採用活動と経営理念に沿った決断

0

    お元気さまです。

     

    変顔コレクション

    2019冬

     

     

     

     

    ひょうきんな娘です☆

     

     

    さて

     

     

    先週一週間

     

    私を常に悩ませていたもの・・・

     

    悩ませていた

    という表現も微妙だが

     

     

    採用

     

     

    ありがたいことに

     

    当社は

    今まで

    様々な素晴らしいご縁があり

     

    採用活動をしなくても

    いいタイミングで

    出逢いに恵まれている

     

     

    先週

     

    お会いした方は

     

    今まで

    ずっと当社で働きたいと

    おっしゃっていただいていたが

     

    当社の成長が追い付かず

    お待ちいただいていた方

     

     

    まだまだ未熟な私が

    人を評価する

     

    という段階で

    おこがましいのだが

     

     

    今まで何度かお話をし

    面接でお話を伺っても

     

    志にも共感していただき

     

    一緒に

    志の実現に向かって

    時間を共有したいと思えた方

     

     

    ・・・が

     

    ほぼ採用を決めていた

    最後の面接で

     

    一つだけ

    心に

    引っかかることがあった

     

     

    それは

     

    通勤時間

     

     

    詳しく聞くと

     

    通勤に

    1時間半以上かかるという

     

    それでも

    その通勤時間については

     

    家族は応援してくれ

    了承してくれている

     

    とのお話

     

     

    私自身

    前職の時代

     

    3年弱

     

    盛岡へ片道1時間の

    遠距離通勤をしていた

     

    という経験がある

     

     

    その際は

    妻も応援してくれていた

    (と勝手に感じていた)ので

     

    そこまで

    気に留めることもなかったが

     

    そのときよりは

    (恐らく)成長している私

     

     

    今回の面接で

    どうしても引っかかったため

     

    1週間回答を待っていただき

    色々悩んでいたところ

     

    私の心を見透かしたように

    深く考えさせられることが

     

    とある本に書いていた

     

    ※その本では

     転勤について触れられていたのであるが

     

     

    社員の家族の側にも立って考える

     

     

    そしてさらに

    こう書かれている

     

     

    本人がたとえ了解したとしても

    その大半は

    家族を守るためであり

    また

    自分の将来のためであり

     

    そのことを知る家族が

    表立って反対するはずがないからである

     

     

    そしてさらに

     

    私たち大人の

     

    企業優先

    仕事優先

    成長優先

     

    というものが

     

    家族

    とりわけ

    子どもたちを傷つけていることを物語る

     

    小学校一年生の作文が

    載っていた

     

     

    ちょうどこのタイミングで

    行われた

     

    先日の

     

    「人を大切にする」

    経営計画作成15時間合宿

     

     

    使命感や志について

    強調したと同時に

     

    私自身も

     

    当社の経営理念について

    深く考えた

     

     

    「我が社は何のために存在するのか??」

     

     

    当社の事業の存在意義である

    経営理念

     

     

    社員とその家族を幸せにする

     


    企業経営にとって

    大切なことは

     

     

    一番大切なことを一番大切にする

     

     

    当社の経営計画書を見直したところ

     

    私は

    このように決意を述べている

     

     

    人間は

    一人ひとり違い

    誰一人同じ人はいない

     

    違うことを前提に考える

     

    しかし

     

    会社として本質的なところ

     

    つまり

     

    使命感であり

    経営理念であり

    原理原則

     

    といったものは

    揺るがせない

     

     

    昨日

     

    その方に

    お断りのご連絡を

    させていただいた

     

     

    今回の決断は

    間違っていないと

    信じている

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    このブログへのご感想やご質問は

    こちらに送っていただければ

    直接鈴木陽介へ届きます。

     

    y.suzuki@running-partners.com

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・家族

     楽しい時間を

     ありがとうございます。

     

    一日一愛家族

    ・家族でお出かけ

    ・娘とDVD鑑賞


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    recent comment

    search this site.