目の前の仕事すべてが社会貢献である

0

    お元気さまです。

     

     

    熱が下がらず

    妻の実家にお世話になる娘

     

    妻の両親にはいつも感謝

     

    ありがとうございます。

     

    夜に妻が迎えに行き

    帰宅した娘

     

    車で眠り・・・

     

    そのまま布団へ

     

    娘を見守っていると

     

    一瞬目を開け

    私を確認すると

     

    笑顔で

     

    「パパ・・・」

     

    一日が報われる最高の一瞬!!

     

     

    さて

     

     

    先日

     

    とある方に

     

    「鈴木さん

     もっと社会貢献をすればいいのに」

     

    という趣旨のことを

    言われた

     

     

    その言葉は

     

    自分の中でしっかりと受け止めながら

     

     

    心の中にはこんな想いがある

     

     

    これは

    メンターからいただいた言葉だが

     

     

    私は

     

    目の前の仕事全て社会貢献

     

    だと思って

    仕事をしている

     

     

    一隅を照らす

     

    という言葉があるが

     

    どんな小さなことに思える仕事でも

    社会を照らす重要な仕事

     

    だという意識を持つように

    努めている

     

     

    先日読んだ

     

    マザーハウスの山口さんの

    Third Wayにも同じことが書かれていた

     

    どんな企業にも社会性はある

     

    どんな企業だって

     

    人を雇って

    その社員本人や家族を支えているだけで

     

    あるいは

    税金を払って地域や国の運営を

    手助けしているだけで

     

    「社会性」はある

     

    どんな仕事でも

    世界の一部に何らかの貢献をしている。

     

     

    もっと言うなら

     

    人を雇わなくても

     

    自分や家族を支えているだけで

    十分社会性はある

     

     

    松下幸之助さんがおっしゃる

     

    企業は

    本業を通じて社会貢献をする

     

    そして

     

    その結果出た利益は

    社会に貢献したことの証である

     

     

    さらには

     

    多くの利益が与えられたということは

    その利益を使ってさらに社会に貢献せよ

    という天の声だ

     

     

    という経営哲学

     

     

    当社の経営計画書にも

    記載しているが

     

     

    私は

    まずは近いところから

     

     

    本業を通じての社会貢献で

     

    自分と家族を支える

     

     

    優先順位をブラさないように

     

    経営計画書と向き合う

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

    一日一感謝

     

    ・妻

     娘の送り迎え

     ありがとうございます。

    ・妻の両親

     娘を預かっていただき

     いつもありがとうございます。

    ・平賀様

     当社へお越しいただき

     ワクワクを分けていただき

     ありがとうございます。

    ・浅沼様

     貴重なお時間

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    recent comment

    search this site.