採用方針「この方は我が社に入って幸せになれるだろうか」

0

    お元気さまです。

     

     

    娘の迎え帰りに

     

    郵便局によると・・・

     

     

    娘が興奮!!

     

    チコちゃんに・・・

     

    最近の郵便局は

    色々なものを売っています(^-^;

     

     

    さて

     

    昨日の

     

    モノのかみさま

     

    「ここたま」

     

    のブログを見て

     

    妻が一言

     

     

    妻を大事にしないと

    妻は出ていくよ

     

     

    我が家の

     

    「つまたま」は・・・

     

    恐ろしい・・・(=_=)

     

     

    そんな昨日は

     

    採用面接

     

    「尊敬する人は誰ですか?」

     

    と質問したところ

     

    「夫です」

     

    と即答され

     

    「へ〜 そうなんですね〜」

     

    といいながら

     

    心の中では「負けた・・・」と感じた私(笑)

     

     

     

    我が社の採用は

     

    書類選考(履歴書)

     

     

    一次試験(適性試験、面接)

     

     

    二次試験(まずは何日か働いていただく

     

     

    採用(6ヵ月の試用期間)

     

     

    本採用へ

     

    という流れをとっている

     

    太字は今年から加えたもの

    さらに履歴書の見方・面接内容など

    大幅に変更している

     

     

     

    今までの反省も踏まえながら

     

    今一度理念と向き合い

     

    一番大切にしていること

     

     

    「果たしてこの方は

     

     我が社に入って

     

     より幸せになれるだろうか」

     

     

    これは

     

    今年に入り

     

    採用について学ぶ中で

    生まれてきた考え方で

     

     

    絶対に忘れないように

     

    面接時のシートにも

    大文字太文字で記されている

     

     

    社員とその家族を大切にするのであれば

     

    大切な時期に

    人生の大半を過ごす会社で

     

    より良い

     

    お互いが成長する時間を

    過ごしていただきたいからだ

     

     

    もちろん

    この流れにこだわるつもりはなく

     

    最初の面接などを踏まえ

     

    納得いかなければ

     

    双方が納得いくまで

    何度でも面接するつもりで

     

     

    これは

     

    面接というのは

     

    採用する側が

     

    一方的に

    見定めるというものではなく

     

     

    自らの人生を

    ゆだねる価値がある会社かどうか

     

    しっかりと見極めて欲しい

     

     

    という想いがこもっている

     

     

    もしかしたら

    今の若い人には

     

    こういう考えは

    薄れてきているかもしれないが・・・

     

     

    こちらが面接されていると思うと

     

    いい緊張感も生まれる!

     

     

    それよりもまずは

     

    妻が出ていかないように

     

    日々精進せねば・・・

     

     

    一番大事なことは

    一番大事なことを

    一番大事にすること

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日を!

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ルール1

     

    原理原則を理解してやり続けること

     

    ルール2

     

    ルール1を絶対に忘れないこと

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

    一日一感謝

     

    ・妻

     娘の入浴等

     いつもありがとうございます。

    ・I様

     当社を面接していただき

     ありがとうございます。

    ・菅原様、佐々木様

     当社へお越しいただき

     貴重なお時間を頂戴し

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    recent comment

    search this site.