「これが足りない」よりも「今あるものを活かせないか」

0

    お元気さまです。

     

     

    鈴木家の

     

    寝る前の恒例行事

     

    「絵本読み」

     

    昨日

    キャラになりきったところ

     

    「怖い〜」

     

    と娘に敬遠されている私(笑)

     

     

    最近は

     

    絵本も

    増えすぎて

     

    2冊読みの日も・・・(^-^;

     

     

     

    さて

     

    来週末

     

    そんな家族を花巻に残し

     

    東京にて参加するのは

     

     

    超絶ブラックな企画(笑)

     

    経営計画作成30時間合宿!!

     

     

    1日目

    13時〜23時

     

    2日目

    8時〜23時

     

    3日目

    8時〜17時

     

     

    計算してみると

     

    1日目 9時間(夕食1時間除き)

    2日目 13時間(昼食、夕食各1時間)

    3日目 8時間(昼食1時間)

     

     

    志の高い同志約80名と

     

    数字もオープンにした

     

    まさに

    裸の付き合いをする(笑)

     

     

    特にこの時期は

     

    我が社の未来を決める

     

    経営計画を考えることに

    多くの時間を注いでいる

     

     

    我が社の未来像や

    戦略を考えながら

     

     

    改めて

     

    我が社の

    経営資源を棚卸してみると

     

     

    来期は・・・

     

     

    無いものねだりをするよりも

     

    今あるものを

    もっと磨く方向性が必要だな

     

     

    ということに気がつく

     

     

    もちろん

     

    定期的に

    新商品新サービスは必要だが

     

     

    これが足りない

    もっとこれが必要

     

     

    本やセミナーなど

    多くの媒体を通じ

     

    なんとなく

    あおられている感覚がある

     

     

    そう考える前に

     

    今持っているものは何か

    今与えられているものは何か

     

     

    という最も大事なことを

     

    今一度棚卸してみては

    いかがだろうか

     

     

    今あるものを磨くだけで

     

    まだまだ眠っている可能性が拓く

     

    他の誰にもないものに磨き上げられる

     

    ということは山ほどある

     

     

    今あるものを

    活かしているだろうか

     

    もっと言ってしまえば

     

    今あるものを

     

    活かしきって

     

    いるだろうか

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日を!

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ルール1

     

    原理原則を理解してやり続けること

     

    ルール2

     

    ルール1を絶対に忘れないこと

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

    一日一感謝

     

    ・妻

     美味しいシチュー

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    recent comment

    search this site.