不完全の中で、本気で社員と向き合う

0

    お元気さまです。

     

     

    ずっと

     

    家の中で療養中のため

     

    暇な娘・・・

     

    家にて

     

    プリキュアショー開演(笑)

     

    観客は

     

    素直な

     

    妻と

     

    ひねくれている

     

    私・・・(笑)

     

     

     

    さて

     

     

    先月より

     

    採用活動を細々と開始

     

     

    indeedのみの募集で

     

    予想通り

     

    週に1人程度

    ご応募いただいているので

     

    無理なく

    進めることができている

     

     

    この

     

    採用活動

     

     

    まだ本格的に開始していない理由は

     

     

    現在

     

    東京にて

    4月から4ヵ月間

     

     

    採用教育について

    本格的に学んでいる最中のため

     

     

    採用教育を学び始めて

    思うことは

     

    私が

     

    いかに

    何も知らない状態で

    採用していたのか・・・

     

     

    今振り返ってみると

     

    本当に

    恐ろしくなる

     

     

    講師のSさんは

     

    著書の中でこんなことを述べている

     

     

    それは

     

    262の法則について

     

    簡単に説明すると

    262の法則は

     

    別名

     

    働きアリ(ハチ)の法則

     

     

    集団の中で

     

    よく働くアリが2割

    普通に働くアリが6割

    働きが悪いアリが2割

     

     

    Sさんはこれを

     

    「働き」

     

    という部分ではなく

     

    別の角度

     

    「自己実現」からとらえ

     

     

    人々が集団を構成した場合

     

     

    上位2割が自己実現を望み

    成功パターンが習慣化されている人

     

     

    中位6割が

    成功パターンが少なく

    誰かの影響によって

    どちらにも振れてしまう人

     

     

    下位2割が

    惰性が習慣化されてしまっている人

     

     

    である

     

     

    そして

     

     

    中小企業の場合

     

    上位に該当する人は

    2割もいない

     

     

    だから

     

    中小企業は

    中位6割の素直な人を採用し

     

    時間をかけて根気強く育てるのが

    一番近道

     

     

    だという

     

     

    講義を聴いて

     

    さらに

     

    付け加えるなら

     

    中位6割の素直な人で

    我が社の組織戦略に合致する人

     

     

    どんな

    志・理念を持って

     

    どんなビジョンを実現するために

     

    どんな戦略で・・・

     

     

    理念や戦略ありきで

     

    だから

    どんな組織が必要で

     

    こんな人を採用したい

     

     

    ということ

     

     

    ただし

     

    採用して

     

    教育へ向かう中で

     

    何もかも完璧を求めてはいけない

     

     

    先日

    Sさんがおっしゃった言葉で

     

    一番印象に残った言葉がこれ

     

     

    不完全な環境で

     

    不完全な自分のまま

     

    本気で社員と向き合う

     

     

    状況は

     

    いつまでたっても完全になることはない

     

     

    しかし

     

    自分が本気になることは

     

    いつだってできる

     

     

    まずは

     

    中途半端ではなく

     

    何もかも本気で向き合う

     

     

     

    最後に・・・

     

     

    余談ですが

     

    本日は

     

    私が

    小学生の頃から大ファンの

     

    ZARDこと坂井泉水さんの命日

     

    2007年に40歳で亡くなった坂井泉水さん

     

     

    もう少しで

     

    坂井さんが亡くなった年齢に追いつく私

     

    不思議な感覚

     

     

    これについては

     

    また別のブログで・・・

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・家族

     ほんわか休日

     ありがとうございます。

    ・新渡戸様

     お休みにデータを送っていただき

     ありがとうございます。

    ・大崎様

     娘の病気を心配していただき

     ありがとうございます。


    「うちの」基準はこうです。と言えますか??

    0

      お元気さまです。

       

       

       

      家を出るとき

      (5時半)

       

      爆睡

       

       

      合間に

       

      妻が

      妻の実家から送ってくれた

      写真

       

       

      手巻き寿司!!

