。。

           

          ではなく

           

          成長の記録として残すため。

           

          マルカン大食堂

           

          ※マルカンビル大食堂

           ソフトクリームパネルにて

           

           

          小さい頃に

          ここに行った

           

          何をした・・・

           

           

          いくら記憶の中にあっても

          伝わりません。

           

          ※今までの経験上

           忘れていても生きていく上では

           それほど問題にはなりませんが・・・|д゚)

           

           

          人間は忘れる生き物ですから

          憶えていないこともあるでしょう(*ノωノ)

           

          マルカン大食堂

          娘の顔よりも大きい10段ソフトクリーム

           

           

          さて

           

          元プロ野球選手

          野村克也さん

           

           

          記録に残すことの大切さについて

           

           

          現役時代に

           

          対戦した全てのピッチャーの

           

          配球やクセをメモしていた

           

           

          といいます。

           

           

          それはなぜか!?

           

           

          同じ失敗を繰り返さないため

           

           

          例えば

           

          試験勉強

           

          記憶力は当然大事ですが

          記録も大事

           

          私が

          税理士試験受験生時代に

          同じ失敗を繰り返さないために

          作成した

           

          間違いノート

           

          問題を解いて

          間違ったポイントを毎回書き記す

           

          そうすると

          いかに自分が同じ失敗を繰り返しているか

           

          嫌と言うほど見えてきます。

           

           

          そして

          自分の記憶をたどり答えを探す時間も

          不要になります。

           

          間違いノートをつけ続けた結果

          ミスが減り

          点数が上がります。

           

          これは実体験なので

          間違いないです。

           

           

          そのほかにも

           

          サッカー、フットサル選手時代

           

          プレーのミスや

          動きのミス

           

          逆に

           

          良かったプレー

          得点シーンなどを

          メモとして記録に残していました。

           

           

          私の場合

           

          ミスが減ったのはいいことですが

           

          いいイメージに繋げられなかったため

           

          ミスをしないように

          ミスをしないように

           

          という発想につながり

           

          創造性を奪ってしまった

          という反省もあります。

           

           

          また

           

          私にとっては

          このブログも記録の一つ

           

          ブログを書くことによって

          過去を振り返り

           

          時間を有効に使えていたか

          無駄はないか

           

          なども考えます。

           

           

          どんな時間の使い方をしているか

          時間を浪費していないか

          新しいことに取り組んでいるか

          古いものに支配されていないか

           

           

          多くが見えてきます。

           

           

          多くの失敗を繰り返した

          私が考える

          記録をすることの最大の意味

           

           

          それは

          未来につながること

           

          あくまで

          未来につなげるため

           

           

          これを忘れてしまうと

           

          記録は

          全く意味のないモノに

          なってしまいます。

           

           

          記録をしていく中で生まれた

          新しいアイデアを

          また、記録する

           

          そして

          それを新しい行動に繋げる

           

           

          そんな位置づけで

           

          まずはメモ程度でも

           

          少しずつ

          記録をしてみては

          いかがでしょうか。

           

           

          目に見える

          結果を出したいなら

          記録が大事!!

           

           

          最後まで読んでいただき
          心より感謝いたします。

           

          ありがとうございます。

           


          昨日の

           

          一日一愛家族
          ・娘を保育園に送る
          ・娘の寝かしつけ


          一日一新
          ・読書×1冊
          ・銀座ブールミッシュ フレンチワッフル ショコラ


          一日一捨
          ・DM×1


          岩手県花巻市から

          経営計画書・月次決算書・未来会計で

          日本中の中小企業を元気にする


          税理士事務所ランニングパートナーズ

           

          元フットサルFリーグ選手

          未来会計コンサルタント

          経営計画コンサルタント

          愛家族税理士の会会長

          スポーツ選手のセカンドキャリアを支援する

          鈴木陽介


          あなたのいる場所は明るい?暗い?

          0

            お元気さまです。

             

            愛家族税理士の鈴木です(^^♪

             

             

            昨日

             

            体操の映像を見た娘

             

            「あさひもクルクルできる〜(^^)/」

            ↑娘の名前は”あさひ”と言います。

             

             

            と言い

             

             

            クルクル〜

             

             

            ゴンッ

             

            テーブルの角にほっぺを

            打ち付けました( ゚Д゚)

             

            当然

             

            泣いてもいいよ

            ↑写真なんて撮ってないで助けろよ!の図(笑)

             

             

            いいんだよ

             

            泣いていいんだよ( ˘ω˘ )

             

             

            えー

             

            発表です!!

