本は出会った瞬間が読むべき「時」

0

    お元気さまです。

     

     

    妻の実家で

    風呂上がりに

    遊ぶ(勉強??)娘

     

     

    家で

    妻にプリキュアの本を

    読み聞かせする娘

     

    私に割り当てられるセリフは

    一か所だけ

     

    プリキュアに登場する

    ハムスター

     

    ハリハムハリー(笑)

     

     

    えらいこっちゃ!

     

    のセリフに全力を込めます(笑)

     

     

    エセ関西弁が

    うまくなりました(笑)

     

     

     

    さて

     

    昨日は

    妻の実家で娘が遊ぶ日

     

    というわけで

     

    私は一日

    読書の日

     

     

    別に

    なんの自慢にもならないが

     

     

    1月から

    2月にかけて

     

    人生で一番

    本を読んでいる

     

     

    本を読んで

     

    その本で紹介されている本を即購入し

     

    誰かから紹介された本を即購入し

     

    自分で読みたい本も即購入し

     

     

    その結果

     

     

    相当なペースで

    読んでいるにもかかわらず

     

     

    現時点で

    読めていない本

     

    20冊近く・・・

     

     

    事務所に

    積み重なった

    大量の本

     

     

    そんな私が

     

    たどり着いた本は

     

     

    ときめく片づけで

    おなじみの

     

    近藤麻理恵さんの

     

    片づけの魔法

    シリーズ

     

     

     

    全部買うんかい!!

     

    というツッコミは置いておいて

     

     

    その中で

    このように書いている

     

     

    行動の中で

    一番簡単なのが

    片づけである

     

     

    今すぐでき

     

    家ででき

     

    お金がかからない

     

     

    本の片づけ方

     

     

    未読の本

     

    いつか読むつもりの

    「いつか」は永遠に来ない

     

     

    そういえば・・・

     

    先日伺った

    とある同志の事務所にも

     

    「いつか」が永遠に来ない

    本の山が・・・(笑)

     

     

    本はタイミングが命

     

    出会ったその瞬間が

    読むべき「時」

     

     

    とくに

     

    まだ読んでいない勉強本は

     

    絶対に一度捨ててください

     

     

    グサッと響く言葉が

    と書かれていた

     

     

    一昨年

     

    本気で勉強しようと思い

    始めたが数ヵ月でやめ

     

     

    まだ押入れの中で

    捨てられずにいる

     

    100万円近くかけた

    とある試験の勉強テキスト

     

     

    捨てる決心がつきました。

     

     

    本日

     

    これから

     

    片づけの魔法シリーズに書いている

    片づけの方法で

     

    本の一斉片づけを

    開始します。

     

     

    片づけは

     

    「一気に」

     

    「短期に」

     

    「完璧に」

     

     

    片づけ祭り開始!!

     

     

    ときめく本だけが残った

    私の本棚

     

     

    想像しただけで

     

    ワクワク!!

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    このブログへのご感想やご質問は

    下記メールアドレスに

    直接送っていただければ

    拝読いたします。

     

    ※Facebookと連携しておりますが

     Facebookは

     ほとんど見ておりません。

     

    y.suzuki@running-partners.com

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻の実家

     娘と遊んでいただき

     ありがとうございます。

     

    一日一愛家族

    ・娘と夜遅くまで遊ぶ(笑)

    ・娘の迎え


    掃除を続けると広がる、やがて深まる

    0

      お元気さまです。

       

       

      昨日は

      妻が出張のため

       

       

      娘と二人暮らし(笑)

       

       

      朝ごはんに始まり(手抜き)

       

       

       

      着替え、トイレ、歯磨き

      ゴミ捨て・・・

       

       

      こども園へ送り迎え

       

       

      夕食(外食・手抜き)

       

       

      入浴

       

      寝かしつけ?

      寝かしつけられ??

