「うちの」基準はこうです。と言えますか??

0

    お元気さまです。

     

     

     

    家を出るとき

    (5時半)

     

    爆睡

     

     

    合間に

     

    妻が

    妻の実家から送ってくれた

    写真

     

     

    手巻き寿司!!

     

     

    夜帰ってきたら

    (21時半)

     

    妻の実家が

    よほど楽しかったようで

     

    爆睡・・・

     

     

    昨日は

     

    起きてる娘に会っていない・・・(^-^;

     

     

    今日は

     

    2日分の愛情を注ごう!!

     

    ↑愛家族アピール(笑)

     

     

    さて

     

     

    昨日は

     

     

    恒例の

    始発の新幹線で

     

    東京へ修行の旅

     

     

    10時〜17時まで

     

     

    サラリーマンの聖地(笑)

     

    新橋で

     

    採用・教育について学ぶ

     

     

    ランチも

     

    終了後もプチ延長戦で

     

    同志と語る

     

     

    大変学びの多い

    有意義な一日だった

     

     

    昨日のテーマは

     

    採用後の価値観教育

     

     

    私自身過去を振り返ってみると

     

     

    当社の(私の)

     

    採用も間違いだらけ

     

    教育も間違いだらけ

     

    教育に至っては

     

    もう笑えるぐらいの

    NGワードを連発していた私・・・

     

     

    終了後に

     

    いつも学びをいただいている

     

    同志のKさんが

     

     

    今日学んだ内容って

     

    一言でまとめると

     

    山本五十六だよね

     

     

    ご存知であろう

     

     

    やってみせ

    言って聞かせて

    させてみせ

     

    ほめてやらねば

    人は動かじ

     

    話し合い

    耳を傾け

    承認し

     

    任せてやらねば

    人は育たず

     

    やっている

    姿を感謝で見守って

     

    信頼せねば

    人は実らず

     

     

    もちろん

     

    これは大枠ではあるが

     

     

    採用教育で大きな成果を上げている

    講師の会社が

     

    30年、採用教育に取り組んで

    導き出した答えは

     

    やはり、原理原則

     

     

    私自身

     

    昨日の講義の中で

    一番印象的だったのは

     

     

    「うちの」

     

     

    というフレーズ

     

     

    新人への価値観教育の中で

    何度も何度も何度も何度も・・・

     

     

    「うちの」価値観は・・・

     

    「うちの」組織が大事にしていることは・・・

     

    「うちの」ルールは・・・

     

    「うちの」身だしなみ基準は・・・

     

    「うちの」評価は・・・

     

     

    「世間一般の」

     

     

    ではなく

     

    我が社が求めている価値観を伝える

     

     

     

    私が今まで働いてきた中小企業で

     

    外部の

    新入社員研修に

    参加させていただいたり

     

    教育担当がついて

     

    色々と丁寧に

    仕事を教えていただいた経験はあるが

     

     

    私の記憶を

    呼び起こした限りでは

     

     

    「うちの」基準

    「我が社の」基準

     

     

    が明確にある会社はなかった

     

     

    世間一般

    本人任せ

     

     

    これは

     

    人によって大きなズレがあるから

     

    時間の経過とともに

    コミュニケーションギャップが起きる

     

     

    重要なのは

     

    どこの部署にいても変わらない

     

    上司が誰であっても変わらない

     

     

    「うちの」基準

     

     

    これ以外にも

     

    大きな学びばかりの昨日

     

     

    しかし

     

    これを参考にとどめるのではなく

     

    実行

     

    そして

     

    進化させながら続行へ!

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     家庭を守っていただき

     ありがとうございます。

    ・鈴木様、関様、鈴木様、久野様

     引き込まれるような講義

     貴重な学びを

     ありがとうございます。

    ・岩渕様、橋本様、原様、加藤様

     貴重な情報交換

     ありがとうございます。

    ・加藤様

     新橋での有意義なひと時

     そして

     新橋のガード下でごちそういただき

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    recent comment

    search this site.