「変化を創り出す」とは「新しい世界」との出会い

0

    お元気さまです。

     

     

    カメラも気にせず

     

    真剣に

    勉強中の娘

     

    本との距離が

    近すぎますが

     

     

    文字を読むのも

    スムーズに・・・

     

    プリキュアになる夢は

     

    叶えられるでしょうか(笑)

     

     

     

    さて

     

     

    先日

     

    私の好きなブランド

     

    マザーハウスから届いた

     

    DM(ダイレクトメール)

     

     

    この時期は・・・

     

    予想通り

     

    母の日ギフトだ

     

     

    その

    ダイレクトメール

     

    表紙に

     

    こう書かれていた

     

     

     

    ありがとうの

    色を贈ろう。

     

     

     

    その瞬間

     

     

    私の頭の中で

    ストーリーが動き出した

     

     

    そういえば・・・

     

    最近実家に行ってないな・・・

     

     

    母が好きな色は何だろう

     

    いつもどんな色の服を着てただろう

     

    どんな色が似あうだろう

     

     

    そう考えながら

     

    いつもは開かない

    DMを開いていた

     

     

     

    今の時代

     

    ご存知のように

     

    モノは溢れている

     

     

    そんな時代に

     

    気持ちが伝わり

    喜ばれるのは

     

     

    「体験」であり

     

    「物語」であり

     

    「心」である

     

     

    高いものをもらったから

    嬉しいのではなく

     

     

    プレゼントを選ぶのに

    かけた時間

     

    喜んでもらうために

    かけた手間ひま

     

    プレゼントに込めた想い

     

    ・・・

     

    そういったものが伝わると

    より気持ちが伝わる

     

     

     

    ありがとうを

     

    色に込めて贈る

     

     

    という発想

     

     

    時代の変化に対応するだけでなく

     

    変化を創り出している

     

     

     

    まさに

    マザーハウスのコンセプト

     

     

    Meet The New World

     

     

    新しい世界との出会い

     

     

     

    私にとっての

     

     

    「新しい世界」との出会い

     

     

    ありがとうございます。

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     深夜の娘のおねしょ対応

     ありがとうございます。

    ・伊藤様

     当社へお越しいただき

     ありがとうございます。

    ・新渡戸様

     貴重なお時間

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    recent comment

    search this site.