捨て去ることの裏にある「大事」「大切」

0

    お元気さまです。

     

    せっかく導入したので

     

    どんどん使う

    PayPay

     

    20%の還元と合わせて

     

    通称

     

    やたら当たるくじ

     

     

    その名の通り

     

    やたら当たる〜

     

     

     

     

    先日初めて

    お金も何も持たず

    スマホだけを持って

    買い物へ行きましたが

     

     

    ドキドキ・・・

     

    電源が落ちたら買えない(笑)

     

     

    電子マネー・・・

     

    この還元がなくなった後も

    使い続けるかどうか・・・(;^ω^)

     

     

    これも慣れですかね??

     

     

    さて

     

    昨日は

     

    ネギと貴重な手作りお味噌と

    娘へのお土産と引き換えに

     

    確定申告のお手伝い(笑)

     

    ※きちんと料金は

     いただいております。

     

     

     

    いただいた

    夢の国のお土産(お菓子)を

    ほおばる娘

     

    今なら

    プレゼントいただいた方全員に

     

    〇〇さん

    ありがとうございます。

     

    という

    娘からの動画がプレゼントされます(笑)

     

     

     

    さてさて

     

     

    引き続き

     

     

    環境整備

     

     

    まず最初に

     

    環境整備の目的を

    共有しておくと

     

    これは

    利益を出すためではなく

     

    良い社風をつくり

    人間性を高めるため

     

     

    環境整備を続けた結果

     

    会社に良い風が吹き

     

    それが良い社風となる

     

    その結果

     

    仕事がやりやすくなる

     

     

    この目的を

    忘れてはならない

     

     

    昨日までのおさらいは

     

    1.まずは捨てるかどうか見極める

     

    2.場所別ではなくモノ別に片づける

     

     

    まだまだ

     

    本と書類の整理を

    進めているが

     

    本と書類を全部

    引っ張り出し並べる

     

     

    整理をしていると

    出てくるは出てくるは

    たくさんの本・・・

     

     

    わかってはいるけど

    なぜか捨てることができないから

    押入れへ・・・

     

    そうやって

    積み重なってきた本の山

     

     

    一冊一冊手に取り

     

    現時点でときめかないものは

     

    あのとき

    ときめかせていただいて

    ありがとうございます。

     

     

    と感謝し捨てる

     

     

    同じように

    あるあるネタとして

     

    知人からのいただきもの

     

    これも

    なぜか捨てられない

     

    使っていないのに

    捨てられない

     

     

    こういう場合も

    同じように

     

     

    いただいたときに

    ときめかせていただいて

    ありがとうございます。

     

     

    そう考えて捨てる

     

     

    やはりモノには

    そのタイミングタイミングでの

    役割があり

     

    役割を終えたものが多くある

     

     

    上記

    知人からいただいたものも

     

    モノというよりは

     

    そのときの

    「感謝の気持ち」をいただいたはず

     

    そう考えると

    すでに役割を終えているのである

     

     

    これは

     

    経営にもつながる考えである

     

     

    例えば

     

    戦略

     

     

    戦略にも

    タイミングタイミングがあり

     

    時代の変化に応じ

    役割を終える戦略がある

     

     

    そのほかにも

    目に見えるモノであれば

     

    固定資産

     

    在庫

     

    消耗品

     

    ・・・

     

     

    様々な会社へ

    伺っていると感じること

     

     

    会社には

    役割を終えているものだらけである

     

    ※私目線

     

     

    ただし

     

    それは

    自然に消えてなくなりはしない

     

    だからこそ

     

    一つ一つの役割を考え

     

    役割をすでに

    終えているのであれば

     

    手にした瞬間のときめきに感謝し

     

    明確な意思を持って

    捨て去る必要がある

     

     

    この決断は

    大変重要である

     

     

    当社の経営計画書へ

    記してある

     

     

    一番大事(大切)なことは

    一番大事(大切)なことを

    一番大事(大切)にすること

     

     

    一番大事なことを

    一番大事にするために

     

     

    役割をすでに終えたものに

    感謝をして

    捨てる

     

     

    捨てる

     

     

    粗末にするではない

     

     

    使われていない状態

    押入れの奥にしまわれている状態

    ほこりをかぶっている状態

    忘れ去られている状態

    ・・・

     

     

    もし

     

    全てに感情があるなら

     

    これこそ

     

    大切にされていると

    感じないはずである

     

     

    本日も

    朝の時間は

    片づけ

     

     

    ちなみに・・・

     

    当社の

    環境整備に関する方針の

    テーマは

     

     

    見えるものは全部きれいに

    見えないところも全部きれいに!!

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    ブログを読んでいただき

    ありがとうございます。

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    このブログへのご感想やご質問は

    下記メールアドレスに

    直接送っていただければ

    拝読いたします。

     

    ※Facebookと連携しておりますが

     Facebookは

     ほとんど見ておりません。

     

    y.suzuki@running-partners.com

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     娘の送り

     ありがとうございます。

    ・T様

     ねぎ、お味噌、娘へのお土産

     ありがとうございます。

     

    一日一愛家族

    ・娘の迎え、夕食、入浴、寝かしつけ


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    recent comment

    search this site.