ジャイアンではなくのび太が輝く組織へ

0

    お元気さまです。

     

    休みはやっぱり

     

    うれしい娘

     

     

    連休が進むにつれ

     

    どんどんどんどん

     

    元気になる〜(笑)

     

     

     

    ただ

     

    身体は疲れているようで・・・

     

    昨夜は

     

    おねしょで2回起き

     

     

    若干

     

    睡眠サイクルが狂いました(=_=)

     

     

    さて

     

     

    連休も後半へ・・・

     

     

    連休中の目標の中間棚卸

     

    ・平均1日1冊以上本を読む

     

     

    現在8冊読破

    ※現在注文中の本 古典中心に12冊

     

    注文しすぎた・・・

     

    ・とあるシリーズの本を1回転

     

     

    10巻中2巻の途中

    ※今回はアウトプットしながら

     

    連休中に読み終わるか・・・

     

    ・とある講座の動画を見る

     

     

    終了、アウトプット途中

     

     

    様々な目標を

    掲げているが

     

     

    そんな中

     

    中長期的に

     

    当社の採用活動プロジェクトも

    進行中・・・

    (初の採用活動)

     

     

    完全なる

    私自身の力不足&準備不足で

     

    すでに2回

    (どちらも縁故採用)

     

    採用教育がうまく機能せず

     

    人生をお預かりした2名には

     

    大変申し訳ないことをしたが

     

     

    しかし

     

    同じ失敗を繰り返さないために

     

    猛勉強しながら

     

     

    しっかりと

     

    目的を掲げ

    採用教育を進めている

     

     

    私たちが目指す組織は

     

     

    ズバリ

     

    ドラえもん型組織

     

     

    それも・・・

     

     

    アニメ版

    ドラえもん

     

     

    ではなく

     

     

    大長編

    ドラえもん型組織

     

     

    私は子どもの頃

    ドラえもんが大好きだったので

     

     

    のび太の恐竜に始まり

     

    のび太の宇宙開拓史

     

    のび太の大魔境

     

    ・・・

     

    記憶にあるのは

     

    のび太のドラビアンナイト

     

    ぐらいまで

     

     

    お気づきのように

     

     

    大長編では

     

    題名が

     

    「のび太の」

     

    となっているように

     

     

    アニメの

     

    力の強いジャイアン

     

    ずる賢いスネ夫

     

    いつも泣いているのび太

     

    それを助ける

     

    しずかちゃん

    ドラえもん

     

     

    という構図ではない

     

     

    大長編では

    だいたい

     

    仲間を助ける

     

    というストーリーになるのだが

     

     

    のび太が大活躍

     

     

    のび太中心の

    素晴らしいチームとなって

    同じ目的に向かい一つになる

     

     

    私の経験上

     

    今まで勤めた

    会社を見ても

     

    お付き合いさせていただいている

    会社を見ても

     

     

    社風がいいと感じる会社では

     

    使命感を持ち

    価値観の高い

     

    そして

    勇気をもってチャレンジする

     

    大長編ドラえもんの

    のび太のような存在が

     

    輝いている

     

     

    逆に

     

    社風が良くないと感じる会社は

     

    ジャイアンのような

     

    別に価値観は高くないが

     

    力が強く声が大きい

     

    ボスキャラがそのまま

    ボスになっている

     

     

    私自身が

     

    ジャイアンにならないのは

    もちろんのこと

     

     

    のび太のような

     

    人の幸せを願い

    人の不幸を悲しむことができる

     

    そして

     

    自分のためだけではなく

    自分以外の誰かのために

     

    という

    正しい志に向かい

     

    勇気を発揮し

     

    そこに

    周りが共感し

    力を貸す

     

     

    そんな方が

    活躍できる組織をつくる

     

     

    そのために必要なことは

    山ほどあるが

     

     

    まずは「型」をつくる

     

     

    有り難いことに

     

     

    当社には

     

     

    経営計画書という「型」

     

     

    がある

     

     

    その「型」を

     

    私個人ではなく

    組織として活用できるように

     

    ブラッシュアップ!!

     

     

    組織の未来像が

    だんだんと明確になり

     

     

    明るい未来に

    ワクワク・・・

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     家の掃除、洗濯など

     ありがとうございます。


    あなたは最近、大切な方を喜ばせるために何をしましたか?

