「選択と集中」だけではなく、同時に「分散」も考える

0

    お元気さまです。

     

     

    娘に毎月届く

     

    ワーク(簡単なお勉強)

     

    娘は大好きなので・・・

     

    いつも

     

    1ヵ月分が

     

    1時間程度で終了( ゚Д゚)

     

    集中力がハンパない!!

     

     

    さて

     

     

    夏季休業中

     

    いわゆる

     

    世間で言う

     

    お盆休み中

     

     

    グータラしていたとはいえ

     

    家族で

    私の両親に会いにいったり

     

    外出はしたのだが・・・

     

     

    ニュースでもよく目にする

     

     

    この時期はどこも混む!!

     

     

    東北地方も例外ではなく

     

     

    人気施設は

    どこも混んでいるし

     

    岩手の高速道路ですら

     

    帰省ラッシュの

     

    渋滞に巻き込まれたわけで・・・

     

     

    だから

     

    連休中はあまり外に出たくない

     

    という気持ちが

    さらに大きくなった

     

     

    私自身

     

    毎月

     

    できる限り

    平日に休みを取るようにしているが

     

     

    世間に休みを合わせるのではなく

     

    世間が休んでいないときに休むことで

     

     

    時間が有効活用できたり

     

    精神的にゆとりができたり

     

    新しい気づきがあったり

     

     

    得るものは大きいと感じる

     

     

    事業をする上で

     

     

    「選択と集中」

     

     

    というキーワードは重要だが

     

     

    同じように

     

    「分散」

     

    も意識する必要がある

     

     

    例えば

     

    集中でいえば

     

    経営資源を集中する

     

     

    逆に

     

    分散でいえば

     

    仕事の平準化

     

    だったり

     

    リスクの分散だったり

     

     

    様々な視点があるが

     

     

    私のお客様の中でも

     

    いわゆる

     

    「繁忙期」と「閑散期」

     

    が大きな課題になっている会社は多くある

     

     

    私自身

     

    以前働いていた会社では

    (食品製造販売)

     

    お中元、お歳暮のシーズンは

     

    ギフト関係で

     

    通常の時期に比べ

    相当忙しかったし

     

     

    その次に働いていた会社でも

    (会計事務所)

     

    個人の確定申告がある

    2月から3月にかけて

     

    3月決算法人の申告

    公会計の決算が重なる

    5月から6月にかけて

     

    毎日夜中まで残業するほど

    仕事が集中していた

     

     

    もちろん

     

    繁忙期に稼ぐ

     

    という考えもあるかもしれないが

     

     

    私の経験上

     

    繁忙期と閑散期の差が大きすぎると

     

    無駄が生じ

    疲弊し

    ・・・

     

    どこかにしわ寄せがいくケースが多い

     

     

    そうならないビジネスモデルと

     

    「利益」と「分散」

     

    をどう両立させていくか

     

     

    今現在の

    私の大きな課題意識である

     

     

    「人生、今日が初日」

     

     

    本日も

    佳き一日をお過ごしくださいませ。

     

    鈴木陽介 拝

     

     

    人間成長を目指す経営者やリーダーとの

    切磋琢磨の場

    志陽塾へ入塾されたい方はこちらへ

    志陽塾サイト

     

     

    社長の最も重要な仕事は

    経営計画書を創り

    使い続けること

     

     

    社員を大切にしたい経営者様

    こちらよりお問い合わせください。

     

     

    昨日の

     

    一日一感謝

    ・妻

     娘の送り等

     いつもありがとうございます。

    ・家族

     夜に外出させていただき

     ありがとうございます。

    ・大道様

     当社へお越しいただき

     貴重なお時間を共有していただき

     ありがとうございます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    recent comment

    search this site.