原石を見つけるため、泥にまみれ、探し続ける

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日は

     

    家族でぶどう狩りに・・・

     

     

    娘が採ってくれた

    (採らせた!?)

     

     

    ぶどうを食べる!

     

    (美味しい・・・)

     

     

    ぶどう狩りの

    ルールとして

     

    採ったぶどうは食べなければいけない

     

    そして

     

    残ったら買取り(100g 100円)

     

     

    つまり

     

    最初の

     

    ぶどうの選び方がめちゃめちゃ大事!!

     

     

    さて

     

    一昨日参加した

     

    マザーハウスのサンクスイベント

     

     

    いつも

     

    マザーハウスの店舗で買い物をしたり

    イベントに参加すると感じるのが

     

    働いている方の雰囲気がとてもよく

    社風がめちゃめちゃいい

     

     

    一昨日も

     

    昨年のイベントで

    少しだけお話した社員のHさんが

     

    私のことを見かけ

    声をかけてくれたし

    (商品を選ぶお手伝いもしてくれた)

     

    ブックカバーを選んでいたのだが

     

    迷ったら鏡の前で見る!

     

    のがいいそうで。。。

     

    自分に似合う

    いい色のブックカバーが選べました☆

     

    (・_・D フムフム・・・

     

     

    以前

     

    店舗でも

     

    スタッフさんと

    マザーハウスの理念について

    色々と語ったり(笑)

     

     

    それは

     

    採用がいいのか

     

    教育がいいのか・・・

     

     

    色々とお話を伺うと

     

    もちろんその両方だと思うのだが

     

     

    まずは

     

    スタートは

     

    採用だと私は感じる

     

     

    今回

    マザーハウスが

     

    ミャンマーの

    ルビーを使った新作を出したのだが

     

     

    百貨店に並ぶような

     

    均一にカットされたものではなく

     

    素材の形を活かした

    魅力的な商品だ

     

     

    代表の山口さんは

     

    現地に行き

     

    ルビーの採掘現場へ行ったそうだが

     

    泥まみれになって探しても

     

    もちろん

     

    ルビーの原石は

    そう簡単に見つかるものではない

     

    ようで・・・

     

     

    一緒に登壇されていた

     

    今回マザーハウスと

    タッグを組んだ

     

    ミャンマーで唯一

    日本人でルビー採掘権を持つ

    森さんは

     

    売り場で少し

    お話をさせていただいたが

     

    ルビーに対する

    情熱が半端ない

     

    大変熱い方で・・・

     

     

    宝石ルビーの価値は

     

    原石のときにすでに決まっている

     

    とおっしゃっている

    (過去のブログより)

     

     

    採用に置きかえるなら

     

    我が社にとっての原石の見極め

     

    つまり

     

    まずは

     

    最初の

    採用がめちゃくちゃ大事

     

    だということ

     

     

    今年は

     

    採用教育について

    多くの時間をかけている一年だが

     

     

    たくさんの方とお会いするたびに

     

    毎回

     

    採用についてネチネチ聞いている私が

    一番感じたのは

     

    いくら

     

    人材難・人材不足と言われている

    とはいえ

     

    業種も規模も地域も超え

     

    例外なく

     

    人が集まる企業はあるということ

     

    採用に成功している企業はある

     

    ということ

     

     

    そして

     

    そのような企業は

     

    こちらも例外なく

     

    採用に対して

    めちゃくちゃ本気で取り組んでいる

     

    ということ

     

     

    市場には

     

    自社とライバルとお客様

     

    しかいない

     

    という言葉があるが

     

     

    市場には

     

    自社とライバルと求職者

     

    しかいない

     

     

    その市場で

     

    ライバルと競争しながら

     

    人財を見つけ

    その人財に我が社を選んでいただくのが

     

    採用活動だ

     

     

    上述の森さんは

     

    いい原石を一つダメにする度に

     

    会社が傾いた・・・

     

    ともおっしゃっているが

     

     

    もちろん

     

    採用と離職を繰り返してしまい

     

    人材赤字になるようではダメなので・・・

     

    一般的には

    5年は勤めてもらえなければ

    その方にかけた時間や費用を取り戻せない

    と言われている

     

     

    そういう意味では

     

    我が社は今まで

    大幅な人材赤字

     

    すべては私の責任である

     

     

    現在

     

    ファーストリテイリングの

    柳井正さんの

     

    「一勝九敗」

     

    を読んでいるが

     

     

    成功は失敗とセットである

     

    そして

     

    失敗は決してムダなことではなく

     

    失敗から学ばないことが最も失敗だ

     

     

    失敗に学び

    より良い会社へ一歩近づく

     

    という決意を胸に・・・

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

    一日一感謝

     

    ・家族

     ワクワクするぶどう狩りの時間

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    recent comment

    search this site.