損をする選択を迷いなくとることができるか

0

    お元気さまです。

     

     

    私は

     

    経営者としても

    一人の人間としても

     

    その瞬間は

     

    自分にとって

    損だと思える道を選んだ方が

     

    成功する

     

     

    と考えている

     

     

    しかし

     

    私ももちろん

     

    人間は弱いもので

     

    基本的に

     

    その瞬間で

     

    得をする選択をしがちだ

     

     

    皆さんご存知

     

    ダスキン

     

     

    ダスキンの経営理念の一部には

     

     

    自分に対しては

    損と得あらば損の道をゆくこと

     

     

    という言葉が刻まれている

     

    この経営理念を憶えているのは

     

    実は創業者が

    私の父と同姓同名だったから(笑)

     

     

    では

     

     

    損の道をゆく

     

    とはどういうことか??

     

     

     

    前提としてあるのは

     

     

    損か得か

     

    ではなく

     

    正しいか正しくないか

     

    で判断するということ

     

     

    そして

     

     

    損をする道が

    正しい選択である場合に

     

    損の道を選択できるように

    しっかりと準備をしておくこと

     

     

    だと感じる

     

     

    私自身も

    経験があるが

     

     

    損の道と得の道がある場合に

     

     

    自分に余裕がないと

     

    損の道を選ぶことは難しい

     

     

    これを

     

    経営に当てはめると

     

    利益の蓄積があり

    会社がいい状態になければ

     

    損の道を歩むことはできない

     

    ということ

     

     

    つい先日

     

    一見

    損をする道に見えたが

     

    しっかりと考え

    正しい選択(損をする選択)ができたときに

     

    ふと感じたこと

     

     

    経営者として

     

    正しい選択を迷いなくできるように

     

    会社は

    利益を蓄積していかねばならない

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

     

    一日一感謝

     妻

     娘の寝かしつけ

     ありがとうございます。

    ・似内様

     当社にお越しいただき

     貴重なお時間を頂戴し

     ありがとうございます。

     

     

    昨日の娘日記

     

    七夕のお願いを

    こども園で書いたらしい・・・

     

    娘のお願いは

     

    大きくなったら

    プリキュアになれますように

     

     

    昨年のお願いは

     

    大きくなったら

    お姫様になれますように

     

    だったような

     

     

    成長しているのやら

    していないのやら・・・


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    recent comment

    search this site.