    0

      お元気さまです。

       

       

      妻のお手伝いをする娘

       

       

      ホスピタリティ力

       

      抜群です(笑)

       

       

      さて

       

       

      先日

       

      今後のことも考え

      採用サイトを作ってみたが

      (まだ運用はしていないが)

       

       

      作ってみて感じるのは

       

      自分が今まで

      採用に対していだいていた

      甘い考えの数々

       

       

      いかに

      浅い考えで

      採用を行ってきたかということ

       

       

      当社では

       

      今年から

      面接の際に

       

      中途採用面接評価シート

       

      というものを

      活用し始めている

       

       

      決して

      上から目線ではなく

       

       

      お互いの未来のために

       

      そして

      その先にあるお客様も見据え

       

       

      10の視点から

       

      当社に合う人財かどうかを

      見極める

       

       

      しかし

       

       

      実際活用してみて

      まだまだ足りない部分が多くある

       

       

      先日読んだ本に

       

      リッツ・カールトンの人財採用システム

       

      QSP

       

      について

      書かれていた

       

       

      リッツ・カールトンでは

       

      応募者の感性を見極めるために

      様々な質問を投げかけるという

       

       

      例えば

       

       

      あなたは最近

      家族(大事な人)を喜ばせるために

      何をしましたか

       

       

      最近どんな本を読みましたか

      いつもどんな本を読んでいますか

      どんな本に感動しましたか

       

       

      私自身

       

      すぐに答えられる自信がない

       

       

      50を超える質問があるのだというが

       

       

      一番の目的は

       

      理念を共有できる素質があるかどうか

       

       

      当社に当てはめるとどうか

       

       

      人を大切にする

      という感性があるかどうか

       

      人の喜びを自分の喜びとできる

      感性があるかどうか

       

      凡事徹底を継続できる

      感性があるかどうか

       

      ・・・

       

       

      経営サポート業

       

       

      つまり

       

      サービス業と

      当社を位置付けている

      のであればなおさら

       

      「感性」

       

      の部分は大切にしたい

       

       

      積極的に採用し

      事業を伸ばす

      経営計画を立てているが

       

       

      だからといって

      安易に人を採用したりはしない

       

       

      リッツ・カールトンでは

       

      10人採用しようとした場合でも

       

      合格者が基準に満たなければ

      絶対に採用することはしない

      という

       

       

      当社にあった人財が来なければ

      来るまで探し続ける

       

       

      採用も

      経営の重要な部分を占める

       

       

      来月は

       

      採用・教育の神髄を学びに

       

      静岡の

      とある会社様の見学へ

       

       

      当社の未来

      そして

      お客様の未来へつながる

       

      多くの学びを得て

       

       

      戻ってきてから

       

      実践し

       

      智恵に変える

       

       

      今からワクワク・・・

       

       

      「人生、今日が初日」

       

       

      文字での真剣勝負

      お付き合いいただき

      ありがとうございます。

       

       

      「一期一会」

       

       

      本日も

      佳き一日をお過ごしくださいませ。

       

       

      鈴木陽介 拝

       

       

      当社の経営計画書を

      3/31までの

      期間限定で販売しております。

       

      ご興味がある方は

      こちらよりご注文ください。

      https://www.running-partners.com/mp2019/

       

      昨年行われた

      経営計画発表会の様子はこちら

      https://www.running-partners.com/plan2019co/

       

       

      このブログへのご感想やご質問は

      下記メールアドレスに

      直接送っていただければ

      拝読いたします。

       

      ※Facebookと連携しておりますが

       Facebookは

       ほとんど見ておりません。

       

      y.suzuki@running-partners.com

       

      人間成長を目指す経営者やリーダーとの

      切磋琢磨の場

      志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

      志陽塾サイト

       

       

      社長の最も重要な仕事は

      経営計画書を創り

      使い続けること

       

       

      社員を大切にしたい経営者様

      こちらよりお問い合わせください。

       

       

      昨日の
       

      一日一感謝

      ・妻

       娘の送り、入浴、寝かしつけ

       ありがとうございます。


      社員とその家族を大切にする経営とは、社員とその家族が同列の経営

      0

        お元気さまです。

         

         

        昨日

         

        車に乗っている途中で

        寝てしまった娘

         

         

        慎重に布団に運び・・・

         

         

        天使の寝顔

         

         

        妻からは

        私の寝顔にそっくり

        と言われているが

         

        天使と悪魔ほどの差がある(笑)

         

         

         

         

         

        さて

         

         

        当社の

        経営理念には

         

        社員とその家族のより良い未来を創る

         

        と明記している

         

         

        その前に

        もちろん

         

         

        自分の家族

         

         

        なのではあるが

         

         

        本日読んだ本に

         

        ドキッとすることが書かれていた

         

        その本の名前は

         

         

        人を大切にする経営学講義

         

         

        人を大切にする経営学会会長

        であり

         

