「型」は自由になるために必要不可欠

0

    お元気さまです。

     

     

    「経営者は変われる。」

    を証明する。

     

     

    経営者専門の

    経営計画コンサルタント

     

    の鈴木陽介です。

     

     

    娘の髪を結び

     

    ティアラを装着

     

     

    髪を結ぶのは

    何気に難しい・・・(-_-;)笑

     

     

     

     

    さて

     

     

    いきなりだが

     

    「型」

     

    と聞いて

     

     

    どんなイメージを

    思い浮かべるだろうか

     

     

    様々なことにおいて

     

     

    「型」を定めずに

     

     

    それぞれの

    現場や社員の技量に任せている

    中小企業は

     

    驚くほど多い

     

     

    「型」というものは

     

     

    いわゆる

     

     

    守破離の「守」

     

     

    私自身

     

     

    「守」を大変重要視している

     

     

    「型」「守」

     

     

    とは

     

     

    「型」にはめる(はまる)

    「守」りに入る

     

     

    などという窮屈なものではない

     

     

    それぞれの

    社員が

     

    「型」

     

    を突破して

     

    より大きく成長するための

    基礎的な

    最重要の役割をするからだ

     

     

    「型」

     

    とは

     

    「自由」であるために

    必要不可欠なものなのだ

     

     

    型がないのに

    自由にさせているのは

     

    単なる

    「適当」「いい加減」

    である

     

     

    どんなに

    レベルが上がったとしても

    型は必要である

     

     

    特に

    チームとして

    何かを成し遂げたいならば・・・

     

     

    例えば

     

    私自身

     

    フットサルをやっていた時代

     

    チームの練習では

    来る日も来る日も

    徹底的に型を

    練習した

     

    毎日毎日

     

    繰り返し繰り返し・・・

     

     

    サッカーなどのチームスポーツにおいては

    超一流が集まる

    日本代表ですら

     

    個人の自由には任せていない

     

    国際親善試合などでも

     

    招集されて

    すぐに試合をすることはない

     

     

    しっかりと事前に合宿をし

     

    しっかりと「型」

    にはめたうえで

     

    それぞれの個性を

    発揮する

     

     

    そうしなければ

    いい結果は出ない

     

     

    「型」があってこそ

     

    次の段階へいける

    ということだ

     

     

    そして

     

    次の段階にいったなら

     

     

    それを次の型にする

     

     

    いわゆる


    当たり前基準の引き上げ

     

    につなげることができる

     

     

    一つポイントを

    上げるとするならば

     

    「型」

     

    に対して

     

    「なぜ」

     

    といえる人財を大事にすることだ

     

     

    いちいち文句をいう

    面倒な存在ではなく

     

    型を突破し

    その先に進むために必要な人財だからだ

     

     

    「型」を定める

     

    そして

     

    破る

     

     

    そしてそれが次の「型」になり

     

    また破る

     

     

    この

    繰り返しが

     

    成長につながる

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    参考になるものがあれば

    是非、行動へ

     

    そして、続行へ!!

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     看病

     ありがとうございます

     

    一日一愛家族

    ・部屋の片づけ

     

    一日一新(行動)

    ・読書×1冊

     

    一日一捨

    ・知識のアウトプット


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    recent comment

    search this site.