腐ったいちごは取り除くのが正解?? 価値観の違う社員をどうするか??

2020.02.11 Tuesday 03:07
0

    お元気さまです。

     

    次女が生まれて

     

    早いもので1ヵ月と1週間

     

    少しずつ

     

    顔がはっきりしてきました

     

     

     

     

    そんな

    昨夜は

     

    休日の前夜で余裕があるので

     

    長女は

    おむつ離れのトレーニング!

     

     

    夜中の2時に

     

    「漏らした・・・」と起きる

     

     

    一緒に起きて

     

    お風呂場で汚れたものを洗い

     

    再就寝

     

     

    私は

    なんとなく眠れなくなったので

     

    このまま起きます

     

    おかげでいつもよりも早起きです!!

     

     

    さて

     

    先日とあるお店から買ったいちご

     

     

    洗って食べようと

    取り出すと・・・

     

    ケースの底に

    それなりに大きいハチの死骸が・・・

     

     

    こう見えて(どう見えて??)

    虫の苦手な私は

     

    なんとなく

    気持ち悪くなり

     

    残りのいちごを捨てるとともに

     

    買ったお店へご連絡しました

     

     

    まだ原因の調査中ですが

     

    大変丁寧に対応していただいています。

     

    おかげで

     

    そのお店の信頼感がアップしました。

     

     

    この場合は特殊な場合ですが

     

    いちごを買って

     

    食べようとしたときに

     

    腐っている部分を見つけることは

    多々あります

     

    それはいちごに限らずですが・・・

     

     

    腐った部分を見つけたら

    どうするか

     

    基本的にはすぐに取り除きます

     

     

    なぜなら

     

    傷んだいちごについたカビや雑菌は

     

    ほかのいちごにうつり

     

    ほかのいちごまで腐ってくるからです

     

     

    いちごと同じように

    考えていいかどうかは別にして

     

     

    ここ数年

     

    ダイバーシティ(多様性)という言葉を

    よく耳にします

     

     

    私の問題意識の中にあるからか

     

    本を読んでいても

    多様性という言葉が光る・・・

     

     

    採用教育関係の本

     

    または

     

    経営に関する本の中では

     

    多様性を受け入れる

    多様性を活用する

     

    などという表現が多く

     

    本を読み進めていくと

     

    様々な多様性の中に

     

    価値観の違いも受け入れ

    いかに活用できるか

     

    という視点で書かれている場合が多いと感じます

     

     

    私のこれまでの体験や

     

    多くの中小企業を見た実感からすると

     

    会社として最もゆるがせない価値観

     

    ここに外れた人は

     

    「早く取り除く」

     

    というのが正解だと感じます

     

    特に中小企業は・・・

     

     

    ここで言いたいのは

     

    能力や性格ではなく

     

    あくまで

     

    「価値観」という判断である

     

    ということです

     

     

    会社として

     

    そして

    人としての価値観というのは

     

    できれば

    面接の段階で見分けたいのですが

     

    やはり

     

    短い時間で

    すべてを見るのは不可能に近く

     

    どんなに頑張っても

    入ってきてしまうことはもちろんあります

     

     

    そんな場合は

     

    経営者やリーダーとして

     

    その方が

    会社の価値観を重視してくれるように

     

    本気で向き合い続けることが必要になります

     

     

    絶対に諦めてはいけない!!

     

     

    その結果

     

    価値観が合わないと判断すれば

     

    その方は

     

    「会社を去る」

     

    という判断をすることになりますが

     

     

    他の社員とその家族をより幸せにするためには

     

    ここは絶対に折れてはいけない部分だと

    感じています

     

     

    一番いけないのは

     

    価値観を共有できない社員を放置すること

     

     

    その瞬間に

     

    会社の価値観は崩れ去ります

     

    どんなに素晴らしい価値観を掲げたとしても

     

    無残に崩れ去る

     

    それも一瞬で・・・

     

     

    そうなるとどうなるでしょうか

     

    価値観のあっている社員から

    辞めていくことになります

     

     

    そうすると

     

    価値観経営どころか

     

    経営そのものが崩壊します

     

     

    経営者は

     

    価値観に対しては

    断固とした姿勢を貫く

     

    ここだけは

     

    経営者は絶対に曲げてはいけません

     

     

    そのための一番いい方法が

     

    経営計画書です

     

    経営計画書に

    我が社が大切にすべき価値観を明示し

     

    ことあるごとに

     

    価値観を共有し実行する

     

     

    ただ明示するだけでは意味がありません

     

    何度も何度も

    何十回も何百回も語り

     

    そして

     

    経営者が率先して

    日々の行動と繋げることで

     

    本気度が伝わり

     

    会社の価値観として

    浸透するのではないでしょうか

     

    諦めずに

    続けていきましょう!

