経営者は社員を信じる、でも引きずられてはいけない

0

    お元気さまです。

     

    一昨夜

     

    一晩中

    叫びながら

     

    夢の中で何かと闘い続ける娘

     

    プリキュアのDVDの影響だな・・・

     

     

    寝ぼけながら

     

    私のお腹をキック!!

     

    全然眠れず・・・(私が)

     

     

    翌朝

     

    娘と妻は水曜は休みなので

    ぐっすり・・・

     

     

    さて

     

    ここ最近

     

    いや

     

    ここずっと

     

    人(社員)の悩みを抱えている

    お客様が多い

     

    私自身

     

    課題意識の中で

     

    「採用教育」

     

    ならぬ

     

    「採用成長支援」

     

    という枠組みを意識していたせいか

     

    同業者やお客様以外からも

    色々とお話を伺う機会が多い

     

     

    私自身も

     

    過去に

     

    眠れなくなるほど

    人で悩んだことは山ほどあるが

     

     

    先日

     

    30万円の塾で

    講師からいただいたアドバイスが

     

    いい社風の会社を創っている経営者に

    共通する部分があり

     

    大変腑に落ちた内容だったので

    自分なりの解釈を加えてご紹介

     

     

    それは

     

    社員の成長を信じる

     

    という部分のこと・・・

     

     

    「人は変われるを証明する」

     

    というRIZAPの理念ではないが

     

     

    経営者であり

     

    社員の成長を願う限り

     

    人は自己実現欲求

    (成長したい、社会貢献したい)

     

    が必ずあると信じ切ることが大切だ

     

     

    それは

     

    当社の使命感でもある

     

    「人を大切にする経営」で

    日本中の中小企業を元気にする

     

     

    人を大切にする

     

     

    お互いが成長する

     

     

    というつながりにも含まれているし


    私自身

    大事にしている

     

     

    しかし

     

    それと同時に重要なのは

     

    安楽欲求

    (自分を守りたい、楽したいなどの本能的な欲求)

     

    が高い社員を深追いしない

     

    (以下「安楽社員」)

     

    ということだ

     

     

     

    例えば


    安楽社員がいたとして

     

    経営者として

    本気で覚悟を持って接すると

     

    いずれその社員は

     


    ・自己実現に目覚め、変わる覚悟をするか

     

    ・会社を去っていくか

     

     

    このどちらかを

    選択しないといけなくなる

     

     

    「今さら変われるかよ」

    「無理無理・・・」

    「社長の言うこと聞けるかよ!」

     

    という社員は、

     

    すでにダースベーダ―

    (悪い状態で周りの声が聞こえなくなる)

    になってしまっているので

     

    「今の人間関係」

     

    の悪いループから逃れらなければ

     

    去っていくしかなくなる

     

     

    つまり


    その社員は

    転職という選択肢を取る

     

     

    ただ

     

    ここで

    素晴らしいのは

     

    その社員は

    人間関係が変わることで

    またリセットできるということだ

     

     

    もし

     

    その社員がうまく転職できたのであれば

     

    今までの人間関係をリセットして

     

    「新しい人間関係」の中で

    新しい社長と

    もう一度関係性を築けばいいのだ

     

     

    そのほうが

     

    その安楽社員は

     

    自己実現欲求がでやすいし

    幸せになれる可能性も広がる

     

     

    経営者も人

     

    スーパーマンでも

    全知全能の神ではない!

     

     

    人間関係の悪いループを

    抜け出すことに力を注ぎすぎるのは

     

    特に私は弱いので

     

    長続きすると正直しんどい

     

     

    そして何よりも危険なのは

     

    社内の人間関係に目を奪われていると

     

    社長は外を向けなくなる

     

    つまり

    お客様への価値創造に

    視点が向かなくなる

     

     

    これは

     

    私の経験上

     

    社内の人間関係に悩んでいる

    経営者とお話をすると

     

    よくわかる

     

     

    そういう私も

    同じ経験をしたことがあるので

     

    身にしみてわかる

     


    これは会社にとっては

    相当なリスクだ

     

     

    もちろん

     

    会社は

    人と人との真剣勝負

     

    しかし


    私たちは経営者であって

    カウンセラーではない

     


    なので

     

    安楽社員が覚悟を決めて

     

    もし「辞める」という選択肢を取ったら

     

    諦める

     

     

    一番いけないのは

     

    安楽社員の行動を指摘せずに

    放置すること

     

    私の実感では

    結構

    これをやってしまっている経営者は多い

     


    その瞬間に

    理念経営は無残に崩れ去る


    どんなに立派な

    経営計画書を創ったとしても

     

    どんなに立派な

    経営計画発表会を開催したとしても

     

    ガラガラと音を立てて崩れ去る・・・

     


    そうなるとどうなるか

     

    自己実現欲求が発動されている

    いい社員から辞めていく

     

     

    これは
    絶対に避けなければいけない

     

     

    ということ

     

     

    最後に

     

     

    ここまで

    言っておきながら

     

     

    結局は

     

    あんたが悪いのだよ

    経営者よ

     

    by エステー会長 鈴木 喬

     

     

    経営者こそ

     

    日々勉強

    日々反省

    日々改善

     

    自分への戒めを込めて

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日を!

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    「人生、今日が初日」

    「一期一会」

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    人を大切にする経営を目指されたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    ・妻

     家事など

     いつもありがとうございます。

    ・小友様、高橋様

     貴重なお時間を頂戴し

     ありがとうございます。

    ・馬場様、馬場様

     貴重なお時間を共有していただき

     ありがとうございます。

     美味しいニンジン

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    recent comment

    search this site.