「むずかしい」を知らないと「やさしい」がわからない

0

    お元気さまです。

     

     

    私に叱られて

     

    泣く娘

     

    服の柄はニコちゃん

     

    というギャップ(笑)

     

     

     

     

    そんな娘の写真を撮り

     

     

    写真を撮っている暇があったら・・・

     

     

    と妻に呆れられる私(笑)

     

     

     

    様々な

     

    「むずかしい・できない」

     

    を乗り越えて

     

    娘も私も

    大人への階段を

    登ります。。。

     

     

    さて

     

    本日は

     

     

    始発(6:22発)の新幹線で

    東京へ

     

     

    私が

     

    メンターの一人として

    慕っている方が

    社長を務める会社の

     

     

    経営計画発表会

     

     

    しかも今回は

    その方が社長に就任して初めての

    (お会いしたときは常務で

     昨年4月から社長に就任)

     

    経営計画発表

     

    ということで

     

     

    なぜか私も

    最高にワクワクしている

     

     

    開始は13:11〜

     

     

    なのに始発で

     

     

    明確な理由がある

     

     

    10時からの

    「準備見学ツアー」

    (発表会当日の運営準備を間近で体験)

    から参加するからだ

     

     

    経営計画発表会に加え

    このツアーにも

    昨年も、その前も参加しており

     

    妻からは

     

    もう参加しなくてもいいじゃん

     

    とツッコまれているが・・・

     

     

    「違うんだよな〜」

     

    と心の中で感じながら

    その言葉をグッと飲み込む(笑)

     

     

     

    参加することが目的ではなく

     

     

    参加している誰よりも徹底的に学ぶ

     

    参加している誰よりも空気を感じる

     

    参加している誰よりも成長する

     

     

    ことが目的だからだ

     

     

    ここには

     

    大きく

    2つの意味合いがある

     

     

    一つは

     

     

    超一流に徹底的に真似び

    真似びを学びに高める

     

     

    私自身

     

    当社で作成している

    経営計画書も

     

    一昨年より実施している

    経営計画発表会も

     

     

    最初は真似ることからのスタート

     

     

    最初に出会ったのが

    超一流だったという幸運

    はさておき

     

     

    2018年12月12日に行った

    当期の経営計画発表会は特に

     

     

    これまで参加した

    超一流の経営計画発表会を

    徹底的に真似た

     

     

    ・ホテルで行う

    ・お金をいただく

    ・外部に公開する

    ・講師を招き講演していただく

    ・懇親会を行う

     

    などなど・・・

     

     

    ただ上辺だけ

     

    さらに言えば

    やりやすい部分だけを

    真似るのではなく

     

    難しそうに見えるところまで

    真似た

     

     

    それも

    ただ真似るだけではなく

     

    なんどもシミュレーションを繰り返し

     

    なぜ・・・

     

    という部分にまで徹底的に踏み込んでいる

     

    (わからない部分はアドバイスもいただきながら)

     

     

    そうすることで

     

    どこかのタイミングで

     

    真似から

     

    どうやれば

    自分にしっくりくるか

    自社に当てはめることができるか

     

     

    さらに言えば

    お客様にどう当てはめることができるか

     

     

    ということに昇華し

     

     

    学ぶ

     

     

    に高めることができるからだ

     

     

    その結果

     

    当社の経営計画発表会では

    オリジナル要素も加わっている

     

     

    素直に謙虚に

    真似びを繰り返し

    徹底する

     

     

    この想いがあるから

     

     

    最初は

     

    「真似びの旅」だったのが

     

    「学びの旅」に変化する

     

     

    もう一つは

     

     

    「難しい」

     

    を知ること

     

     

    準備も含め

    多くを見せていただくことで

     

    たくさんの気づきを得ることができる

     

    会社の規模も実績も経験も

    何もかもが違うので

     

    まだまだ未熟な

    私の目から見ると

     

    難しい

     

    と感じることが多々ある

     

     

    その反面

     

     

    私が

    日本一の経営計画発表会だと

    感じている中にも

     

    決して

    上から目線ではないが

     

     

    あっ

    これだけの会社でも

    ここってやっぱり難しいんだ

     

    まだ

    改善の余地があるかも

     

     

    と感じる部分もある

     

     

    私自身

     

    自社で経営計画書を作成し

    実践する中でも同じだ

     

     

    作家の吉川英治さん

     

    「やさしい・むづかしい」

     

    という随筆がある

     

     

    そこでは

    私に

    こう語りかけてくる

     

     

    むづかしい

     

    としたら極まりなくむづかしい


    やさしい

     

    としたら

    これも限りなくやさしい


    すべての道がそうである


    むづかしい

     

    と近づき難くするのもまちがいなら

     

    やさしい

     

    と見くびって

    何もかも安易に

    形の真似事だけにしてしまうのも

    堕落である


    どっちがほんとなのだろうか

     

     

    さらに

     

    こう続く

     


    やさしい

     

    むづかしい


    どっちもほんとだ

     

    然(しか)し

     

    むづかしい道を

    踏んで踏んで踏みこえて

     

    真に

    むづかしさを苦悩した上で

     

    初めて

     

    やさしい

     

    を知った人でなければ

    ほんものではない。

     

     

    当社の経営計画書にも

     

    難しいことを簡単に

     

    簡単なことを深く

     

    深いことを面白く

     

     

    という記載があるが

     

     

    本当の難しさを知り

    体験していなければ

     

    真の

    簡単・面白い・楽しさ

    にたどり着くことはない

     

     

    2019年

    当社のテーマとして

    掲げている

     

     

    仕事にFUN(楽しさ)を

     

     

    というものは

    ただ単に仕事を楽しむ

    というものではない

     

     

    難しさを知り

    乗り越えた先にある

     

    真の楽しさを指している

     

     

    真似びを学びにするための

     

    そして

     

    難しいを知り

    真の楽しさへたどり着くための

     

     

    真似びの旅

    学びの旅

    成長の旅

     

     

    それでは

    準備して

    行ってきます☆

     

     

    この様子は

    明日のブログで・・・(多分)

     

     

    乞うご期待!!

     

     

     

    ちなみに

     

    吉川英治さんの

    この言葉を知ったのは

    昨日

     

    先ほど調べてみたところ

     

    東京に

    吉川英治記念館というものがあり

     

    なんと

    2019年3月に閉館が決まっている

     

    という

     

    なんという巡り合わせ

     

    今は休館中で

    3/1〜20までラストの開館

     

     

    この運と縁を活かすために

    必ず行く

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    鈴木陽介

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    参考になるものがあれば

    是非、行動へ

     

    そして、続行へ!!

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     娘の入浴・寝かしつけ

     ありがとうございます。

     夜、仕事をさせていただき

     ありがとうございます。

     

    一日一愛家族

    ・買い物

    ・娘の迎え


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    recent comment

    search this site.