正しい競争は価格競争ではなく価値競争

0

    お元気さまです。

     

     

    美味しいものを食べ

     

     

    その後

    ダイエット

     

     

     

    最近の私を

    娘で表現してみました(笑)

     

     

    さて

     

     

    先日

     

    とあるお客様に

    値上げの打診をさせていただいた

     

     

    月額25,000円→40,000円

     

    というまぁまぁな値上げ

     

     

    結果は

     

    快く受け入れていただき・・・

     

    ホッと一息

     

     

     

    「値上げ」

     

     

    と一言でいっても

     

    今回の値上げは

     

    値上げ

     

    というよりは

     

    値決め

     

     

    独立当初

     

    まだ

     

    正しい値決めが

    できていなかった時期

     

     

    価値に合わない価格で

    (当時の価値は

     そんなものだったかもしれないが)

    お仕事をさせていただいていたお客様

     

     

    安く価値を提供していたお客様へ

    正しい料金でお願いした形だ

     

     

    私の中では

     

    当時のお客様に対して

    値上げをするということは

     

    当社の成長と

    品質やサービスの約束であり

    保証にもなる

     

    と考えている

     

     

    まだ

     

    正しい金額をいただいていないお客様は

    数社あるが

     

    今回

     

    入念に材料を揃え

    正しい料金にしていただく交渉を・・・

     

     

    するつもりだったが

    意識的にしなかったお客様もある

     

     

    ・業績が回復していないこと

    ・当社の価値を感じていただけていること

    ・しっかりご協力していただいていること

     (期限に遅れないなど)

    ・・・

     

    などなど

     

    複数の要素を考慮したうえでの

    意識的な判断

     

     

    しっかりと

     

    安く受けている

    理由を持っていなければ

     

    現在

    当社のサービスを選んでいただいている

    他のお客様へ

    損をさせてしまうことになる

     

     

    今回の

     

    私の値上げ交渉と同じように

     

    当社のお客様の中にも

    会社の未来を考えたときに

     

    値上げ

     

    という正しい判断が必要なお客様も

    見受けられる

     

     

    多くのお客様を見ていて

     

    値上げの敵は

     

    お客様だけではなく

    社内にある場合が多い

     

     

    理由としては

     

    ・商品の価値を理解していない

    ・値上げが怖い(私も勇気がいったが)

    ・原価や利益率に縛られている

    ・・・

     

    などなど

     

     

    例えば

     

    原価や利益率で考えると

     

    原価を知る

    数字を知る

     

    というのは

     

     

    この値段以下で

    絶対に売ってはいけない

    価格を知るためである

     

     

    特別の理由がないのに

    それ以下で売るということは

     

    商品の命を削っている

     

    さらに言うなれば

     

    会社の命を削っている

     

    ことに近い

     

     

    実は

     

    値上げの効果は

    粗利の増加だけではない

     

     

    正しい価値で売るという

    値上げをした場合

     

    自社の商品に対する

     

    経営者や社員の誇りが生まれる

     

     

    また

    お客様は

     

    値段だけではなく

     

    安心や信頼などの価値で

    買っていただけるお客様で満たされる

     

     

    その結果

     

    さらに

    経営者や社員のモチベーションが上がる

     

     

    さらにさらに

     

    お客様が変われば

     

    実は

    様々なコストも減る

     

    コストが減り時間が増える

    (もちろんお金も増える)

     

     

    経営者が

    会社の未来を考える時間も増える

     

     

    最高のサイクルだ

     

     

    長期的な

    正しい戦略の中で

    安い価格で売っているなら

    別であるが

     

     

    中小企業は

    価格競争はしてはいけない

     

    価値競争をするべきである

     

     

    なぜなら

     

    価格競争は

    勝者が1社だけだからである

     

     

    その1社に

    あなたの会社はなれますか⁇

     

     

     

    中途半端ですが

    娘が起きてきたので

     

    今日はこの辺で・・・

     

    ↓リアルタイムの娘(笑)

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    志陽塾2019 in 花巻

    4月15日(月)

    10時〜12時

    安寧の家スタジオ

     

    テーマは

    「使命感」「志」

     

    お申込みはこちらから

    志陽塾参加お申込み

     

    10名様 → 残り4名様です。

     

    当社の経営計画書を

    3/31までの

    期間限定で販売しております。

     

    ご興味がある方は

    こちらよりご注文ください。

    https://www.running-partners.com/mp2019/

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     娘のお弁当

     ありがとうございます。

    ・小友様、高橋様、岡田様

     お時間を取っていただき

     ありがとうございます。

    ・福田様ご家族

     お時間を取っていただき

     ありがとうございます。

     美味しいチョコまんじゅう

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    recent comment

    search this site.