「型」とは「成長の見える化」である

0

    お元気さまです。

     

     

    私の毎朝の日課

     

    応接室にある

     

    日めくりカレンダーを

    めくってくれる娘

     

     

    昨日の言葉の一つは

     

     

    「働ける、それだけでありがたい」

     

     

    娘には

    まだまだわからないだろうなぁ・・・笑

     

     

     

    さて

     

    本日より

     

    社員(パートナー)の入社

     

     

    まずは

     

    最初の2週間は

     

    経営計画書とマニュアルを使っての

     

    価値観と当たり前基準の統一を図る

     

     

    先日

    講師をさせていただいた

    社員勉強会でも意見が出てきたが

     

     

    マニュアルを・・・

    ルールを決めて・・・

     

     

    という言葉が出ると

     

     

    すぐに

     

    サービス業で

     

    マニュアルだと

    お客様に合わせた臨機応変な対応ができない

     

    ・・・

     

    などという反対意見が出るが

     

    私に言わせれば

    それ以前の問題だ

     

     

    まずは

     

    当たり前の基準を合わせる

     

     

    世の中の会社を

    色々と比べてみればよくわかるが

     

    当たり前の基準は

    会社によって大きく異なるし

     

     

    例えば

     

    電話応対の経験がある

     

     

    じゃあ普通に任せられるよね

     

    にはならない

     

     

    「うちが期待する基準」

     

    で合わせることが大事なのだ

     

     

    そして

     

    さらに重要なのは

     

    マニュアルやルールは

    人を縛るためではない

     

    ということ

     

     

    マニュアルやルールがあることによって

     

     

    仕事ができるようになる

     

    という成長の過程が見える化されるからだ

     

     

    ある方が言った

     

     

    仕事でのモチベーションは

    仕事ができるようになることでしか

    上げることはできない

     

     

    マニュアルやルールがあるからこそ

     

    「仕事ができるようになった」

     

    という成長が目に見えてわかるのだ

     

    これこそが

     

    自己実現を可能とする

     

     

    付け加えるならば

     

    ある心理学者の実験によれば

     

     

    「自由に何かを作ってください」

     

    というよりも

     

    「このような部品を使って

     このようなものを作ってください」

     

    と脳に制約を与えた方が

    創造的な発明が増加する

     

    という

     

     

    そう考えると

     

    やはり「型」は重要だ

     

     

    一点あるとすれば

     

    弊社では

     

    経営計画書の

    環境整備に関する方針の中に

     

    「創造力の前に想像力」

     

    という1文を入れている

     

     

    創造力を発揮する前に

     

    当たり前のことに気づける人間になろう

     

    ということだ

     

     

    まずは

     

    「凡事継続」

     

     

    本日は週初め

     

    環境整備からスタート!!

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日を!

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    「人生、今日が初日」

    「一期一会」

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    人を大切にする経営を目指されたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    ・家族

     経営計画書の作成に

     協力していただき

     ありがとうございます。

     買い物に付き合ってくれて

     ありがとうございます。


    経営者は社員を信じる、でも引きずられてはいけない

    0

      お元気さまです。

       

      一昨夜

       

      一晩中

      叫びながら

       

      夢の中で何かと闘い続ける娘

       

      プリキュアのDVDの影響だな・・・

       

       

      寝ぼけながら

       

      私のお腹をキック!!

       

      全然眠れず・・・(私が)

       

       

      翌朝

       

      娘と妻は水曜は休みなので

      ぐっすり・・・

       

       

      さて

       

      ここ最近

       

      いや

       

      ここずっと

       

      人(社員)の悩みを抱えている

      お客様が多い

       

      私自身

       

      課題意識の中で

       

      「採用教育」

       

      ならぬ

       

      「採用成長支援」

       

      という枠組みを意識していたせいか

       

      同業者やお客様以外からも

      色々とお話を伺う機会が多い

       

       

      私自身も

       

      過去に

       

      眠れなくなるほど

      人で悩んだことは山ほどあるが

       

       

      先日

       

      30万円の塾で

      講師からいただいたアドバイスが

       

      いい社風の会社を創っている経営者に

      共通する部分があり

       

      大変腑に落ちた内容だったので

      自分なりの解釈を加えてご紹介

       

       

      それは

       

      社員の成長を信じる

       

      という部分のこと・・・

       

       

      「人は変われるを証明する」

       

      というRIZAPの理念ではないが

       

       

      経営者であり

       

