自分の価値を、会社ではなく社会に提供する

0

    お元気さまです。

     

     

    さて

     

    最近

     

    布団の上で

     

    でんぐり返しや

     

    逆立ちをしようとする娘

     

    何気に

    運動能力が高いように見える・・・

     

     

    どう伸ばしていこうか悩み中(^-^;

     

     

    さて

     

    私たちが仕事をするときに

     

    どの方向を向いているか・・・

     

    というのは

    大変重要だ

     

     

    方向性という視点で見ると

     

    私が

     

    サラリーマン時代と

     

    独立してからで

     

    大きく変わった部分で

     

    今思い返してみると

     

     

    恥ずかしながら

     

    会社に勤めていた時代は

    (長く勤めた2社)

     

     

    最初の会社

     

    自分のため 8割

     

    会社のため 2割

     

     

    転職した会社では

     

    自分のため 5割

     

    会社のため 1割

     

    お客様のため 4割

     

     

    ぐらいの感覚・・・

     

     

    独立してからは

     

    今までなかった感覚

     

     

    「社会のため」

     

     

    という視点が加わっている

     

     

    むしろ

     

    この「社会のため」という

    感覚が生まれてきたから

     

     

    よりこの感覚を

    大切するために独立した

     

    とも言える

     

     

    つまり

     

    ミッションが生まれたから独立した

    ようなものだ

     

     

    自分の仕事と向き合う姿勢が

     

    いつの間にか

    狭い枠に納まり

     

    狭い視野になっていないだろうか

     

     

    会社で与えられた仕事をこなすため

     

    会社に評価されるため

     

    会社の目標のため

     

    ・・・

     

     

    よく

     

    その仕事の先に何を見つめているか

     

    という表現を使うが

     

     

    その仕事の先にあるのは

     

    自分か

     

    会社か

     

    社会か

     

     

    会社の先を見つめ

     

    会社の先に価値を提供する

     

     

    そんな感覚で

    仕事をできれば最高だ

     

     

    ここ最近

     

    お客様の社員向け勉強会を

    多く開催している関係で

     

    社員の方々が

    仕事に向かう姿勢について

     

    ふと感じたこと

     

     

    私自身も

     

    常に

     

    仕事の先に何を見つめているか

     

    と自問自答を繰り返す

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

     

    一日一感謝

    ・妻

     家の掃除等

     ありがとうございます。

    ・娘

     お手伝い

     ありがとうございます。

    ・菅原様

     当社へお越しいただき

     貴重なお時間を頂戴し

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    recent comment

    search this site.