モノが売れないことを時代のせいにしない

0

    お元気さまです。

     

     

    夕食中の陽気な娘

     

     

     

    このあと・・・

     

    黄色や緑のミニトマト

     

    を食べさせるのに一苦労

     

    娘は赤いミニトマトは大好き

     

     

    美味しいことを

     

    いくら伝えようとしても

     

    伝わらない・・・

     

     

    私も

     

    緑のミニトマトを食べるのは

    抵抗があったので

    (昨日初めて食べた)

     

    気持ちはわかるが・・・

     

     

    さて

     

     

    ここ最近

     

    ジャパネットたかた創業者

     

    眦通世気鵑砲弔い

     

    本を読んだりと勉強中・・・

     

     

    というのも

     

     

    今月

     

    念願だった

     

    眦通世気鵑旅岷蕕

    聞きにいくからだ

     

     

     

    誰もが知る

     

    ジャパネットたかた

     

     

    最初は

     

    写真店を営んでいたことを

     

    ご存知だろうか

     

     

     

    時代の変化に対応し

     

    どんどん業態を変更していった

     

     

    そして

     

    今や

     

    モノが売れない

     

     

    という時代にあっても

     

    バンバン

    モノを売っている

     

     

    私も昨年

     

    ちょうど今と同じ時期に

     

    エアコンを買おうと考え

     

    たまたま

    ジャパネットたかたの広告を目にし

     

    他と比べたうえで

    買おうとしたが

     

    売れすぎているようで

     

    工事日程が夏が終わってから・・・

     

     

    と言われ

    あきらめたが・・・

     

     

    それだけ

    売れている

     

     

    眦弔気鵑慮斥佞鮗擇蠅襪

     

     

    ハード(商品)の価値は

     

    ソフト(使い方)を提案することで

     

    どんどん上がっていく

     

     

    ジャパネットたかたの

    通販番組を見るとわかるが

     

    往々にして

     

    機能の説明は最後

     

    ということはよくある

     

     

    モノではないものを

     

    売っていることがよくわかる

     

     

    例えば

     

    バッグを買うとしよう

     

     

    これからの梅雨の時期

     

     

    雨が降ると

     

    なんとなく

    気持ちが下向きになってしまう

     

    (うちの娘は前向き(笑))

     

     

    そんなとき

     

    さわやかに寄り添ってくれる

     

    防水のおしゃれなバッグを

    提案されたらどうだろう

     

     

    上記は

     

    実際

     

    私が好きな

     

    マザーハウスから

    昨日届いたDMの内容だ

     

     

    初夏のお出かけを

    足取り軽く

    ウキウキさせてくれるような一点

     

     

    その商品の名前は

     

    「曇りのち晴れ」

     

     

    もちろん

     

    写真も添えられていたが

     

     

    雨の日に

     

    そのバッグを持って

    さわやかな気持ちで

    笑顔で外出するシーンが

    思い浮かぶ

     

     

     

    伝える

     

     

    伝わるは全く違う

     

     

    その説明で

     

    お客様が

     

    その商品を使うシーンを

    想像できるだろうか

     

    その時の

     

    お客様の表情はどうだろうか

     

     

    その商品が

     

    お客様の日々の生活を

    どのように変えるのか

     

    人生をどのように変えるのか

     

     

    それが伝われば

     

    モノはモノではなく

     

    コトに変わり

    買っていただける

     

     

    モノが売れない時代

     

    ではない

     

     

    私たちが

     

    時代に合わせて売っていないだけだ

     

     

    そう考えると

     

    打つ手は無限にある

     

     

    本当に

     

    無限にある・・・

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の
     

    一日一感謝

    ・妻

     娘の深夜のおねしょ対応など

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    recent comment

    search this site.