郵便受けが埃まみれなのは社長のせい。自責人の考え方。

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日

     

    朝7時15分の盗撮画像(笑)

     

     

    まだ寝ている・・・

     

    娘が朝起きれないのは

     

    夜寝るときに

    はしゃいで興奮させている

     

    私のせい!?

     

     

    さて

     

    昨日は

     

    環境整備の一環

     

    朝掃除の日

     

     

    事務所の中を掃除して

     

    そのあとに

     

    事務所の外、周辺を掃除する

     

     

    昨日

     

    ふと汚いことに気がつき

     

    毎週掃除することに決めた場所は

     

    郵便受け

     

     

    郵便受けを掃除しながら

     

    いつも

     

    郵便や荷物を配達してくれる

     

    社外社員の方々へ

    心の中で感謝を唱える

     

     

    私がほぼ毎日

     

    Amazonやメルカリで

    本を注文するし

     

    (昨日も1冊、本日は朝から2冊)

     

    勉強のために

    様々なDMも受け取るので

     

    ほぼ毎日

    何かを届けてくれる

     

    本当に

    いつもありがとうございます。

     

     

    我が社(現在自宅兼)は

     

    公園&小学校のグランドの目の前にあるので

     

    ホコリがスゴイ

     

    風が強いと

    すぐにホコリまみれで汚くなる

     

     

    郵便受けが汚いと

     

    配達してくれる方の手が

    ホコリで汚れる

     

     

    これからは

     

    郵便受けの中に

    ウェットティッシュを忍ばせておき

    ささやかな効率化(笑)

     

     

    汚いことに気づいたら

    ことあるごとに拭こう!

     

    と目論む・・・

     

     

    そんなことを考えながら

    郵便受けを掃除していると

     

    一倉定さんの

     

     

    電信柱が高いのも

    郵便ポストが赤いのも

    社長の責任

     

     

    という言葉が頭をよぎる

     

     

    郵便受けが茶色いのも

    (私が選んだ、木製の郵便受け)

     

    郵便受けが埃まみれなのも

    (私が掃除しないから)

     

    社長のせい(笑)

     

     

    ホコリで汚くなるのを

     

    目の前に公園があるから・・・

     

    と考えるのか

     

    この場所を選んだのも私・・・

    私が掃除しないから・・・

     

    と考えるのか

     

     

    この言葉は深く

     

     

    社長が知らないうちに起こったことも含め

     

    会社で起こったことは

     

    全て社長の責任だ

     

     

    という大切なことを教えてくれる

     

     

    よく

     

    不祥事が起きた際の記者会見で

     

    経営者が

     

    「私は知りませんでした」

     

    というような発言をすることがあるが

     

    これは完全に誤りである

     

     

    なぜなら

     

     

    電信柱が高いのも

     

    郵便ポストが赤いのも

     

    全て社長の責任だからだ

     

     

    この言葉は

     

    強烈な自責の風を吹かせてくれる

     

    「何が起きても、自分のせい」

     

     

    そして

     

    これは原理原則である

     

     

    一倉定さんは

     

    こんなこともおっしゃっている

     

    いい会社とか

    悪い会社とかはない。

     

    あるのは

     

    いい社長と悪い社長である。

     

     

    これも

     

    経営者に

    自責の風を吹かせてくれる

    私が大切にしている言葉だ

     

     

    経営者の自責の風は

     

    やがて

     

    ゴウゴウゴウと音を立てて

    社内に自責の風を吹かせる

     

     

    そして

     

    追い風となり

     

    業績が「GO! GO! GO!」と上昇する

     

     

    と私のメンターである

    新将命さんはおっしゃっている

     

    これは新さん得意のジョーク・・・

     

    でもあり

     

    間違いのない「事実」「原理原則」である

     

     

    いい社長=いい会社

     

    を目指して

     

    本日も人間成長の道を歩む

     

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日を!

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ルール1

     

    原理原則を理解してやり続けること

     

    ルール2

     

    ルール1を絶対に忘れないこと

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

    一日一感謝

     

    ・妻

     ご飯の準備など

     いつもありがとうございます。

    ・瀬川様

     当社へお越しいただき

     貴重なお時間を共有していただき

     ありがとうございます。

    ・菊地様

     当社へお越しいただき

     貴重なお時間をお預けいただき

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    recent comment

    search this site.