社員とその家族を大切にする経営とは、社員とその家族が同列の経営

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日

     

    車に乗っている途中で

    寝てしまった娘

     

     

    慎重に布団に運び・・・

     

     

    天使の寝顔

     

     

    妻からは

    私の寝顔にそっくり

    と言われているが

     

    天使と悪魔ほどの差がある(笑)

     

     

     

     

     

    さて

     

     

    当社の

    経営理念には

     

    社員とその家族のより良い未来を創る

     

    と明記している

     

     

    その前に

    もちろん

     

     

    自分の家族

     

     

    なのではあるが

     

     

    本日読んだ本に

     

    ドキッとすることが書かれていた

     

    その本の名前は

     

     

    人を大切にする経営学講義

     

     

    人を大切にする経営学会会長

    であり

     

    昨年1月に

    まさに

    人を大切にする経営がテーマの講演を

    聞かせていただいた

     

    坂本光司さんの著書である

     

     

    昨年の講演についてはこちら

    利益はご褒美。誰かの犠牲の上に成り立ってはいけない。

     

     

    そこでは

     

    人を大切にする経営について

    こう書かれている

     

     

    社員だけでなく

    社員の家族を社員と同列

     

    第一に大切にすべき存在として

    位置づけている

     

    社員の家族を

    福利厚生制度を通じて

    その追及・実現するというレベルではなく

     

    社員の家族も企業の仲間、メンバー

    と位置づけ

     

    社員の家族も

    「大切な企業」

    と実感できる経営

     

     

    当社でも

    そのための

    仕組みはいくつかある

     

     

    例えば

     

    休みはそれなりに多い

     

    当社の今年の

    年間休日は123日

     

    土日祝日

    夏休み

    冬休み(年末年始)

     

    そして

    通常の有給休暇

     

    結婚記念日休暇

     

     

    最大で考えると

    年の4割は休む計算になる

     

     

    これは

    ただ単に働き方改革をしているのではなく

     

    家族との時間を大切にするためである

     

     

    実際

     

    私自身

     

    月に一回

    社長休みの日(有給休暇)

    の位置づけの日もつくり

     

    休みと位置付けている日は

    仕事はせず

     

    家族との時間を大切にするように

    努力している

     

     

    次に

     

    結婚記念日休暇

     

     

    結婚記念日は休暇とする

    (前後2週間)

     

     

    ただ

    この目的を見失わないために

     

    「家族と過ごすことが取得の条件」

     

    というのを

    今年から付け加えた

     

     

    私自身

     

    これを経営計画書に明記してから

     

    昨年一昨年と

    結婚記念日休暇を活用し

    家族とディズニーランド

    へ行っている

     

     

    そして

     

    家族の大事な日

    (入学式、卒業式等)を優先する

     

    有給休暇を使い堂々と休む

     

    ただし

     

    周囲への気遣い

    お客様との予定の調整は

    できる限り早めに行う

     

     

    一生に一度しかないかもしれない

    大切な時間

     

    お金でも買うことはできない

     

    だからこそ

    最大限優先してほしい

     

     

    別に威張ることでもないが

    私自身

     

    娘の行事(発表会、保育参観)は

    今のところ

    皆勤賞である

     

     

    なぜ

    これだけ家族を大切にするように

    努力しているのか

     

     

    家族を愛している

    (面と向かっては言えないが(笑))

     

    ということはもちろんのこと

     

     

    社員(未来の社員を含む)の見本として

    経営者である私が率先して

    理念に沿って行動する

     

     

    さらに重要なのは

     

     

    人間力を磨く

     

     

    家族と過ごし

    家族を大切にする

     

     

    ということが

     

    一番の人間力を高める修行である

    (もちろんポジティブな意味で)

     

     

    お互いが成長できる

    最高の

    切磋琢磨の場

     

    と言いかえてもいいかもしれない

     

     

    私自身

    弱い人間のため

    意識していないと

     

    すぐに家族よりも自分を優先してしまう

     

     

    そんな

    エゴと日々闘いながら

    修行中

     

     

     

    本日(木曜日)は

     

    6時からの

    某団体の

    モーニングセミナーへ

     

    なぜか

    朝が強い

    というイメージになっている私だが

     

     

    朝の時間を有効活用しているだけで

    朝に強いわけではない

     

     

    これも完全に修行

     

    心身整えて

     

    いってきます。

     

     

    終わったら

    すぐに家に戻り

    家族で朝食!!

     

     

    「人生、今日が初日」

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    このブログへのご感想やご質問は

    こちらに送っていただければ

    直接鈴木陽介へ届きます。

     

    y.suzuki@running-partners.com

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     家の掃除

     ありがとうございます。

    ・とある方

     お時間をとっていただき

     ありがとうございます。

     

    一日一愛家族

    ・娘の迎え


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    recent comment

    search this site.