読書は化学反応。正しい考え方で正しい化学反応を起こす。

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日午後は

     

    娘が妻から与えられた使命(笑)

     

     

    「買い物!!」

     

     

    牛乳、トイレットペーパー・・・

     

    妻が書いたメモを握りしめ

     

    車でお店に向かう途中に・・・

     

     

    寝た!!笑

     

     

     

    せっかくの使命を

     

    私が勝手に果たしてしまっては

    なんとももったいないので

     

     

    娘を寝かせながら

     

    私は車の中で

     

    小一時間読書

     

    おかげさまで

    有意義な時間が過ごせました(^^♪

     

     

    さて

     

    読書といえば

     

     

    先日

     

    とある塾の講師&同志との延長戦で

     

    読書の話題になった

     

     

    講師の方は

     

    「読書は目的を持って読む」

     

    ということをおっしゃられており

     

    うんうん

     

    と頷けることばかりだったが

     

     

    私が個人的に大切にしているのは

     

     

    読書は

     

    化学反応を起こすために読む

     

     

    ということ

     

     

    それも

     

    できる限り

     

    「正しい」

    化学反応を起こすために読む

     

     

    そのためには

     

    考え方を

    正しい方向へもっていく必要がある

     

     

    だから

     

    読書、経験、体験などを積み重ね

     

    正しい考え方を学ぶ

     

     

    考え方 × 化学反応

     

     

    考え方というのは

     

    稲盛和夫さんがおっしゃっていることとと同じで

     

    −100〜100まである

     

    化学反応を起こしたとしても

    マイナスの考え方しか持っていなければ

     

     

    よく漫画などで出てくるシーン

     

    実験をしていて

    危険な化学反応が起こり

     

    ボンっ

     

    と爆発してしまうときのように

     

     

    または

     

    究極は

     

    悪い化学反応を起こして

    死んでしまうこともある

     

     

    例えば

     

     

    若い社員が

     

    当社の経営計画書を見て

     

    経営計画書に書いている

    内容に共感しながらも

     

     

    うちの会社は全然できていないので

    最悪ですよ〜

     

    あの上司に見てほしい

     

    ・・・

     

     

    などという

    化学反応になるとしたら

     

     

    考え方が

     

    他責

    自分中心

     

    というマイナスのものであれば

     

    正しい化学反応は生まれない

     

    むしろ間違った方向に

    大きく進んでしまう

     

     

    私自身

     

    読書についていえば

     

    「多読」な一面もあるが

     

    本をたくさん読んだからと言って

     

    立派になれるわけではない

     

     

    私が本をたくさん読むのは

     

    正しい考え方を身に着けるため

     

    といっても過言ではない

     

     

     

    正しい考え方が少しでも身につけば

     

    正しい化学反応が生まれ

     

    今後の

    正しい行動につなげることができる

     

     

    読書で知識を得たからといって

     

    それだけでは何の意味もない

     

     

    読書で得た知識を

     

    ブログに書いたり

    何かのセミナーで使ったり

     

    アウトプットしたから

    それでいいというわけではない

     

     

    読書を通じ

     

     

    自分は本当にできているだろうか

     

    自分は間違った考え方になっていないだろうか

     

     

    といった風に

     

    自分の経験、体験を振り返り

     

    何かをつかむ

     

     

    そうでなければ

     

    いくら本を読んでも

     

    何もつかめない!!

     

     

    自分への戒めとともに・・・

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日を!

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ルール1

     

    原理原則を理解してやり続けること

     

    ルール2

     

    ルール1を絶対に忘れないこと

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    人を大切にする経営を目指されたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    ・妻

     掃除等

     いつもありがとうございます。

    ・娘

     楽しい時間

     ありがとうございます。

    ・妻の実家

     娘と遊んでいただき

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    recent comment

    search this site.