       

       

      夜帰ってきたら

      (21時半)

       

      妻の実家が

      よほど楽しかったようで

       

      爆睡・・・

       

       

      昨日は

       

      起きてる娘に会っていない・・・(^-^;

       

       

      今日は

       

      2日分の愛情を注ごう!!

       

      ↑愛家族アピール(笑)

       

       

      さて

       

       

      昨日は

       

       

      恒例の

      始発の新幹線で

       

      東京へ修行の旅

       

       

      10時〜17時まで

       

       

      サラリーマンの聖地(笑)

       

      新橋で

       

      採用・教育について学ぶ

       

       

      ランチも

       

      終了後もプチ延長戦で

       

      同志と語る

       

       

      大変学びの多い

      有意義な一日だった

       

       

      昨日のテーマは

       

      採用後の価値観教育

       

       

      私自身過去を振り返ってみると

       

       

      当社の(私の)

       

      採用も間違いだらけ

       

      教育も間違いだらけ

       

      教育に至っては

       

      もう笑えるぐらいの

      NGワードを連発していた私・・・

       

       

      終了後に

       

      いつも学びをいただいている

       

      同志のKさんが

       

       

      今日学んだ内容って

       

      一言でまとめると

       

      山本五十六だよね

       

       

      ご存知であろう

       

       

      やってみせ

      言って聞かせて

      させてみせ

       

      ほめてやらねば

      人は動かじ

       

      話し合い

      耳を傾け

      承認し

       

      任せてやらねば

      人は育たず

       

      やっている

      姿を感謝で見守って

       

      信頼せねば

      人は実らず

       

       

      もちろん

       

      これは大枠ではあるが

       

       

      採用教育で大きな成果を上げている

      講師の会社が

       

      30年、採用教育に取り組んで

      導き出した答えは

       

      やはり、原理原則

       

       

      私自身

       

      昨日の講義の中で

      一番印象的だったのは

       

       

      「うちの」

       

       

      というフレーズ

       

       

      新人への価値観教育の中で

      何度も何度も何度も何度も・・・

       

       

      「うちの」価値観は・・・

       

      「うちの」組織が大事にしていることは・・・

       

      「うちの」ルールは・・・

       

      「うちの」身だしなみ基準は・・・

       

      「うちの」評価は・・・

       

       

      「世間一般の」

       

       

      ではなく

       

      我が社が求めている価値観を伝える

       

       

       

      私が今まで働いてきた中小企業で

       

      外部の

      新入社員研修に

      参加させていただいたり

       

      教育担当がついて

       

      色々と丁寧に

      仕事を教えていただいた経験はあるが

       

       

      私の記憶を

      呼び起こした限りでは

       

       

      「うちの」基準

      「我が社の」基準

       

       

      が明確にある会社はなかった

       

       

      世間一般

      本人任せ

       

       

      これは

       

      人によって大きなズレがあるから

       

      時間の経過とともに

      コミュニケーションギャップが起きる

       

       

      重要なのは

       

      どこの部署にいても変わらない

       

      上司が誰であっても変わらない

       

       

      「うちの」基準

       

       

      これ以外にも

       

      大きな学びばかりの昨日

       

       

      しかし

       

      これを参考にとどめるのではなく

       

      実行

       

      そして

       

      進化させながら続行へ!

       

       

       

      「人生、今日が初日」

       

       

      本日も

      佳き一日をお過ごしくださいませ。

       

       

      鈴木陽介 拝

       

       

      人間成長を目指す経営者やリーダーとの

      切磋琢磨の場

      志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

      志陽塾サイト

       

       

      社長の最も重要な仕事は

      経営計画書を創り

      使い続けること

       

       

      社員を大切にしたい経営者様

      こちらよりお問い合わせください。

       

       

      昨日の
       

      一日一感謝

      ・妻

       家庭を守っていただき

       ありがとうございます。

      ・鈴木様、関様、鈴木様、久野様

       引き込まれるような講義

       貴重な学びを

       ありがとうございます。

      ・岩渕様、橋本様、原様、加藤様

       貴重な情報交換

       ありがとうございます。

      ・加藤様

       新橋での有意義なひと時

       そして

       新橋のガード下でごちそういただき

       ありがとうございます。


      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      recent comment

      search this site.