      社員の成長を願う限り

       

      人は自己実現欲求

      (成長したい、社会貢献したい)

       

      が必ずあると信じ切ることが大切だ

       

       

      それは

       

      当社の使命感でもある

       

      「人を大切にする経営」で

      日本中の中小企業を元気にする

       

       

      人を大切にする

       

       

      お互いが成長する

       

       

      というつながりにも含まれているし


      私自身

      大事にしている

       

       

      しかし

       

      それと同時に重要なのは

       

      安楽欲求

      (自分を守りたい、楽したいなどの本能的な欲求)

       

      が高い社員を深追いしない

       

      (以下「安楽社員」)

       

      ということだ

       

       

       

      例えば


      安楽社員がいたとして

       

      経営者として

      本気で覚悟を持って接すると

       

      いずれその社員は

       


      ・自己実現に目覚め、変わる覚悟をするか

       

      ・会社を去っていくか

       

       

      このどちらかを

      選択しないといけなくなる

       

       

      「今さら変われるかよ」

      「無理無理・・・」

      「社長の言うこと聞けるかよ!」

       

      という社員は、

       

      すでにダースベーダ―

      (悪い状態で周りの声が聞こえなくなる)

      になってしまっているので

       

      「今の人間関係」

       

      の悪いループから逃れらなければ

       

      去っていくしかなくなる

       

       

      つまり


      その社員は

      転職という選択肢を取る

       

       

      ただ

       

      ここで

      素晴らしいのは

       

      その社員は

      人間関係が変わることで

      またリセットできるということだ

       

       

      もし

       

      その社員がうまく転職できたのであれば

       

      今までの人間関係をリセットして

       

      「新しい人間関係」の中で

      新しい社長と

      もう一度関係性を築けばいいのだ

       

       

      そのほうが

       

      その安楽社員は

       

      自己実現欲求がでやすいし

      幸せになれる可能性も広がる

       

       

      経営者も人

       

      スーパーマンでも

      全知全能の神ではない!

       

       

      人間関係の悪いループを

      抜け出すことに力を注ぎすぎるのは

       

      特に私は弱いので

       

      長続きすると正直しんどい

       

       

      そして何よりも危険なのは

       

      社内の人間関係に目を奪われていると

       

      社長は外を向けなくなる

       

      つまり

      お客様への価値創造に

      視点が向かなくなる

       

       

      これは

       

      私の経験上

       

      社内の人間関係に悩んでいる

      経営者とお話をすると

       

      よくわかる

       

       

      そういう私も

      同じ経験をしたことがあるので

       

      身にしみてわかる

       


      これは会社にとっては

      相当なリスクだ

       

       

      もちろん

       

      会社は

      人と人との真剣勝負

       

      しかし


      私たちは経営者であって

      カウンセラーではない

       


      なので

       

      安楽社員が覚悟を決めて

       

      もし「辞める」という選択肢を取ったら

       

      諦める

       

       

      一番いけないのは

       

      安楽社員の行動を指摘せずに

      放置すること

       

      私の実感では

      結構

      これをやってしまっている経営者は多い

       


      その瞬間に

      理念経営は無残に崩れ去る


      どんなに立派な

      経営計画書を創ったとしても

       

      どんなに立派な

      経営計画発表会を開催したとしても

       

      ガラガラと音を立てて崩れ去る・・・

       


      そうなるとどうなるか

       

      自己実現欲求が発動されている

      いい社員から辞めていく

       

       

      これは
      絶対に避けなければいけない

       

       

      ということ

       

       

      最後に

       

       

      ここまで

      言っておきながら

       

       

      結局は

       

      あんたが悪いのだよ

      経営者よ

       

      by エステー会長 鈴木 喬

       

       

      経営者こそ

       

      日々勉強

      日々反省

      日々改善

       

      自分への戒めを込めて

       

       

      それでは

       

      本日も

      佳き一日を!

       

       

      鈴木陽介 拝

       

       

      「人生、今日が初日」

      「一期一会」

       

       

      人間成長を目指す経営者やリーダーとの

      切磋琢磨の場

      志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

      志陽塾サイト

       

       

      社長の最も重要な仕事は

      経営計画書を創り

      使い続けること

       

       

      人を大切にする経営を目指されたい経営者様

      こちらよりお問い合わせください。

       

       

      ・妻

       家事など

       いつもありがとうございます。

      ・小友様、高橋様

       貴重なお時間を頂戴し

       ありがとうございます。

      ・馬場様、馬場様

       貴重なお時間を共有していただき

       ありがとうございます。

       美味しいニンジン

       ありがとうございます。


      社員教育は寄り添うこと、背中ではなく真正面で向き合う

      0

        お元気さまです。

         

        昨日も

         

        朝から夜中まで

         

        経営計画を作成・・・

         

        ここ数日は家族と会えていない( 一一)

         

        それでも

         

        花巻でしっかり楽しんでいるようで・・・

         

         

        妻に感謝!!

