もっともっと、いいところを引き出すことができる

0

    お元気さまです。

     

     

     

    ドライブ中に

     

    寝落ち・・・

     

     

     

    休みが大好きな娘は

     

    一日中

     

    全力で遊ぶ・・・

     

     

     

    さて

     

    この休み期間中は

     

    DVDを見たり

     

    漫画を見たり・・・

     

     

    私も

     

    ただグータラしながら

    英気を養っているわけではなく

     

    いつもとは

     

    若干違うインプットを・・・

     

     

     

    今読んでいるのは

     

     

    「AIの遺電子」

    (あいのいでんし)

     

    という

     

     

    文化庁メディア芸術祭

    マンガ部門優秀賞も受賞した

     

    近未来を描いた漫画で

     

     

    人間とヒューマノイド

     

    そしてロボットが存在する時代の

     

    様々な場面を描いた

    大変考えさせられる漫画だ

     

     

     

    その中の一話に

     

    こんな話がある

     

     

    とある包丁職人のもとに

    訪れた人たち

     

    AIを活用した

    伝統工芸技術の記録・継承を進めている

    研究室の方々で

     

    ロボットを使った

    記録・継承のために

     

    ロボットを弟子にして欲しいという

     

     

    案の定

     

    模倣能力に優れている

    ロボットは

     

    職人の技を完璧に模倣し

     

    一週間で見事な

    包丁を作り上げる

     

     

    その包丁を見つめ

     

    職人は

     

    ショックを受けたかと思いきや・・・

     

     

    翌日

     

    いつもより一時間早く起き

    鍛冶場に立つ

     

     

    そして

     

    こんな一言を

     

     

    「驚いたねぇ

     

     ウチの道具と材料で

     

     もっといいものが作れる

     

     (俺も)まだまだ未熟ものだわ」

     

     

    私自身の仕事に置き換えてみても

     

     

    もちろん

     

    新しいことを学ぶことは大事だが

     

    今あるものを

    より良くする

     

    という努力を忘れてはいけない

     

     

    今あるものを

     

    さらに磨き

     

    より良くするために

    何ができるだろうか

     

     

    まだまだ未熟な私

     

    今あるもの

     

    それは

     

    商品だけではなく

    人も含めて

     

     

    良い部分を

    もっともっと引き出すことができる!

     

    という決意と共に・・・

     

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

     

    一日一感謝

    ・妻

     お仕事

     ありがとうございます。

    ・妻の実家

     娘と遊んでいただき

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    recent comment

    search this site.