        昨年1月に

        まさに

        人を大切にする経営がテーマの講演を

        聞かせていただいた

         

        坂本光司さんの著書である

         

         

        昨年の講演についてはこちら

        利益はご褒美。誰かの犠牲の上に成り立ってはいけない。

         

         

        そこでは

         

        人を大切にする経営について

        こう書かれている

         

         

        社員だけでなく

        社員の家族を社員と同列

         

        第一に大切にすべき存在として

        位置づけている

         

        社員の家族を

        福利厚生制度を通じて

        その追及・実現するというレベルではなく

         

        社員の家族も企業の仲間、メンバー

        と位置づけ

         

        社員の家族も

        「大切な企業」

        と実感できる経営

         

         

        当社でも

        そのための

        仕組みはいくつかある

         

         

        例えば

         

        休みはそれなりに多い

         

        当社の今年の

        年間休日は123日

         

        土日祝日

        夏休み

        冬休み(年末年始)

         

        そして

        通常の有給休暇

         

        結婚記念日休暇

         

         

        最大で考えると

        年の4割は休む計算になる

         

         

        これは

        ただ単に働き方改革をしているのではなく

         

        家族との時間を大切にするためである

         

         

        実際

         

        私自身

         

        月に一回

        社長休みの日(有給休暇)

        の位置づけの日もつくり

         

        休みと位置付けている日は

        仕事はせず

         

        家族との時間を大切にするように

        努力している

         

         

        次に

         

        結婚記念日休暇

         

         

        結婚記念日は休暇とする

        (前後2週間)

         

         

        ただ

        この目的を見失わないために

         

        「家族と過ごすことが取得の条件」

         

        というのを

        今年から付け加えた

         

         

        私自身

         

        これを経営計画書に明記してから

         

        昨年一昨年と

        結婚記念日休暇を活用し

        家族とディズニーランド

        へ行っている

         

         

        そして

         

        家族の大事な日

        (入学式、卒業式等)を優先する

         

        有給休暇を使い堂々と休む

         

        ただし

         

        周囲への気遣い

        お客様との予定の調整は

        できる限り早めに行う

         

         

        一生に一度しかないかもしれない

        大切な時間

         

        お金でも買うことはできない

         

        だからこそ

        最大限優先してほしい

         

         

        別に威張ることでもないが

        私自身

         

        娘の行事(発表会、保育参観)は

        今のところ

        皆勤賞である

         

         

        なぜ

        これだけ家族を大切にするように

        努力しているのか

         

         

        家族を愛している

        (面と向かっては言えないが(笑))

         

        ということはもちろんのこと

         

         

        社員(未来の社員を含む)の見本として

        経営者である私が率先して

        理念に沿って行動する

         

         

        さらに重要なのは

         

         

        人間力を磨く

         

         

        家族と過ごし

        家族を大切にする

         

         

        ということが

         

        一番の人間力を高める修行である

        (もちろんポジティブな意味で)

         

         

        お互いが成長できる

        最高の

        切磋琢磨の場

         

        と言いかえてもいいかもしれない

         

         

        私自身

        弱い人間のため

        意識していないと

         

        すぐに家族よりも自分を優先してしまう

         

         

        そんな

        エゴと日々闘いながら

        修行中

         

         

         

        本日(木曜日)は

         

        6時からの

        某団体の

        モーニングセミナーへ

         

        なぜか

        朝が強い

        というイメージになっている私だが

         

         

        朝の時間を有効活用しているだけで

        朝に強いわけではない

         

         

        これも完全に修行

         

        心身整えて

         

        いってきます。

         

         

        終わったら

        すぐに家に戻り

        家族で朝食!!

         

         

        「人生、今日が初日」

         

        ブログを読んでいただき

        ありがとうございます。

         

        本日も

        佳き一日をお過ごしくださいませ。

         

         

        鈴木陽介 拝

         

         

        このブログへのご感想やご質問は

        こちらに送っていただければ

        直接鈴木陽介へ届きます。

         

        y.suzuki@running-partners.com

         

        人間成長を目指す経営者やリーダーとの

        切磋琢磨の場

        志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

        志陽塾サイト

         

         

        社長の最も重要な仕事は

        経営計画書を創り

        使い続けること

         

         

        社員を大切にしたい経営者様

        こちらよりお問い合わせください。

         

         

        昨日の
         

        一日一感謝

        ・妻

         家の掃除

         ありがとうございます。

        ・とある方

         お時間をとっていただき

         ありがとうございます。

         

        一日一愛家族

        ・娘の迎え


        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        recent comment

        search this site.