わかってほしい、よりも、わかってあげる

0

    お元気さまです。

     

     

    本日朝の娘・・・

     

     

    私のアラームが鳴った瞬間に

    ムクッと起き上がり

     

    私の隣へ・・・

     

     

    パパ抱っこ〜

     

    と一言

     

    そして

     

    一瞬で

    寝息を立てて

    私の腕の中で寝る・・・

     

     

    これでは

    起きられない(笑)

     

     

    なぜ??

    なぜ??

     

     

    日中に

    こども園で

    鬼に襲われたからでしょうか(笑)

     

     

     

     

     

    さて

     

     

    先日

    愛知に行った際に

    心友に

    ご紹介いただいた本

     

    大久保寛司さんの

     

     

    「考えてみる」

     

     

    この本の中に

    こんな一文がある

     

     

    自分から見たら「なぜ?」

     

    でも

    正しいか正しくないかは別として

    その人にはそうする

    訳がある

     

     

    そのことが理解できたら

    その思いに共感できたら

     

     

    その人に対する見方は変わるだろう

    その人に対する接し方も変わるだろう

     

     

    そして

    その人自身が変わることだろう

     

     

     

    私自身

     

    まだまだ未熟な人間ではあるが

     

    以前に比べると

    少しずつ

     

    相手目線で

    考えることができるようになった

    気がする

     

     

    そうすれば

     

    この言葉のように

     

    上辺だけで判断するのではなく

    相手に対する気持ちも変わる

     

     

    相手を変えるのではなく

     

    相手の気持ちに寄り添い

     

    自分が変わることで

    接し方が変わり

     

    その結果

     

    相手が変わる

     

     

    これまた

    先日愛知で参加した

     

    経営計画発表会

     

     

    基調講演で

     

    心理学について教えていただいた

     

     

    その中で出てきた

     

     

    「心理的安全性」

     

     

    チームの成功に

    最も重要な要素

     

     

    これは

     

    対人関係において

     

    リスクのある行動をとったときに

    どう認識するか

     

     

    例えば

     

    チーム(相手)にとって

    ネガティブだと思われる

    可能性のある言動

     

    チームにとって

    邪魔だと思われる

    可能性のある言動

     

    ・・・

     

     

    どんな言動に対しても

     

    このチームなら

    受け入れてくれる

     

     

    と信じられるかどうか

     

     

    つまり

     

    相手に対して

    リスクある行動をとることに

    心理的に

    安全であると感じていること

     

     

    表現が難しいが

     

     

    心理的安全性があれば

     

     

    例えば

     

    自分の間違いを認めたり

     

    わからないことを質問したり

     

    新しいアイデアを出したり

     

     

    その時に

     

    誰も自分を否定したり

     

    バカにしたり

     

    ネガティブに感じたり

     

    しない

     

     

    という安心感が生まれ

     

     

    弱い自分もさらけ出し

    積極的な行動を取れるようになる

     

     

     

    なぜ

    そんな行動をとるのか

     

    なぜ

    そんなことを言うのか

     

    なぜ

    聞いてくれないのか

     

    なぜ

    やってくれないのか

     

     

    自分中心ではなく

     

    一度立ち止まり

    相手の立場で

    その理由を考える

     

     

    私自身

     

    妻に

    この点を指摘されることがある

     

    自分本位の言動で

     

    心理的安全性を

    感じることができない

    空間をつくってしまうことがある

     

     

    少しずつ少しずつ

     

     

    まずは

     

    家族と一緒に

    成長していきます。

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    このブログへのご感想やご質問は

    こちらに送っていただければ

    直接鈴木陽介へ届きます。

     

    y.suzuki@running-partners.com

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・お客様

     事務所へお越しいただき

     ありがとうございます。

    ・妻

     娘の送り

     ありがとうございます。

     

    一日一愛家族

    ・娘の迎え・入浴


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    recent comment

    search this site.