       

       

      今回は

      朝もバタバタすることなく

       

      手料理も披露し(笑)

       

      前回よりはスムーズにできましたが

       

       

      妻の大変さが

      少しだけ分かった昨日

       

       

      そんな私に

      出張から帰ってきた

      妻からいただいた

       

       

       

      いえいえ

      こちらこそ

       

      いつも

      ありがとうございます。

       

      ↑愛家族アピール(笑)

       

       

      さて

       

      当社では

       

      週に一回

      月曜日は朝掃除の日

       

       

      まだまだ

       

      週に一回という

      未熟な状態である

       

       

      ここ最近は

      雪かきになる日が多いのだが

       

       

      掃除は

      週に一回やるだけでも

       

      続けていると

      落ちているゴミが

      どんどん少なくなっていく

       

       

      そして

       

      少しずつ少しずつ

       

      掃除をする範囲が広がっていく

       

       

      会社の前だけの掃除から

       

      最近では

       

       

      両隣の家の前

      向かいの公園周辺

       

      だいたい

      周辺10mぐらいには

      広がっている

       

       

      私のお客様である

      I社様

       

       

      昨年

      経営計画書を初めて創り

       

      環境整備に関する方針に

      毎週月曜日の掃除を明記

       

       

      まさに有言実行されている

       

       

      先日伺った話では

       

      最近では

      会社周辺にゴミがなくなり

       

      会社近隣の歩道

       

      そして

       

      近隣の花壇の除草

      にまで広がっているという

       

       

      また

       

       

      私がたまにお邪魔する

      K社様

       

      掃除にも

      何度か参加させていただいたが

       

      その会社の掃除は

      会社周辺から駅前まで

       

      距離にして2〜300m

       

       

      さらに

       

      尊敬するとある方は

      今から15年前

      2004年に出された本の中で

       

      会社周辺

      約3卮楼呂瞭始や公園を

      毎日掃除している

       

      と書いている

       

       

      最初は

      恐らく目の前

      見える範囲から始めた掃除

       

       

      1日や2日では小さな差だが

      年月が経てば経つほど

      大きな差になって表れる

       

       

      掃除をする

      広さと深さが

      その人の人格に比例する

       

       

      という言葉を聞いたことがある

       

       

      その言葉に当てはめるなら

       

      私の人格は

      まだまだ数メートルの広さ

       

      深さはまだほとんどない

       

       

      ただ

      掃除を続けていると

       

      少しずつ少しずつ

      心が変わってくる

       

       

      最初は

      ただの真似で始めた掃除

       

      環境整備でいい会社に近づく

      社員教育になる

      お客様の見本になる

      地域・社会貢献

      ・・・

       

      という浅い目線からのスタート

       

       

      それが

       

      3年ほど続け

      最近になってやっと

      少しずつ別の想いが出てきた

       

       

      私の会社は

      小学校・中学校のすぐ近くにある

       

       

      掃除をしていて

       

       

      ふと

      こんな気持ちが出てくる

       

       

      このゴミが落ちていると

       

      ここを毎日通る

      小学生や中学生の目に触れる

       

      このゴミを拾えば

      みんながこのゴミを

      何度も見ないで済む

       

      みんなの心がキレイになる

      お手伝いができる

       

       

      もちろん

       

      私自身

       

      私の家族

       

      当社の社員

       

      お客様

       

      社外社員(取引先様)

      ※特に郵便や宅急便は毎日届くので

       

       

      多くの方の目に触れないで済む

       

       

      コツコツと続け

      少しずつ少しずつ広がると

       

      どこかのタイミングで

      思いもよらない形で

      深まっていく

       

       

       

      「人生、今日が初日」

       

       

      ブログを読んでいただき

      ありがとうございます。

       

      本日も

      佳き一日をお過ごしくださいませ。

       

       

      鈴木陽介 拝

       

       

      このブログへのご感想やご質問は

      下記メールアドレスに

      直接送っていただければ

      拝読いたします。

       

      ※Facebookと連携しておりますが

       Facebookは

       ほとんど見ておりません。

       

      y.suzuki@running-partners.com

       

      人間成長を目指す経営者やリーダーとの

      切磋琢磨の場

      志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

      志陽塾サイト

       

       

      社長の最も重要な仕事は

      経営計画書を創り

      使い続けること

       

       

      社員を大切にしたい経営者様

      こちらよりお問い合わせください。

       

       

      昨日の
       

      一日一感謝

      ・妻

       お土産&プレゼント

       ありがとうございます。

      ・A様

       私と娘にプレゼント

       ありがとうございます。

      ・T様

       娘が喜びそうな歯医者を教えていただき

       ありがとうございます。

      ・見知らぬ方

       娘のためにドアを開けていただき

       ありがとうございます。

       

       

      一日一愛家族

      ・娘DAY(笑)