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしください。

     

    鈴木陽介 拝

     

    Twitter始めました。

    https://twitter.com/runningpartners

     

    NCGグループが目指している未来像は

    こちら

    https://youtu.be/MZAKLivUFks

     


    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    人を大切にする経営を目指されたい経営者様は

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    「人生、今日が初日」

    「一期一会」

     

     

    一日一感謝

     

    ・家族

     充実した一日を

     ありがとうございます。

    ・妻のご両親

     娘のお迎えや夕食等

     いつもサポートしていただき

     ありがとうございます。

    ・社員

     いつも丁寧な仕事をしていただき

     ありがとうございます。

     

     

    このブログは

     

    2016.1.1〜開始

    現在

    1,145記事

     

    2017.6.17〜毎日連続更新

    現在

    970日連続更新中

     

     

    「人を大切にする経営」で

    日本中の中小企業を元気にする

     

    岩手県花巻市の

    税理士を超えた経営のパートナー

     

    税理士事務所ランニングパートナーズ

    合同会社NCGコンサルティング

     

    HPはこちら↓

    https://www.running-partners.com/

     

    category:人を大切にする経営 | by:sunsukecomments(0) | -

    ヒーリングっどプリキュアならぬ「ヒーリングっどカンパニー」を目指します!

    2020.02.09 Sunday 06:08
    0

      お元気さまです。

       

       

      先週から始まった

       

      プリキュアの新シリーズ

       

      その名も

       

      ヒーリングっどプリキュア

       

       

      何度も何度も見ながら口ずさむ

       

       

      ヒーリングっど!

       

      愛で

       

      癒し〜た〜い

       

      き〜みと

       

      ヒーリングっど

       

      プリ〜キュア〜♪

       

       

       

       

      すでに歌を少し覚えた娘

      (おかげで私も少し覚えました)

       

       

      娘の

       

      現在の夢は

       

      「キュアエコーになること」

       

      夢に向かい一直線です。

       

       

      さて

       

       

      そんな私

       

      最初は

       

      「ヒーリングっどプリキュア」

       

      なんて変な名前

       

       

      と思っていたのだが。。。

       

       

      始まって

       

      何度も何度も聞いているうちに

       

      そもそも

      ヒーリングってどんな意味だろう??

       

       

      と考えて調べてみると

       

       

      healing

       

       

      癒し

      心理的な安心感を与えること

       

       

       

      そう考えると

       

       

      企業はヒーリングっどな場所になれば

      最高だな

       

      と感じた

       

       

      ここに

       

       

      私たちは

       

      ヒーリングっどカンパニーを目指します。

       

       

      宣言をする

       

       

       

      もちろん

       

      会社よりも身近な

       

      私たちの家庭も

       

      「ヒーリングっどファミリー」

       

      を目指す

       

       

      ↑すぐに影響される私・・・

       

       

      では

       

      ヒーリングっどカンパニーとは

       

      どんな会社だろう

       

       

      まずは

       

      社員の働く環境を快適にすること

       

       

      別に

       

      会社を新しくしたり

      福利厚生制度を充実させたり

       

      といった

       

      お金をかけて

      何かをやる必要はなく

       

      知恵を出し

       

      今ある環境で

       

      お金をかけなくても

      快適にする方法はいくらでもある

       

       

      昨年

       

      多くのいい会社を訪問し

       

      見学や社員さんへのヒアリング等を

      させていただいたが

       

       

      いい会社では

       

      社員の皆さんの口から

       

      「会社に行くのが毎日楽しい」

       

      という言葉がさらっと出る

       

       

      ただ

       

      物理的に安全で快適なだけではなく

       

      心理的にも安心で

       

       

      そして何よりも

       

      自社に誇りを持つことができ

       

      自分の成長を感じることができる会社が

       

      ヒーリングっどカンパニー

       

      だと感じる

       

       

      人を大切にする経営に掲げている

       

       

      ・社員とその家族

       

      ・社外社員(取引先様、仕入先様等)とその家族

       

      ・お客様(今のお客様と未来のお客様)

       

      ・地域社会(とりわけ社会的弱者)

       

      ・(株主、関係機関)

