正しい数字を正しく解釈し、より良い未来のために正しい経営判断をする

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日

     

    仕事が休みの妻と娘

     

    娘は温泉から帰ってからも

     

    私の両親からプレゼントされたパズルに

    終日夢中で・・・

     

     

    いいプレゼント

     

    ありがとうございます。

     

     

    さて

     

    そんな昨日は

     

    月末・・・

     

    ということで

     

    温泉を楽しんだのもつかの間

     

    8時半には仕事へ・・・

     

     

    今月は

     

    お客様の申告が

    ギリギリになった先があり

     

    大いに反省・・・

     

     

    決算報告&申告書(納付額)の説明をすると

     

    しっかりと利益が出ているお客様ほど

     

    「税金がこんなに!!」

     

    とビックリされる

     

     

    今の

    仕事の中で

     

    このときほど

    喜ばれない瞬間はない・・・

     

     

    そんなとき

     

    私は税金について

    私なりの考え方をお伝えする

     

     

    例えば

     

    税金は

    本業を通じて社会貢献をしたことの証なので

     

    税金を払うことを

    マイナスにとらえるのではなく

     

    正しいプロセスで経営をした証として

    経営者として

    誇りを持って欲しい

     

    ・・・

     

    さらに

    節税の話が深くなりそうなときは

     

    節税が目的で

    経営判断、人生判断をすることほど

    悲しいことはない

     

    本当の目的を考えましょう

     

     

    と方向転換するなどなど・・・

     

     

    決算に限らず

     

    会社経営を進めていくうえで

     

    数字を把握することは

    大変重要だと考えている

     

     

    弊社の数字で言えば

     

    恐らく10月分は

    明日の時点で暫定(ほぼ確定)の数字は出る

     

    もちろん

     

    それ以前に

    決算の数字は早い段階でほぼ見えている

     

     

    よく

     

    「数字は嘘をつかない」

     

    という言葉を耳にするが

     

    この言葉には大事な部分が欠けている

     

     

    数字は嘘をつかないのではなく

     

    「正しい」数字は嘘をつかない

     

     

    さらに言えば

     

    数字が嘘をつかなくても

     

    経営者が

    解釈を誤ることもある

     

     

    数字を活用するためのステップを

     

    簡単に3つにまとめると

     

     

    1.

     

    「正しい」数字を作る

    (できる限り早く)

     

     

    2.

     

    「正しく」解釈する

    (数字を作る→使う)

     

     

    3.

     

    未来への「正しい」手を打つ(行動する)

    (数字を作る→使う→活かす)

     

     

    誤った数字であれば

    誤った解釈しかできないし

     

    いくら正しい数字でも

    解釈を間違えば

     

    正しい手を打つことができない

     

     

    この3ステップのうち

     

    どこに問題があるかでやることは変わる

     

     

    さてさて

     

    こんな偉そうな??ことを言いながら

     

     

    もちろん

     

    数字のプロである私たち自身が

     

    数字を活かす経営をすることこそ重要だ

     

     

    まずは

     

    「自社がお客様」

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日を!

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ルール1

     

    原理原則を理解してやり続けること

     

    ルール2

     

    ルール1を絶対に忘れないこと

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

    一日一感謝

     

    ・両親、兄夫婦

     温泉の楽しい時間

     ありがとうございます。

    ・家族

     色々と協力していただき

     ありがとうございます。

    ・藤原様

     貴重なお時間をいただき

     ありがとうございます。

    ・小山内様

     当社へお越しいただき

     貴重なお時間を頂戴し

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    recent comment

    search this site.