      遠ざける人物、遠ざかる人物

      0

        お元気さまです。

         

         

        昨日は

         

        マルカンビル1Fのイベント

         

        移動おもちゃ美術館へ

         

         

        おもちゃを無視し

         

        読書(笑)

         

         

        その後

         

        得意のパズルにはまり

         

        延々と・・・(笑)

        ※計4回

         

         

         

         

        さて

         

        突然だが

         

         

        アメリカの小説家

        マーク・トゥエインの

        こんな言葉がある

         

         

        あなたの志を
        けなすような
        人間を避けよ。


        小さな人間ほど
        人の志をけなすものだ。

         

        本当に素晴らしい、大きな人間は
        あなたにも「志を実現できる」
        と思わせてくれる。

         

        ※陽介訳

         

         

        たまたまではあるが

         

        先日

        とあるアメリカの企業の

        副会長の

        こんな言葉に出会った

         

        ※一部抜粋

         

         

        嫌な人間関係が

        人生をダメにする

         

        だから

        嫌な人間関係を避けよう

         

        嫌な人間関係にぶつかったら

        相手を批判するのではなく

        そこを離れ

        尊敬する方の元へ行こう

         

         

        ここ最近

        私の周りで

         

        この言葉たちに

        つながるような

        似て非なる別の言葉にも出会ったり

         

        考えさせられる

        出来事があったり

         

         

        色々と重なるので

        深く考えてみた

         

         

        視点を少々変えると

        この言葉たちは全て

         

         

        耳の痛いことを言ってくれる人を

        遠ざける

         

         

        ということとは

        意味合いが全く違う

         

         

        例えば

         

        優れた経営者は

         

        近くに

        耳の痛いことを言ってくれる

        参謀を持っている場合が多い

         

        偶然ではなく

         

        意図して置いている

         

        という表現が近いだろうか

         

         

         

        私自身

         

        志や信念を

         

        押し付けようとする

        気持ちは一切ない

         

         

        そんな中で

         

        志に賛同してくれながら

         

        その志に向かい

        より良い選択ができるように

        アドバイスをしてくれる人を

        意図的に探している

         

        とある方から

         

         

        メンターを最低3人持て

         

         

        という助言をいただき

         

         

        大きなテーマの一つとして

        最大限意識し、行動し

        今年も継続している

         

         

        私には

         

        ありがたいことに

         

        志を理解し

        さらに応援してくれ

         

        または

        同じ志を持ち

         

         

        それでいて

         

        判断に迷ったときに

        厳しい視点で言葉をいただける

        メンター的存在が何人かいる

         

         

        情報が多く

        変化の激しい時代に

        このような素晴らしい方々の存在は

        宝物である

         

         

        宝物である関係を

        遠ざけないように

         

        することはもちろんのこと

         

         

        宝物が

        遠ざからないように

         

         

        日々挑戦し

        日々精進し

         

        日々成長する

         

         

        たいした

         

        挑戦もせず

        精進もせず

        成長もせず

         

         

        ただ

        甘い蜜だけを吸おうという

         

        恥ずかしい気持ちにならないように・・・

         

         

        下段者、上段者の力がわからない

         

         

        という

        耳の痛い格言がある

         

         

        上段者の素晴らしいアドバイスに

        下段者であるゆえに気がつかない

         

         

        はたまた

         

         

        過信、慢心に陥り

         

        自分が下段者であることを理解せず

        上段者にまともに相手を

        してもらえていないことに

        気がつかない

         

         

        などといったことにならないように

         

         

        本日は

        (いつもだが・・・)

         

         

        自分への戒めを込めて

         

         

         

        「人生、今日が初日」

         

         

        ブログを読んでいただき

        ありがとうございます。

         

        本日も

        佳き一日をお過ごしくださいませ。

         

         

        鈴木陽介 拝

         

         

        このブログへのご感想やご質問は

        こちらに送っていただければ

        直接鈴木陽介へ届きます。

         

        y.suzuki@running-partners.com

         

        人間成長を目指す経営者やリーダーとの

        切磋琢磨の場

        志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

        志陽塾サイト

         

         

        社長の最も重要な仕事は

        経営計画書を創り

        使い続けること

         

         

        社員を大切にしたい経営者様

        こちらよりお問い合わせください。

         

         

        昨日の
         

        一日一感謝

        ・家族、妻の友人

         楽しい時間を

         ありがとうございます。

         