         

         

         

        昨日

         

        経営計画書を作成しながら

         

        一日中

         

        同じ課題を持つ様々な方と

        採用教育について語った

         

         

        結局は

         

        テクニック的なものではなく

         

        いかに寄り添い

         

        時間をかけ

         

        社員のために心を砕くか

         

         

        子育ても同じだな〜

         

        と感じながら

         

         

         

        人生の優先順位として

        大切にしているのは

         

        娘と(もちろん妻も)

        いかに「一緒にいる時間」を増やすか

         

        私の価値観としては

         

        背中を見せるのではなく

         

        正面を見せ

         

        とにかく

        近くで寄り添いたい

         

        ・・・と言いつつ

         

        今までで最長の

         

        4泊5日成長の旅

         

        帰ったらしっかりと

        時間をとって

        いつも以上に濃い時間を過ごそう・・・

         

         

        社員との接し方について考えながら

         

        子育てについても考え

         

        子ども時代には気づくことができなかった

         

        親が子どもに抱く愛を実感し・・・

        (私も親になったな・・・笑)

         

         

        それにしても

         

        経営計画書を作成する合宿のはずなのに

         

        なぜか

         

        足が筋肉痛・・・

         

        脳が筋肉痛になるならわかるが・・・(笑)

         

        なぜだろう・・・

         

         

        昨日

         

        同志に(強制的に)誘われ

        朝5時からジョギング・・・

         

        そして、今日も!!!

         

         

        家族よ・・・

         

        リバウンドした

        お父さんは

         

        頑張って健康になります(笑)

         

        それでは

         

        本日も

        佳き一日を!

         

         

        鈴木陽介 拝

         

         

        「人生、今日が初日」

         

         

        ルール1

         

        原理原則を理解してやり続けること

         

        ルール2

         

        ルール1を絶対に忘れないこと

         

         

        人間成長を目指す経営者やリーダーとの

        切磋琢磨の場

        志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

        志陽塾サイト

         

         

        社長の最も重要な仕事は

        経営計画書を創り

        使い続けること

         

         

        人を大切にする経営を目指されたい経営者様

        こちらよりお問い合わせください。

         

         

         

        ・家族

         長期出張させていただき

         ありがとうございます。

        ・妻

         娘と楽しい休日

         ありがとうございます。

        ・飯島様、酒井様、川名様、佐奈様、濱崎様

         佐藤様、西澤様、梅原様、西木様

         連日成長をサポートしていただき

         ありがとうございます。

        ・同志の皆様

         最高の学びを

         ありがとうございます。


        社長の独りよがり経営になっていないか!?

        0

          お元気さまです。

           

          昨日も・・・

           

          娘とLINE電話で

          コミュニケーション

           

          東京生活

          2日目

           

          娘も私も元気!!

           

          まだまだ乗り切れそうです(笑)

           

           

          さて

           

          ここ数ヵ月

           

          いまさらながら

           

          採用教育について

          相当学びと実践を繰り返している

           

           

          採用面接の内容についても

          毎回(恐らく)進化している

           

           

          先日

           

          一次試験&面接をさせていただいた方に

           

          二次面接以降に進むにあたって

          お伝えしたことがある

           

          (一次面接の前に伝えればよかったと反省)

           

           

          面接では

           

          私たちが○○さんを

          一方的に判断しているのではなくて

           

          ○○さんも

          私たちの会社に人生を委ねる価値があるかどうか

          しっかりと評価してください。

           

           

          という趣旨のこと

           

           

          私自身がそうだが

           

          会社は人生の中で大きな部分を占めている


           

          会社のメンバーは

           

          もしかしたら

           

          家族と同じぐらい

          (それ以上に??)

