「ほぼ」できていると「100%」できているの大きな差

0

    お元気さまです。

     

     

    昨夜は

     

    娘で実験(笑)

     

     

    いつもは21時で寝る娘が

     

    催促しないと

    いつまで起きていられるか・・・

     

     

    結果

     

    たまたまテレビでやっていた

    映画ワンピースを見続け

     

    23時まで起き続け・・・(^-^;

     

    今朝は

    ちゃんと起きれるかな・・・

     

     

     

    さて

     

    一昨日

     

     

    とある勉強会を終え

     

    夕方から

    同志と一緒に

     

    キャッシュレス体験ツアーへ・・・

     

     

     

    体験するのは

     

     

    無人コンビニ

    ロボットマート

     

    シェアサイクル

     

    ウーバー

     

    そして

     

    完全キャッシュレス

    現金お断りのレストラン

    GATHERING TABLE PANTRY

     

    ・・・

     

     

    残念ながら

     

    終電の関係で

     

    私が一番体験したかった

     

     

    ロイヤルホストが運営する

     

    GATHERING TABLE PANTRY

     

    には行けず(=_=)

     

     

    この店舗

     

    以前読んだ記事で

    目を引いたのが

     

    「社員の働く環境」

     

     

    というキーワードだ

     

     

    キャッシュレスは

     

    ただ単に

    時代の流れに乗ったわけではなく

     

     

    社員が

     

    「現金を扱う」

     

    という

    ストレスを感じさせないため

     

    など

     

    社員の働く環境を快適にするために

     

    導入したという

     

     

    私自身

     

    現金を扱うお客様がほとんどだが

    (私自身も含めて)

     

    「現金を合わせる」

     

    という部分には

    ストレスを大きく感じている

     

     

    当社でも

     

    ネットバンキング

    クレジットカード

    デビットカード

    ・・・

     

    などを活用し

     

    ほぼキャッシュレスになっているが

     

    どうしても

     

    郵便局など

     

    現金を使わなければいけない

    部分が出てくる

     

     

    (郵便局はたしか

     来年キャッシュレス決済を導入するはず)

     

     

    感じるのは

     

    「ほぼ」キャッシュレス

     

     

    「100%」キャッシュレスは

     

    天と地の差ほど違う

    ということ

     

     

    「何のために??」

     

     

    という

    目的がしっかりしているから

     

    徹底度が違う

     

     

    私自身

     

    中途半端に取り組んでいる

     

    と感じることが多くあるが

     

     

    今一度

     

    目的を見直し

     

    一から

    徹底的に取り組む

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

     

    一日一感謝

    ・家族

     ゆったりとした時間

     ありがとうございます。

    ・妻の実家

     娘と遊んでいただき

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    recent comment

    search this site.