        一日一愛家族

        ・家族でお出かけ

        ・娘と図書館


        敵は我にあり、知識を智恵に変換する

        0

          お元気さまです。

           

           

          昨日

          仙台へ出張にいった妻

           

          お土産は・・・

           

           

          さすが

          わかってらっしゃる(笑)

           

           

          先日

           

          テレビで紹介されていた

           

          成城石井の本格スイーツ

          (岩手に成城石井はない)

           

           

          人気ナンバーワン

           

          生プレミアムチーズケーキ

          ※一人一個限定だったらしい・・・

           

           

           

          指原莉乃さんが

          絶賛していた(笑)

           

          モーモーチャーチャー

           

           

          娘用に

           

          熊本県産金峰みかんの杏仁豆腐

           

           

           

          娘の杏仁豆腐を

          私と妻が

          食べ過ぎて・・・笑

           

           

           

          やはり

           

          テレビで見て

          美味しそう

           

          と感じるのと

           

          実際食べてみるのでは

          経験値が違います。

           

           

          さて

           

          遅ればせながら

           

          昨年12月12日に

          開催した

           

          当社の

          第4期経営計画発表会

           

           

          ご参加された皆様への

          当日の

          フル動画配信を本日いたします。

           

           

          遅くなり

          申し訳ございません。

           

           

          少々

          言い訳をさせていただくと(;^ω^)

           

           

          動画の撮影を

          快く引き受けていただいた

          社外社員様より

           

          動画の納品があったのが

           

          先月

          1月22日

           

          年末年始で

          発表会やら

          行事の重なる時期であったにもかかわらず

           

          配信用に

          丁寧に編集していただき

          1月中にしっかりと納品いただきました。

           

           

          ・・・が

           

          なんと

          DVDがブルーレイ!!

           

          パソコンが対応しておらず

           

          再度

          1/24にデータでいただき

           

          その後

          無事内容を確認

           

           

          時期が時期だったので

           

          参加された方の1/3を占める

          会計事務所の

           

          いわゆる

          1月末という

          繁忙期を避け

           

          2月初めに

          配信をすることにし・・・

           

           

          その後

          YouTubeにデータを取り込み

           

          非公開の配信用ページを作成

           

           

          そして

           

          本日

          配信が可能に・・・

           

           

          この一連の流れ

           

           

          今回

          ほぼすべてが初挑戦

           

          同じような

          動画配信サービスを

          自分自身が受けていたり

           

          今や

          ユーチューバーも

          職業として認知されていたり

           

           

          知識としては

          持っていた

           

           

          しかし

          実際やってみると・・・

           

           

          これが

           

          経営計画発表でも

          少々触れましたが

           

           

          知識と智恵の錯覚

           

           

          知識として理解しているだけで

           

          すでにできる

           

          又は

           

          できている

           

          と錯覚してしまう

           

           

          まさに

           

          敵は我にあった

           

           

          知識ももちろん大事だが

           

           

          膨大な知識よりも

           

          経験からつかんだ一つの智恵の方が

          勝る場合がある

           

           

          智恵を意識した

          知識の習得

           

           

          知識が価値を失う時代にあって

          これを忘れてはいけない

           

           

          本日は

          (いつもだが)

           

          自戒ブログ

           

           

          「人生、今日が初日」

           

           

          ブログを読んでいただき

          ありがとうございます。

           

          本日も

          佳き一日をお過ごしくださいませ。

           

           

          鈴木陽介 拝

           

           

          このブログへのご感想やご質問は

          こちらに送っていただければ

          直接鈴木陽介へ届きます。

           

          y.suzuki@running-partners.com

           

          人間成長を目指す経営者やリーダーとの

          切磋琢磨の場

          志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

          志陽塾サイト

           

           

          社長の最も重要な仕事は

          経営計画書を創り

          使い続けること

           

           

          社員を大切にしたい経営者様

          こちらよりお問い合わせください。

           

           

          昨日の
           

          一日一感謝

          ・妻

           お土産

           ありがとうございます。

           娘の入浴等

           ありがとうございます。

           

          一日一愛家族

          ・娘の送り

          ・娘と遊ぶ(笑)


          わかってほしい、よりも、わかってあげる

          0

            お元気さまです。

             

             

            本日朝の娘・・・

             

             

            私のアラームが鳴った瞬間に

            ムクッと起き上がり

             

            私の隣へ・・・

             

             

            パパ抱っこ〜

             

            と一言

             

            そして

             

            一瞬で

            寝息を立てて

            私の腕の中で寝る・・・

             

             

            これでは

            起きられない(笑)

             

             

            なぜ??