             

            税理士事務所ランニングパートナーズが

             

             

            「WEラブ赤ちゃん」プロジェクト

            への賛同企業に

            認定されました。

             

             

            会計事務所業界初(*ノωノ)

             

            岩手県初(*ノωノ)

             

            ・・・だと思います!!

             

            そんなことはどうでもいいですが

             

            いずれ

            以前ご紹介した

            泣いてもいいよステッカーが

            届くようなので

             

            またご案内させていただきますね!(^^)!

             

             

            以前の記事

            赤ちゃん泣いてもいいよ

            幸せの総量を増やしているのは子ども

             

             

            次世代が

            育ちやすい環境を作れるように

             

            しっかりと

            活用させていただきたいと思います(#^.^#)

             

             

            さて

             

            子どもが

            (特に赤ちゃんが)

             

            電車

            公共施設

            レストラン・カフェなどで

            泣いていると

             

            どう反応されますか??

             

            どう感じますか??

             

             

            露骨にチラチラ

            親を見て

             

             

            うるせーよ!!

            親何やってんだよ!!

            はぁ〜(ため息)

             

             

            20代前半までの私はこうでした。

             

            心に余裕がありませんでした。。。

             

             

            フットサル選手になり

            見られる立場になり

             

            また

            イベントや試合会場などで

            子どもに多く接するようになり

             

            周りの仲間に子どもが生まれ

             

            私にも子どもが生まれ

             

             

            少しずつ

            知識も増え

             

             

            考え方が変化しました。

             

             

            こんな経験はありませんか??

             

             

            暗いところから

            明るいところはよく見えるが

             

            明るいところから

            暗いところは見えない

             

             

            いたって普通の現象

             

            当然ですよね

             

             

            子育てをしていると

             

            特に人が集まる場所では

            なんとなく

            肩身の狭い思いをすることがあります。

             

            いくら注意を向けていても

             

            泣いてしまった!

            大きい声を出してしまった!

            急に走り出してしまった!

             

            そんなときは

            どちらかといえば

            暗いところにいる状況。

             

             

            周囲の状況が

            とても気になり

            よく見えます。

             

            そしてよく聞こえます。

             

             

            あの人チラチラ見ているな〜

            露骨に嫌な顔しているな〜

             

            逆に

            泣き止ませようと

            娘に笑いかけてくれている人や

             

            まったく無関心の人

             

             

            それぞれです。

             

            子どもからも

            良く見えているはずです。

             

             

            これは

            会社に置き換えることもできます。

             

             

            明るいところ=経営者・幹部・上司

             

            暗いところ=部下

             

             

            経営者や幹部のように上に立つと

            (明るいところ)

             

            部下の姿

            (比較的暗いところ)

             

            が見えなくなってしまう。

             

            逆に

             

            部下たちからは

            上司の行動は非常によく見える。

             

             

            あの人は自分勝手だな〜

            部下のこと何も考えていないな〜

            無関心だな〜

            すごい良く見てくれているな〜

             

             

            上司の行動は

            しっかりと見えています。

             

             

            そして

            それがモチベーションにつながる。

             

             

            良くも悪くも

             

             

            そもそも

             

            明るいところにいると

            それが普通になり

            暗い場所に目を向けにくくなります。

             

             

            明るいところにいるときこそ

            暗い場所に目を向け

             

            その立場に自分を置いてみる

             

             

            そして

             

            もし自分が明るい場所にいるなら

             

            常に見られている

            見えやすい

             

            ということを意識し

            手本になるような行動をする。

             

             

            ちょっとの意識の変化で

            見えていなかったことに気づき

            行動を変えることはできます。

             

             

            今日は

            自戒も込めた

            内容でした・・・

             

             

            最後まで読んでいただき
            心より感謝いたします。

             

            ありがとうございます。

             


            昨日の

             

            一日一愛家族
            ・娘のお迎え
            ・娘とお風呂

            ・娘の寝かしつけ

            ・いつもより少しだけ家事の手伝い


            一日一新
            ・横手市のお客様の事務所
            ・大仙市のお客様の事務所

            ・北上から裏道


            一日一捨
            ・自分の仕事


            岩手県花巻市から

            経営計画書・月次決算書・未来会計で

            日本中の中小企業を元気にする


            税理士事務所ランニングパートナーズ

             

            元フットサルFリーグ選手

            未来会計コンサルタント

            経営計画コンサルタント

            愛家族税理士の会会長

            スポーツ選手のセカンドキャリアを支援する

            鈴木陽介


            | 1/18PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>

            recent comment

            search this site.