       

       

      つまり

       

      関わる方たちが

       

      皆、口をそろえて

       

       

      ヒーリングっどカンパニーだね(いい会社だね)

       

       

      と言うような会社

       

       

      そんな会社を目指すことができればいいな

       

       

      と感じた

       

       

      難しいことではなく

       

      意外とシンプルで

      身近なところに答えはあるかもしれない

       

       

      それでは

       

      本日も

      佳き一日をお過ごしください。

       

      鈴木陽介 拝

       

      Twitter始めました。

      https://twitter.com/runningpartners

       

      NCGグループが目指している未来像は

      こちら

      https://youtu.be/MZAKLivUFks

       


      社長の最も重要な仕事は

      経営計画書を創り

      使い続けること

       

       

      人を大切にする経営を目指されたい経営者様は

      こちらよりお問い合わせください。

       

       

      「人生、今日が初日」

      「一期一会」

       

       

      一日一感謝

       

      ・家族

       楽しい一日を

       ありがとうございます。

      ・妻のご両親(&妹さん)

       妻を生んで育てていただき

       ありがとうございます。

       ※昨日は妻の誕生日

       

       

      このブログは

       

      2016.1.1〜開始

      現在

      1,143記事

       

      2017.6.17〜毎日連続更新

      現在

      968日連続更新中

       

       

      「人を大切にする経営」で

      日本中の中小企業を元気にする

       

      岩手県花巻市の

      税理士を超えた経営のパートナー

       

      税理士事務所ランニングパートナーズ

      合同会社NCGコンサルティング

       

      HPはこちら↓

      https://www.running-partners.com/

       

      category:人を大切にする経営 | by:sunsukecomments(0) | -

      社員とその家族を大切にするための3つの豊かさ

      2020.02.03 Monday 04:43
      0

        お元気さまです。

         

        階段で

        新しいプリキュアの勉強をする長女

        (本日、保育参観日)

         

        ※安全はしっかりと確保しています。

         

         

        そして

         

        だんだん

        色々と見えるようになってきた?

         

        次女

        (本日、1ヵ月検診)

         

         

        昨日は

         

        長女と一緒に

         

        新しいプリキュアの本を求めて

        3つの書店をまわりました・・・

         

         

        さて

         

        人を大切にする経営を進めていく中で

         

        その最初に掲げている

         

         

        「社員とその家族を大切にする」

         

         

        では

         

        どういう視点から

        「大切にする」ということを

         

        考えればいいのだろうか

         

        社員が働く環境を快適にする

         

        など

         

        会社内で行えることは

        基本中の基本として

         

         

        やはり

         

        社員の生活を豊かにしたい

         

         

        私が考える

         

        社員が求めている豊かさは

         

        大きく分けると次の3つ

         

        1.物質的な豊かさ

         

        2.時間的な豊かさ

         

        3.社会的な豊かさ

         

         

        これは

        どれか一つ満たせばいい

         

        というわけではなく

         

        バランスをとることが必要だ

         

        このバランスをとることができれば

         

        心も満たされる

         

         

        一つずつ考えていくと

         

        最低限

         

        生活だけで

        いっぱいいっぱいにならない程度の

        収入は必要だ

         

        これは

        高ければ高いほどいい

         

        というわけではなく

         

        できることなら

         

        少しは豊かな生活ができるぐらいの

        給料があれば最高だ

         

         

        一倉定さんは

         

        人として堕落しないためにも

         

        地域、同業他社等を勘案して

        10%増ぐらいがちょうどいい

         

        と述べておられる

         

         

        ただ

         

        収入面で満たされていたとしても

         

        働くだけで

        他の時間を全く取れないのであれば

         

        かなり寂しい

         

         

        収入と時間

         

        一部の層を除き

        普通のビジネスマンであれば

         

        収入はいいが休みが少ない

        仕事以外の時間がほとんどない

         

        というトレードオフの関係になっていることが

        ほとんどだ

         

         

        たまにある休日が

         

        仕事の疲れを癒すためにだけに

        使われるのだとしたら

         

        それもなんとなく寂しい

         

         

        例えば

         

        自分が成長するための時間であったり

        趣味をするための時間であったり

         

        ・・・

         

         

        もう一つ重要なのが

         

        社会的な豊かさ

         

        これは他者とのつながりの時間だ

         

        もちろん

         

        これは

        仕事の中でも得ることのできる豊かさだが

         

         

        仕事以外のつながりの中で

        得ることのできるものは

         

