経営者はホモ・サピエンスかホモ・ルーデンスか

0

    お元気さまです。

     

     

    私が捨てようとしていた

     

    段ボールを奪い・・・

     

     

    遊び道具に変えてしまう娘

     

     

    ある意味

     

    クリエイティブ!!

     

     

    さて

     

     

    先日お会いした

    経営者様

     

     

    会ってお話をするたび

     

     

    いつも

     

    前向きで

     

    新しいことに挑戦し

     

    楽しそうに

    仕事と向き合っておられる

     

    ように感じる

     

     

    この方は

     

     

    仕事の中に

     

    「遊び」

     

    の感覚を上手に入れている

     

     

    だから

     

    いつも仕事にも夢中だ

     

     

     

    私の感覚では

     

     

    やりたい

     

    面白そう

     

    いけそう

     

     

    と思ったら

    まずやってしまう

     

    (他にもいろいろと

     考えていると思いますが)

     

     

    「遊び」

     

     

    の感覚から

     

    ビジネスチャンスを生み出す

     

     

    オランダの歴史学者

    ホイジンガは

     

    人間の本質は

     

    「遊び」にある

     

     

    だから

     

     

    ホモ・サピエンス

    (賢い人、知恵のある人)

     

    ではなく

     

     

    ホモ・ルーデンス

    (遊ぶ人)

     

     

    であり

     

    遊びからこそ

     

    「クリエイティブ」

     

    が生まれる

     

    と述べている

     

     

    そういえば

     

    陸上の

    ハードルの第一人者だった

    為末大さんも

     

    ホイジンガのホモ・ルーデンスを

    座右の書にし

     

    「勝ち切る選手は

     

     いつも勝負を遊んでいる」

     

    と「遊び」の大切さについて

    述べている

     

     

    短期的ではなく

     

    中長期的に考えたときに

     

     

    常に

    どこかに遊びの感覚を

    抱いていることは大事だと感じる

     

     

    思い返してみると

     

    私が

    フットサルを

    楽しく感じなくなったときも

     

    競争、勝負、結果、順位・・・

     

    だけにとらわれ

     

    「遊び」

     

    の要素がどこにも

    感じられないときだ

     

     

    仕事で行き詰まるときも

    勉強がうまくいかなかったときも

    精神的に追い込まれるときも

     

     

    振り返ってみると

    やはりそういうときは

     

    「遊び」

     

    とのバランスが悪い

     

     

    脱線するが

     

    「遊び」つながりでもう一つ

     

     

    「アソビ」のない

     

    ギリギリの利益計画について

     

     

    たまに

     

    最初から

     

    収益をできる限り多めに詰め込み

     

    経費をギリギリまでに絞り込んだ

    利益計画を見かける

     

     

    いわゆる

     

    「アソビのない利益計画」

     

     

    もちろん

     

    経営者の「意志」であるので

    問題はないのだが

     

     

    計画のスタートは

     

     

    収益は少なめに

     

    経費は大目に見積もる

     

     

    そこで

    少し多めに生まれた

     

    あげなければいけない利益と

    実際に現段階であげられそうな利益との

     

    ギャップ

     

     

    ここから新しい発想が生まれる

     

     

    利益計画にも

     

    いわゆる

     

    「アソビ」

     

    が必要だ

     

     

     

    最後に

     

    このブログにも遊びを・・・

     

     

    ニーチェの言葉

     

     

    男が本当に好きなものは二つ

     

    危険と遊びである

     

    男が女を愛するのは

     

    それが

     

    もっとも危険な遊びであるからだ

     

     

    うーん・・・

     

    深い・・・笑

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     娘のお風呂など

     ありがとうございます。

    ・福田様

     当社へお越しいただき

     ありがとうございます。

    ・大崎様

     いつも心のこもったメッセージ

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    recent comment

    search this site.