経費を下げるのではなく、経費「率」を下げる

0

    お元気さまです。

     

    何やら

     

    大量の本を

    ニヤニヤしながら運ぶ娘

     

     

    さすが読書家・・・

     

    と思いきや

     

     

    使い方

    間違ってる!!笑

     

     

     

    さて

     

     

    昨年末に

     

    事務所の大掃除と共に

    行ったのが

     

     

    経費の大掃除

     

     

    所属している団体も含め

    一つ一つの経費を見直した

     

    ちなみに

    年末の大掃除は

    花巻は寒く効率が悪いので

    今年から春と秋に実施予定(笑)

     

     

    当社では

     

    3ヵ月に一回

    経費を全て見直している

     

     

    当社で

    人件費以外の費用で

    一番多いものは

     

    研修費

    販売促進費

    新聞図書費などの未来費用

     

    そして

     

    地代家賃

    通信費

    車両費

    ・・・

    と続く

     

     

    例えば

     

     

    今回

    実際に見直したのは

    所属団体

     

     

    とある所属団体を12月末で退会

     

     

    理由としては

    様々あるが

     

    ・会合がほとんど夜

     (愛家族的に参加が難しい)

     昨年後半はほとんど出席していない

    ・2019年の当社の戦略に合致しない

    ・・・

     

    などなど

     

    ブログに書けないような理由も

    あるが・・・(笑)

     

     

    他にも

     

    昨年参加した研修もすべて見直し

     

    いくつかは今年はいかない判断も

    すでにしている

     

     

    毎年参加しているから

     

    という惰性では参加しない

     

     

    そして

     

    そこで削減された費用を

    より当社にとってプラスになるものに

    振り分ける

     

     

    すでに

     

    新しい

    システムの導入

     

    3月に別の新しい研修に参加が決定

    7月〜8月の名古屋での研修も参加が決定

     

     

    そのほかにも

     

    交際費の見直し

    通信費の見直し

    消耗品の見直し

    ・・・

     

     

    意思決定の在庫も含め

    徹底的に見直す

     

     

    よくあるケースでは

     

    業績が悪くなってはじめて

    経費を見直す

     

     

    しかし

     

    経費の見直しというものは

     

    事業活動を行っているうえでは

     

    定期的に

    行っていかねばならないことである

     

     

    ここで注意していただきたいのは

     

     

    経費の見直し

    というのは

     

    ただ単に

    経費を減らすということではない

     

     

     

    費用対効果を考えて

     

    数字上だけで

    削減しようとするのではなく

     

     

    中身をきちっと見る

     

     

    単に前年対比や

    予算だけを見て判断しているのでは

    しっかりとした

    経費削減は行われない

     

     

    一つ一つについて

    利益への貢献度合いが

    効果的かどうかを検証する

     

     

    経費の見直しが

    定期的に行われていない会社で

    よくあるのが

     

    経費の見直し

     

    と言ったとたんに

    ネガティブな感情が出てくるケース

     

     

    ・売上を上げる

    ・利益を上げる

    ・経費を下げる

     

     

    売上、利益を上げるに対して

    経費を下げる

     

    やはり

    なんとなく

    ネガティブだ

     

     

    経費を下げる

    という言葉を

    正確に言い換えると

     

     

    経費「率」を下げるである

     

     

    売上と利益を上げるために

    経費を正しく使う

     

     

    率で考えると

     

    利益に貢献するのであれば

     

    むしろ

    増やすという選択肢も出てくる

     

     

    経費の見直しは

     

    経費削減というネガティブなものではなく

     

    会社にとって

     

    利益をしっかり残し

    業績を安定させる

     

    そして

    もちろん人件費を上げるための

     

    ヒーローのような

    存在だ

     

     

    そもそも

     

    「経費」

     

    という言葉を簡単に使っているが

     

    私のイメージでは

     

     

    「経費」とは

     

    「経営費用」である

     

     

    正しい経営を行っていくために

    絶対に必要なモノ

     

     

    定期的に

     

    ポジティブに

    経営費用の見直しをしよう!!

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    このブログへのご感想やご質問は

    こちらに送っていただければ

    直接鈴木陽介へ届きます。

     

    y.suzuki@running-partners.com

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     娘の入浴

     ありがとうございます。

     

    一日一愛家族

    ・娘の迎え、寝かしつけ


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    recent comment

    search this site.