        人生にとって、とてつもなく大きい

         

         

        先日読み終わった

        「7つの習慣」で

         

        スティーブン・R・コヴィーさんが

        質問を投げかけていたが

         

         

        死の床で自分の人生を振り返ったとき


        もっと多くの時間をオフィスで過ごせばよかった
        あるいはテレビをもっと見ればよかった

         

        と悔やむ人は
        果たしてどれくらいいるのだろうか。

         

        答えは簡単だ。


        一人としているわけがない。

         

        死の床にあって思うのは
        家族や愛する者のことである。
        人は誰かのために生き
        最後はその人たちのことを思うのだ。

         

         

        仕事でも

        仲間というものを

        得ることができるかもしれないが

         

        仕事だけでは

         

        長い人生を考えたときに

        これもまた寂しい

         

        仕事を辞めたとたんに

        話相手、付き合う相手が

        ほとんどいなくなった

         

        という話もよく聞く

         

         

        仕事以外の

        社会的なつながりを

         

        働きながら構築していければ

         

        プラスになることはあっても

        マイナスになることはない

         

         

        1.物質的な豊かさ

        2.時間的な豊かさ

        3.社会的な豊かさ

         

         

        この

         

        3つの軸を

         

        経営者が率先して

        トレードオンできるように

         

         

        そして

         

        社員にも

         

        サポートしてあげることができれば

        最高だと考える

         

         

        そのための

        経営者の役割は大きい

         

         

        勉強と実践と継続的な改善あるのみ

         

         

        それでは

         

        本日も

        佳き一日をお過ごしください。

         

        鈴木陽介 拝

         

         

        NCGグループが目指している未来像は

        こちら

        https://youtu.be/MZAKLivUFks

         


        社長の最も重要な仕事は

        経営計画書を創り

        使い続けること

         

         

        人を大切にする経営を目指されたい経営者様は

        こちらよりお問い合わせください。

         

         

        「人生、今日が初日」

        「一期一会」

         

         

        一日一感謝

         

        ・家族

         有意義な時間を

         ありがとうございます。

        ・妻のご両親

         いつも家族をサポートしていただき

         ありがとうございます。

         

         

        このブログは

         

        2016.1.1〜開始

        現在

        1,137記事

         

        2017.6.17〜毎日連続更新

        現在

        962日連続更新中

         

         

        「人を大切にする経営」で

        日本中の中小企業を元気にする

         

        岩手県花巻市の

        税理士を超えた経営のパートナー

         

        税理士事務所ランニングパートナーズ

        合同会社NCGコンサルティング

         

        HPはこちら↓

        https://www.running-partners.com/

        category:人を大切にする経営 | by:sunsukecomments(0) | -

        パートさんへの特別有給休暇を「目的」と照らし合わせる。

        2020.02.01 Saturday 05:48
        0

          お元気さまです。

           

          次女の保険証が届かない!!

           

          と騒いでいたら・・・

           

           

          社保の保険証を発行するには

           

          会社から年金事務所への手続きが必要だと

          妻から教えられる・・・

           

          恥ずかしながら

          また一つ勉強になりました

           

          来週の月曜日が

           

          一ヵ月検診なので

           

          ぎりぎり仮登録は間に合いそう・・・

           

          世の中には

          知らないことがいっぱいだ!!笑

           

           

          ↑我、関せずの長女(笑)

           

           

          さて

           

          突然だが

           

          我が社では

           

          通常の有給休暇のほかに

          特別有給休暇というものがある

           

           

          有給休暇は

          法律で定まっているものなので

           

          当然パートさんも例外ではない

           

          平均週4日勤務であれば

           

          半年で7日

          1年半で8日

          ・・・

           

          といった感じで付与される

           

           

          今、考えているのは

           

          パートさんへの

          特別有給休暇について

           

           

          特別有給休暇は

           

          例えば

           

          創立記念日であったり

          結婚休暇であったり

           

          ・・・

           

          会社独自の休暇だ

           

           

          もちろん

           

          法律で定まっているものではないので

           

          有給にするか無休にするかは

          会社の判断になる

           

           

          色々調べてみると

           

          パートさんへの特別有給休暇を

          採用している会社は

          あまりないようだ・・・

           

           

          先日見た

          他社の経営計画書でも

           

          社員さんにはある特別有給休暇が

          パートさんには付与されていなかった

           

           

          そこに

          若干違和感を感じた私

           

           

          我が社では

           

