中小企業の社長は素晴らしい仕事だ! 日本レーザー近藤宣之会長の言葉

0

    お元気さまです。

     

    昨日の朝は

    5時半過ぎに家を出た私・・・

     

     

    こんなもんです(笑)

     

    ※この写真は

     妻により削除される可能性があります(笑)

     

     

    さて

     

    昨日参加した

     

    素晴らしい

    日本最高峰の

    経営計画発表会

     

     

    ・・・の前に

     

     

    基調講演をしていただいたのは

     

    私も何冊か

    著書を読んでいるが

     

    ご存知の方も

    多いだろう

     


    蠧本レーザー

     

    近藤宣之 会長

     

     

    ちなみに

    今まで

    読んだ本は

     

    ありえないレベルで人を大切にしたら

    23年連続黒字になった仕組み

     

     

    ※今は25年連続黒字と

     レジュメには書いていました。

     

    社員を「大切にする」から黒字になる。

    「甘い」から赤字になる

     

     

    昨日の話を聴いて

    感動したので

    即注文した本

     

    ビジネスマンの君に伝えたい40のこと

     

     

    社員に任せるから会社は進化する

     

     

     

    感動する = 感じて動く

     

     

    メモを取る

    感謝を述べる

    本を買って読む

    ブログに書く

    経営計画書に書き込む

    実際にやってみる

     

    ・・・

     

     

    何かを感じたら

    すぐに行動に移すことが大事だ

     

     

    行動につながっていなければ

    それは

    感「動」ではない

     

    ただの「感」

     

     

    私の隣に座っていた

    いつも刺激をいただいている

    浜松のSさんも

    恐らくその場で注文していた

     

     

    「すぐに」

     

    行動に移さなければ

     

    昨日のことなど

    人間すぐに忘れてしまう

     

     

    小学校時代の恩師から

    よく言われていた

    私の大好きな言葉

     

     

    「今より、はやく」

     

     

    話を戻し

     

    講演の中で

    近藤会長から感じ取ったもの

     

    近藤会長が

    何度も何度も

    随所で強調されていたが

     

     

    究極の

     

    「自責」人間

     

     

    私がメンターとして慕っている

    新将命さんとも

    共通する

     

     

    ダメな会社

    ダメな人間に共通するもの

     

     

    「他責」

     

     

    環境のせい

    時代のせい

    誰かのせい

    ・・・

     

     

    しかし

     

     

    経営者はそれを許されない

     

     

    と近藤会長は言う

     

     

    激動の時代や環境、周囲の変化の中

     

    決して周りのせいにはせずに

     

    しかも

    社員をあり得ないレベルで大切にしながら

    黒字を出し続ける経営者の言うことは

    重みがある

     

    心の深い部分に

    突き刺さる

     

     

    さらに話の中で

     

    人を大切にする経営について

    こうおっしゃっていた

     

     

    「人を大切にする経営」

    という表現は上から目線

     

     

    人を大切にする経営

     

    ではなく

     

    社員が会社から大切にされていると感じる経営

     

     

    まだまだ

    私に欠けている部分

     

     

    未熟さを痛感する

     

     

    家族に置きかえても

     

     

    今や

    私の代名詞といっても過言ではない

    (妻は認めていないが(笑))

     

    「愛家族」

     

     

    家族を愛する

     

     

    家族が愛されていると感じる

     

    では

     

    月とすっぽん

     

    どころか

     

    アリと太陽ほどの差がある

     

     

    今日から意識して行動する

     

     

    最後に

     

    講演の中で

    私が一番感動したのは

     

    最後に

    おっしゃっていた

     

     

    中小企業の社長は

    素晴らしい仕事だ

     

     

    という言葉

     

     

    経営者としての私自身の心に

    深く突き刺さった

    (今日の朝活手帳にも記入)

     

     

    上場会社のエリートコース(社長候補)から

     

    経営再建を任され

    子会社である中小企業へ出向

     

    そして

    退路を断つために本社取締役を退任

     

    中小企業の社長へと道を変え

    言葉では伝えられないほどの

    苦労を経験し乗り越えてこられた近藤会長

     

     

    そんな方が言うのだから

    この言葉に

    間違いはない

     

     

    中小企業の社長は

    素晴らしい仕事だ

     

     

    もちろん

     

    懇親会で近藤会長と

    お話をさせていただいた

     

     

     

    実は

     

    誰も知らないであろう

     

    一番最後に

    ご迷惑かとは思ったが

    動きは止められず・・・

     

    再度

    近藤会長にお願いし

     

    名刺に

    近藤会長が大切にしている言葉を

    書いていただいた

     

     

    そこには

    こう書かれている

     

     

    人生で2点間の最短距離は直線ではない

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    鈴木陽介

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    参考になるものがあれば

    是非、行動へ

     

    そして、続行へ!!

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     娘を見ていただき

     ありがとうございます。

    ・同志の皆様

     素晴らしい時間を

     ありがとうございます。

     

    一日一愛家族

    ・お土産選び

    ・LINE電話


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    recent comment

    search this site.