           

          人生の時間を

          共に過ごすことになるかもしれない仲間だ

           

          会社での出来事を

          そのまま家に帰ってからも引きずり・・・

           

          なんてことも山ほどあるわけで

           

           

          そう考えると

          結婚相手を考えるときのように

           

          お互いがしっかりと納得したうえで

          入社していただくのが

           

          正しい方法だと感じる

           

           

          もし私たち会社側が

           

          「採用したい」

           

          と思える人財だったとしても

           

          その人財がわが社を価値がない

           

          と判断するのであれば

           

           

          それはそれで

          大いなる反省をもって

           

          「選んでいただける会社」

           

          になるように頑張るだけだ

           

           

          求職者に

          二次面接についてお伝えする電話の中で

           

          かなりドキドキしながら(笑)

           

          初めて上記の言葉を伝えた私

           

           

          そう伝えてみると

           

          なんとも

          いい覚悟が定まって

           

          より一層

           

          経営者として

          社員とその家族を大切にする

           

          という想いが強まった

           

           

          社長目線で

           

          社員とその家族を大切に「する」

           

          というのは

          もちろんスタートとしては重要だが

           

          社員とその家族が

          大切に「されていると実感」しなければ

           

           

          ただの

           

          独りよがり・・・

           

           

          社長の独りよがり経営にならないように

           

          しっかりと

          自分と向き合えているかどうか・・・

           

           

          家庭でも同じように

           

          独りよがり結婚生活

          独りよがり子育て

           

          になっていないかどうか・・・

           

          (-_-;)

           

          大いなる反省を込めて・・・

           

           

          さてさて

           

          本日は

           

          5時待ち合わせで

           

          同志と朝からジョギング・・・

           

          これぞ

           

          「大人の青春」

           

          ( ゚Д゚)

           

           

          それでは

           

          本日も

          佳き一日を!

           

           

          鈴木陽介 拝

           

           

          「人生、今日が初日」

           

           

          ルール1

           

          原理原則を理解してやり続けること

           

          ルール2

           

          ルール1を絶対に忘れないこと

           

           

          人間成長を目指す経営者やリーダーとの

          切磋琢磨の場

          志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

          志陽塾サイト

           

           

          社長の最も重要な仕事は

          経営計画書を創り

          使い続けること

           

           

          人を大切にする経営を目指されたい経営者様

          こちらよりお問い合わせください。

           

           

          昨日の

          一日一感謝

           

          ・家族

           出張させていただき

           ありがとうございます。

          ・妻

           出張の間

           家庭を守っていただき

           ありがとうございます。

          ・飯島様、酒井様、川名様、佐奈様、濱崎様

           佐藤様、西澤様、梅原様、西木様

           成長をサポートしていただき

           ありがとうございます。

          ・同志の皆様

           素晴らしい時間を

           一緒に過ごすことができ最高です!

           ありがとうございます。

          ・弘中様、竹内様、吉田様、工藤様

           名刺交換していただき

           ありがとうございます。

           新たな良縁に感謝です。


          「いい人はいないか?」の前に「うちはいい会社なのか??」

          0

            お元気さまです。

             

            昨日は

             

            咳が良くならない娘を病院へ・・・

             

            台風明けということもあり

            病院は大混雑

             

            座る場所がないので

            私は車で待機しながら

             

            京セラフィロソフィを・・・笑

             

             

            妻曰く

             

            先生が若干不機嫌だったそうです(;'∀')

             

             

            さて

             

            一昨日深夜の台風

             

             

            我が家(我が社)では

             

            直接的な被害はなかったものの

             

            深夜に

             

            「ドスン!!」

             

            というすごい音が・・・

             

             

            朝見てみると

             

            お隣さんが外に置いている棚が

             

            風で倒れ

             

            植木鉢やら工具やらが散らばっていた

             

            我が家にはギリギリ当たらず

             

            セーフ!!

             

             

            さらに

             

            家の前の公園にある

            イチョウの木から

             

            大量の葉が飛んできたり

            イチョウの実がほとんど落ちていたり

             

             

            夜中のすごい風の音

             

            娘の夜泣き

            (怖かったのかな)

             

            鳴りやまない

            救急車と消防車のサイレン

            (我が家は消防署の近く)

             

            何度か起きて寝付けなくなった私

             

             

            夜中の12時に目覚め

             

            そこから朝まで

             

            経営計画書と向き合ったり

             

            大阪の同志が今月初めにおこなった

            経営計画発表会の動画を見たり

             

             

            いつの間にか朝になり

             

            久しぶりに徹夜した(;'∀')

             

             

            大阪の同志の経営計画発表会は

             

            社員さんへの感謝と

            お互いに成長していこう

             