          パートさんに対しても

           

          特別有給休暇を

          社員と同じような基準をもうけて

          付与しようと考えている

           

          例えば

           

          結婚記念日休暇

          (結婚記念日の前後1週間)

           

          これは

           

          パートさんにも例外なく付与する

           

           

          特別休暇は

           

          本来は

          法律上定められているものではないので

           

          本来は無給でも問題がない

           

           

          しかし

           

          ここで考えるべきは

           

          あくまでも「目的」

           

           

          これを有給にする目的は

           

          我が社の理念である

           

          社員とその家族を大切にする

           

          つまり

           

          社員が家族を大切にしてほしいからだ

           

           

          目的に照らし合わせると

           

          社員もパートさんも

          そこに差はない

           

           

          今考えているのは

           

          「子どもの参観日休暇」

           

           

          私も来週の月曜日に

           

          保育参観があり参加するが

           

          子ども一人につき年間3時間の

          特別有給休暇を付与しようかと考えている

           

           

          子どもの行事は優先する

           

          と経営行動書にうたっていても

           

           

          現実は

           

          とくにパートさんであれば

           

          収入が減るから取れない・・・

           

          と感じるかもしれない

           

           

          会社側から見ると

           

          休みを与えすぎると

          仕事が回らなくなる

           

          と感じるかもしれない

           

           

          どちらかが損をするのではなく

           

          お互いが

           

          win-winになるように

           

          色々と知恵を振り絞って

          チャレンジしていく

           

           

          大切なのは

           

          ただやみくもに

          休みを増やすのではなく

           

          ・目的意識を持ち、しっかりと伝えること

           

          ・該当しない人やお客様への配慮を忘れないこと

           

          ・ほかの社員へ感謝すること

           

           

          ・・・

           

          考えれば考えるほど・・・

           

          深い・・・

           

           

          それでは

           

          本日も

          佳き一日をお過ごしください。

           

          鈴木陽介 拝

           

           

          NCGグループが目指している未来像は

          こちら

          https://youtu.be/MZAKLivUFks

           


          社長の最も重要な仕事は

          経営計画書を創り

          使い続けること

           

           

          人を大切にする経営を目指されたい経営者様は

          こちらよりお問い合わせください。

           

           

          「人生、今日が初日」

          「一期一会」

           

           

          一日一感謝

           

          ・家族

           一緒の時間を作っていただき

           いつもありがとうございます。

          ・妻のご両親

           たくさんサポートしていただき

           いつもありがとうございます。

          ・馬場様、馬場様

           貴重なお時間を頂戴し

           ありがとうございます。

           

           

          このブログは

           

          2016.1.1〜開始

          現在

          1,135記事

           

          2017.6.17〜毎日連続更新

          現在

          960日連続更新中

           

           

          「人を大切にする経営」で

          日本中の中小企業を元気にする

           

          岩手県花巻市の

          税理士を超えた経営のパートナー

           

          税理士事務所ランニングパートナーズ

          合同会社NCGコンサルティング

           

          HPはこちら↓

          https://www.running-partners.com/

          category:人を大切にする経営 | by:sunsukecomments(0) | -

          社員とその家族を大切にする前に、経営者が自分の家族を大切にする

          2020.01.31 Friday 05:13
          0

            お元気さまです。

             

             

            昨日の反省を活かし・・・

             

            今日は

            長女と2人生活

             

             

            しっかりと

             

            ご飯も炊き、食器も洗い

             

            21時就寝・・・

            は少し過ぎたので

             

            今朝は4時起き

             

            ブログを書いていたら

            娘が起きてきたので

             

            こんな感じです・・・

             

             

            さて

             

            人を大切にする経営では

             

            一番目に大切にすべき存在として

             

             

            社員とその家族

             

             

            をかかげている

             

             

            私の解釈では

             

            社員とその家族の筆頭が

             

            「経営者」

             

             

            人を大切にする経営を考えるのであれば

             

            経営者自身が

            自分と家族を大切にすることだ

             

             

            ここに

             

            自分を入れているのは

             

            人はやはり

             

            自分が大切にされていると感じなければ

             

            または

             

            自分が自分を大切にしていなければ

             

            人を大切にしよう

             

            とは到底思えない

            と考えるからだ

             

             

            私自身

             

            ブラックな環境で働いていたときを

            振り返ってみると

             

            家に帰ると疲労困憊・・・

             

            自分のことで精一杯になり

            周りのことを気にかける余裕はなかった

             

             

            仕事や会社の目的は

             

            自分とその家族をより幸せにする

             

            そして

             

            社員とその家族をより幸せにする

             

            というものだ

             

             

            いつのまにか

             

            手段である仕事や会社が

            目的になっていないだろうか??

