社員とその家族を大切にする前に、経営者が自分の家族を大切にする

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日の反省を活かし・・・

     

    今日は

    長女と2人生活

     

     

    しっかりと

     

    ご飯も炊き、食器も洗い

     

    21時就寝・・・

    は少し過ぎたので

     

    今朝は4時起き

     

    ブログを書いていたら

    娘が起きてきたので

     

    こんな感じです・・・

     

     

    さて

     

    人を大切にする経営では

     

    一番目に大切にすべき存在として

     

     

    社員とその家族

     

     

    をかかげている

     

     

    私の解釈では

     

    社員とその家族の筆頭が

     

    「経営者」

     

     

    人を大切にする経営を考えるのであれば

     

    経営者自身が

    自分と家族を大切にすることだ

     

     

    ここに

     

    自分を入れているのは

     

    人はやはり

     

    自分が大切にされていると感じなければ

     

    または

     

    自分が自分を大切にしていなければ

     

    人を大切にしよう

     

    とは到底思えない

    と考えるからだ

     

     

    私自身

     

    ブラックな環境で働いていたときを

    振り返ってみると

     

    家に帰ると疲労困憊・・・

     

    自分のことで精一杯になり

    周りのことを気にかける余裕はなかった

     

     

    仕事や会社の目的は

     

    自分とその家族をより幸せにする

     

    そして

     

    社員とその家族をより幸せにする

     

    というものだ

     

     

    いつのまにか

     

    手段である仕事や会社が

    目的になっていないだろうか??

     

     

    これは我が社で

     

    経営理念に掲げていることもあり

     

    毎日

    私が自分自身に問いかけることである

     

     

    いつの間にか

     

    ルーティンのように

    惰性で会社に向かい

     

    同じような仕事を黙々とこなす

     

     

    繁忙期になれば

     

    あー今年もこの時期が来たな

     

    と、何の疑問も持たずに

    いつものように残業をする

     

    何のために??

     

     

    定時で上がるのも

    残業を少なくすることも

     

    手段であって目的ではない

     

    何のために??

     

     

    目的はあくまでも

     

    自分とその家族

     

    そして

    社員とその家族をより幸せにするためだ

     


    そのために

     

    経営者として

    まず最初にできることは何だろうか??

     

     

    それは

     

    率先垂範!

     

    経営者である私自身が体現する

     

     

    家族との時間を大切にする

     

    と言っている経営者が

    誰よりも働いてはいないだろうか??

     

    経営者が誰よりも汗をかき働くことは

    会社にとっては重要なことだが

     

    それは「頭を働かせる」ことであって

    「時間」ではない

     

     

    例えば

     

    毎日できる限り早く帰る

     

    たまには

     

    平日に休みを取って

    家族との時間を過ごす

     

     

    そうすれば

     

    家族を大切にしている姿勢は

     

    そこで働く社員にも伝わるから

     

    社員が休みを取りやすくなり

    家族を大切にするようになる

     

     

    ちなみに

    これは私の経験だが

     

    以前いた会社(数社)で

    上司や周りの人に

     

    「鈴木君

     社長より先に帰るのは

     ちょっと考えた方がいい」

     

    と言われたことがある

     

    その会社はいずれも

    残業を減らしていくことを社長が明言していた

     

    しかし

    社長が体現していなければ

     

    帰れない

    帰りづらい

     

    会社とはこういうものである

     

     

    ワークライフバランスでも

    ライフワークバランスでも

    ワークファミリーバランスでも

    ワークライフハーモニーでも

     

    別に言葉は何でもいい

     

     

    何事も

     

    その先に見つめる目的が正しくて初めて

    意味のあるものになる

     

     

    ただのパフォーマンスにならないように

     

    まずは経営者自らが動く!

     

     

    それでは

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしください。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    NCGグループが目指している未来像は

    こちら

    https://youtu.be/MZAKLivUFks

     


    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    人を大切にする経営を目指されたい経営者様は

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    「人生、今日が初日」

    「一期一会」

     

     

    一日一感謝

     

    ・家族

     楽しい時間を

     いつもありがとうございます。

    ・妻のご両親

     家族のサポートをしていただき

     いつもありがとうございます。

     

     

    このブログは

     

    2016.1.1〜開始

    現在

    1,134記事

     

    2017.6.17〜毎日連続更新

    現在

    959日連続更新中

     

     

    「人を大切にする経営」で

    日本中の中小企業を元気にする

     

    岩手県花巻市の

    税理士を超えた経営のパートナー

     

    税理士事務所ランニングパートナーズ

    合同会社NCGコンサルティング

     

    HPはこちら↓

    https://www.running-partners.com/


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    recent comment

    search this site.