ミスはヒトがするもの、過信せず慢心せず

0

    お元気さまです。

     

     

    昨日から

     

    全国的に

     

    暑い日が続いているようで・・・

     

     

    夏の装い・・・

     

     

    ストーブの前で(笑)

     

     

    さて

     

     

    昨日から

     

     

    経営計画書に書いている

     

     

    成長の種に関する方針

    業務ミスに関する方針

     

     

    を何度も何度も見直しながら

     

     

    過信はないだろうか

     

    慢心していないだろうか

     

    油断はどこにあったのだろうか

     

    構造上の欠陥はなかっただろうか

     

    ・・・

     

     

    反省を繰り返す

     

     

    例えば

     

    お客様から

    ご指摘があった場合

     

    原因として

    (基本的にいくつかが重なっているが)

     

    ・手順ミス

     

    ・思い込み

     

    ・誤判断

     

    ・検討不足

     

    ・組織上の問題

     

    など

    様々なことが考えられるが

     

     

    基本的に

    個人によるものが

    ほとんどである

     

     

    特に

     

    大きな問題が生じた場合

     

    ハインリッヒの法則で考えると

     

     

    1つの大きな事故の裏に

     

    29の

     

    軽微な事故があり

     

    その裏には

     

    300の

     

    日常で見逃している

    小さなことが隠れている

     

     

    例えば

     

    上記の

     

    「事故」を

    「指摘」に置き換えると

     

     

    一つの大きな指摘の陰には

     

    29の

     

    お客様の意見を

    聞き取っていなかったり

    くみ取っていなかったり

     

    ということがあり

     

     

    さらに

    その陰には

     

    300の

     

    日常の小さな不注意がある

     

     

    原因を追究し

    二度と同じ間違いを繰り返さないように

     

    即改善することはもちろんのこと

     

     

    忘れてはいけないのは

     

     

    一番つらい思いをしているのは

    お客様(相手)だということ

     

     

    この

     

    重要な考えを忘れず

     

     

    「他責」

     

    ではなく

     

    「自責」で問題へ取り組む

     

     

     

    色々なことに

    気づかせていただき

     

    感謝

     

    有難うございます。

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     食事準備など

     いつもありがとうございます。

    ・伊藤様、小関様

     貴重なお時間をとっていただき

     ありがとうございます。

    ・佐々木様、石川様

     当社へお越しいただき

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    recent comment

    search this site.