            という代表のNさんの想いが

            画面越しに伝わり

             

            感動的なものに・・・

             

             

            そんな私は

             

            現在採用活動の真っ最中

             

             

            媒体を絞ってはいるが

             

            ありがたいことに

            コンスタントにご応募いただいている

             

             

            ここで言うのもなんだが

             

             

            我が社の採用基準は

             

            恐らく

             

            岩手の中小企業の中でも

            相当しっかりしている部類に入る

             

             

            「厳しい」という表現が

             

            正しいかどうかはわからないが

             

             

            私なりの

             

            今までの採用経験を基に

             

            かなりの時間をかけて

            ブラッシュアップ

             

             

            できる限りの勉強や見学

            (もちろんお金をかけて)

             

            また

             

            多くの方から知恵をお借りし

             

            採用基準をしっかりと定めながら

             

            進んでいる

             

             

            1月に講演を聞き

            少々お話もさせていただいた

             

            日本レーザーの

            近藤社長は

             

             

            「生涯雇用」を方針にしている以上

             

            「採用は命がけ」で行う

             

             

            と明言している

             

            この言葉は経営計画書に追加済

             

             

            私も

             

            今となっては

            この考えには心底うなずける

             

             

            採用活動をしていると

             

            様々な応募があるが

             

             

            我が社に応募してくる方が

            一番反応を示されるのが

             

            「未経験でも大丈夫」

             

            「充実した教育環境があります」

             

            という部分

             

             

            いくら

             

            未経験でも大丈夫

             

            充実した教育環境がある

             

             

            といっても

            やはり適性というものはある

             

             

            私自身

             

            始めて花巻にきて職を探すときも

             

            転職をするときも

             

            「今の自分にできること」

             

            を棚卸し

             

            しっかりと向き合い

            相当数の求人を見た

             

             

            こんな仕事につきたいけど

            なかなかない

             

            あっても受からない!!

             

             

            という求職者の方へ

             

             

            あなたは

             

            何かその仕事に関連することで

            自分が動けることを一つでもしているだろうか

             

             

            例えば

             

            その会社のHPを見たり

            その仕事を調べたり

            同じ業界を調べたり

             

            代表(私)の

            ねじ曲がった性格について

            ブログを読んだり(笑)

             

            ・・・

             

             

            私が以前転職した際

             

            のちに

            受かった事務所の先輩から

             

            すでに20名以上面接したけど

            なかなかいい人がおらず

            受かったのが私だ

             

            という趣旨のことを聞いた

             

             

            恐らく私は

             

            それまで応募したほかの誰よりも

             

            その仕事

            その会社で働くために

             

            「動いた」

             

             

            新しいことに

            チャレンジしたいから応募する

             

             

            それも一つの「行動」ではあるので

             

            いいとは思うのだが

             

             

             

            履歴書を見る限り

             

            今現在

             

            転職活動以外は

            何も動いておらず

             

            でも

            充実した教育制度があるから大丈夫

             

            と感じるのはいささか甘い

             

             

            私たちは

             

            プロのビジネス選手

             

             

            人柄はもちろん大切にしているが

             

            「人柄だけ」

             

            では採用しない

             

             

            まだまだ

             

            我が社の

            採用基準については様々あるが

             

            本日はこの辺で・・・

             

             

            これだけ言っておきながら

             

            採用活動をするからには

             

            前提として

             

             

            「誰かいい人はいないか??」

             

            の前に

             

            「うちはいい会社なのか??」

             

             

            この問いには

             

            経営者である限り

            永遠に向き合っていく

             

            経営計画書に追加済

             

             

            それでは

             

            本日も

            佳き一日を!

             

             

            鈴木陽介 拝

             

             

            「人生、今日が初日」

             

             

            ルール1

             

            原理原則を理解してやり続けること

             

            ルール2

             

            ルール1を絶対に忘れないこと

             

             

            人間成長を目指す経営者やリーダーとの

            切磋琢磨の場

            志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

            志陽塾サイト

             

             

            社長の最も重要な仕事は

            経営計画書を創り

            使い続けること

             

             

            社員を大切にしたい経営者様

            こちらよりお問い合わせください。

             

             

            昨日の

            一日一感謝

             

            ・家族

             娘と遊んでいただき

             ありがとうございます。

            ・Nさん

             素晴らしい経営計画発表会

             共有していただき

             ありがとうございます。


            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << December 2019 >>

            recent comment

            search this site.