            なぜ??

             

             

            日中に

            こども園で

            鬼に襲われたからでしょうか(笑)

             

             

             

             

             

            さて

             

             

            先日

            愛知に行った際に

            心友に

            ご紹介いただいた本

             

            大久保寛司さんの

             

             

            「考えてみる」

             

             

            この本の中に

            こんな一文がある

             

             

            自分から見たら「なぜ?」

             

            でも

            正しいか正しくないかは別として

            その人にはそうする

            訳がある

             

             

            そのことが理解できたら

            その思いに共感できたら

             

             

            その人に対する見方は変わるだろう

            その人に対する接し方も変わるだろう

             

             

            そして

            その人自身が変わることだろう

             

             

             

            私自身

             

            まだまだ未熟な人間ではあるが

             

            以前に比べると

            少しずつ

             

            相手目線で

            考えることができるようになった

            気がする

             

             

            そうすれば

             

            この言葉のように

             

            上辺だけで判断するのではなく

            相手に対する気持ちも変わる

             

             

            相手を変えるのではなく

             

            相手の気持ちに寄り添い

             

            自分が変わることで

            接し方が変わり

             

            その結果

             

            相手が変わる

             

             

            これまた

            先日愛知で参加した

             

            経営計画発表会

             

             

            基調講演で

             

            心理学について教えていただいた

             

             

            その中で出てきた

             

             

            「心理的安全性」

             

             

            チームの成功に

            最も重要な要素

             

             

            これは

             

            対人関係において

             

            リスクのある行動をとったときに

            どう認識するか

             

             

            例えば

             

            チーム(相手)にとって

            ネガティブだと思われる

            可能性のある言動

             

            チームにとって

            邪魔だと思われる

            可能性のある言動

             

            ・・・

             

             

            どんな言動に対しても

             

            このチームなら

            受け入れてくれる

             

             

            と信じられるかどうか

             

             

            つまり

             

            相手に対して

            リスクある行動をとることに

            心理的に

            安全であると感じていること

             

             

            表現が難しいが

             

             

            心理的安全性があれば

             

             

            例えば

             

            自分の間違いを認めたり

             

            わからないことを質問したり

             

            新しいアイデアを出したり

             

             

            その時に

             

            誰も自分を否定したり

             

            バカにしたり

             

            ネガティブに感じたり

             

            しない

             

             

            という安心感が生まれ

             

             

            弱い自分もさらけ出し

            積極的な行動を取れるようになる

             

             

             

            なぜ

            そんな行動をとるのか

             

            なぜ

            そんなことを言うのか

             

            なぜ

            聞いてくれないのか

             

            なぜ

            やってくれないのか

             

             

            自分中心ではなく

             

            一度立ち止まり

            相手の立場で

            その理由を考える

             

             

            私自身

             

            妻に

            この点を指摘されることがある

             

            自分本位の言動で

             

            心理的安全性を

            感じることができない

            空間をつくってしまうことがある

             

             

            少しずつ少しずつ

             

             

            まずは

             

            家族と一緒に

            成長していきます。

             

             

            「人生、今日が初日」

             

             

            ブログを読んでいただき

            ありがとうございます。

             

            本日も

            佳き一日をお過ごしくださいませ。

             

             

            鈴木陽介 拝

             

             

            このブログへのご感想やご質問は

            こちらに送っていただければ

            直接鈴木陽介へ届きます。

             

            y.suzuki@running-partners.com

             

            人間成長を目指す経営者やリーダーとの

            切磋琢磨の場

            志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

            志陽塾サイト

             

             

            社長の最も重要な仕事は

            経営計画書を創り

            使い続けること

             

             

            社員を大切にしたい経営者様

            こちらよりお問い合わせください。

             

             

            昨日の
             

            一日一感謝

            ・お客様

             事務所へお越しいただき

             ありがとうございます。

            ・妻

             娘の送り

             ありがとうございます。

             

            一日一愛家族

            ・娘の迎え・入浴


            | 1/6PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            recent comment

            search this site.