             

             

            これは我が社で

             

            経営理念に掲げていることもあり

             

            毎日

            私が自分自身に問いかけることである

             

             

            いつの間にか

             

            ルーティンのように

            惰性で会社に向かい

             

            同じような仕事を黙々とこなす

             

             

            繁忙期になれば

             

            あー今年もこの時期が来たな

             

            と、何の疑問も持たずに

            いつものように残業をする

             

            何のために??

             

             

            定時で上がるのも

            残業を少なくすることも

             

            手段であって目的ではない

             

            何のために??

             

             

            目的はあくまでも

             

            自分とその家族

             

            そして

            社員とその家族をより幸せにするためだ

             


            そのために

             

            経営者として

            まず最初にできることは何だろうか??

             

             

            それは

             

            率先垂範!

             

            経営者である私自身が体現する

             

             

            家族との時間を大切にする

             

            と言っている経営者が

            誰よりも働いてはいないだろうか??

             

            経営者が誰よりも汗をかき働くことは

            会社にとっては重要なことだが

             

            それは「頭を働かせる」ことであって

            「時間」ではない

             

             

            例えば

             

            毎日できる限り早く帰る

             

            たまには

             

            平日に休みを取って

            家族との時間を過ごす

             

             

            そうすれば

             

            家族を大切にしている姿勢は

             

            そこで働く社員にも伝わるから

             

            社員が休みを取りやすくなり

            家族を大切にするようになる

             

             

            ちなみに

            これは私の経験だが

             

            以前いた会社(数社)で

            上司や周りの人に

             

            「鈴木君

             社長より先に帰るのは

             ちょっと考えた方がいい」

             

            と言われたことがある

             

            その会社はいずれも

            残業を減らしていくことを社長が明言していた

             

            しかし

            社長が体現していなければ

             

            帰れない

            帰りづらい

             

            会社とはこういうものである

             

             

            ワークライフバランスでも

            ライフワークバランスでも

            ワークファミリーバランスでも

            ワークライフハーモニーでも

             

            別に言葉は何でもいい

             

             

            何事も

             

            その先に見つめる目的が正しくて初めて

            意味のあるものになる

             

             

            ただのパフォーマンスにならないように

             

            まずは経営者自らが動く!

             

             

            それでは

             

            本日も

            佳き一日をお過ごしください。

             

            鈴木陽介 拝

             

             

            NCGグループが目指している未来像は

            こちら

            https://youtu.be/MZAKLivUFks

             


            社長の最も重要な仕事は

            経営計画書を創り

            使い続けること

             

             

            人を大切にする経営を目指されたい経営者様は

            こちらよりお問い合わせください。

             

             

            「人生、今日が初日」

            「一期一会」

             

             

            一日一感謝

             

            ・家族

             楽しい時間を

             いつもありがとうございます。

            ・妻のご両親

             家族のサポートをしていただき

             いつもありがとうございます。

             

             

            このブログは

             

            2016.1.1〜開始

            現在

            1,134記事

             

            2017.6.17〜毎日連続更新

            現在

            959日連続更新中

             

             

            「人を大切にする経営」で

            日本中の中小企業を元気にする

             

            岩手県花巻市の

            税理士を超えた経営のパートナー

             

            税理士事務所ランニングパートナーズ

            合同会社NCGコンサルティング

             

            HPはこちら↓

            https://www.running-partners.com/

            category:人を大切にする経営 | by:sunsukecomments(0) | -

            Calender
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            << February 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • 数字だけでは人は動かない。いい会社とは何か?
              鈴木
            • 数字だけでは人は動かない。いい会社とは何か?
              さかい
            • 素振りから生まれる理想のフォーム
              鈴木陽介
            • 素振りから生まれる理想のフォーム
              さかい
            • 「いい会社」とは何か? 「会社の成長」とは何か?
              鈴木陽介
            • 「いい会社」とは何か? 「会社の成長」とは何か?
              さかい
            • 今の時間は、今しか使うことができない
              鈴木陽介
            • 今の時間は、今しか使うことができない
              さかい
            • 自分の人生から問われているのは何か・・
              鈴木陽介
            • 自分の人生から問われているのは何か・・
              さかい
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM