あなたのことを真剣に叱ってくれる人がいますか??

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日は

     

    家族で

     

    地元、花巻の温泉

     

    山の神温泉「優香苑」に

    今年6月にオープンした

     

    なごみの湯へ・・・

     

     

    娘も

     

    感激していたようだし

     

    名前の通り

    ゆったりと「なごみ」まくりで・・・

     

    いい休日を過ごしました☆

     

     

    さて

     

     

    昨日ブログに書いたルール

     

     

    ルール1

     

    原理原則を理解してやり続けること

     

    ルール2

     

    ルール1を絶対に忘れないこと

     

     

    ルール2に「絶対に」を加えた。

     

     

    これを明言化したのには

     

    とある

    きっかけがある

     

     

    それは

     

    先週金曜日の

    メンターからのお叱り

     

     

    抜粋すると

     

     

    「結局、実践していないじゃん」

     

    「やっててもめちゃくちゃ中途半端じゃん」

     

    「うだうだ言ってねーで

     とにもかくにも実践してくれよ」

     

    「いくら言い訳してもいいけど

     すべてあなた自身のせいですよ」

     

    「人生なんて

     あっという間に終わっちゃいますよ」

     

    ・・・

     

     

    表に出すようなことではないが

     

    私には

     

    現在

     

    真剣にお叱りをいただける

    メンターが3人いる

     

     

    この3人の方は

     

    私が間違った道に進もうとしているとき

     

    真剣に助言をいただける

     

     

    大人になって

     

    「真剣に叱られる」

     

    という経験をしているだろうか

     

     

    特に

     

    経営者であるなら

     

     

    経営者になって

     

    真剣に叱られるという経験を

     

    最近しているだろうか

     

     

    本音を言えばもちろん

     

    「叱られる」

     

    というものは

    できれば避けたいものである

     

     

    逆で考えてみると

     

    私の今までの経験上

     

    叱る方にしてみても

     

    気持ちのいいものではない

     

     

    しかし

     

    このような

     

    「叱る」「叱られる」

     

    というものがなければどうなるだろう

     

     

    未熟で弱い私は

     

    考え方が甘くなり

     

    未熟さや弱さが

    気づかないうちに出てしまう

     

     

    叱られてこその人間

     

    叱られてこその人生

     

     

    叱っていただけることに

    有難さを感じ

     

    そして

     

    叱ってくれる方から

    決して離れることのないように

     

     

    日々精進!!

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ルール1

     

    原理原則を理解してやり続けること

     

    ルール2

     

    ルール1を絶対に忘れないこと

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

    一日一感謝

     

    ・家族

     楽しい休日を一緒に過ごしていただき

     ありがとうございます。

    ・飯塚様

     温泉に行くきっかけをいただき

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    recent comment

    search this site.